全受容 全肯定 ただそれのみ の圧倒的なそのものでした。

ここでは、「全受容 全肯定 ただそれのみ の圧倒的なそのものでした。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

A.Tさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 本日のセッションもありがとうございました。
> 前回の感想がまだですが、第255回の感想を先に送らせていただきます。
>
> 元号が代わるのと時を同じくして
> 家族にも大きな変化があったことをお話しさせていただきました。
>
> ひとつ大きな区切りを経て、「すべてこれで良し」という深い確信が
> 今日のセッションで存在そのものの深みへ、さらに浸透していきました。

大きなものの、大きな流れの中での、大きな受容、肯定でしたね。
>
> 始めの方では
> 完全なる穏やかさそのものに、すべて照らされ許され浄化されているのを感じま した。
>
> 全受容 全肯定 ただそれのみ の圧倒的なそのものでした。
>
> 後半は ただそうである すべてこれで良し
>
> ただただ 安定そのもの それのみ でした。

大きなものに包まれ、そのものでもある、とても大きなセッションでしたね。
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
> 次回もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する