在る(真我、愛)に意識を向ける姿勢、在り方を身についていくことがとても大切です。

ここでは、「在る(真我、愛)に意識を向ける姿勢、在り方を身についていくことがとても大切です。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございます。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 先日もセッションをありがとうございました。
> 感想を送らせていただきます。
>
> セッション中にもお話ししたように、最近は「在る」を見失っているように感じています。
> セッションでは、共鳴する感じがどんなだったか分からなくなっていたり、この場に自分がいないような感覚のことがありました。
> これまでは、拡がりや光、柔らかさや静けさ、近しくも遠い感じなど何か動きがあったのですが、それらは感じられません。
> 何もないというのではなく、何も変わりがないといったところです。。

> 考え出すと、自分は何をしているんだろう?と堂々巡りになりマインドに巻かれてしまうのでそっとしておくようにしています。
> でもやっぱり、状況的にはもうちょっとなんとかしないといけないなとは思うのですが。。

はい、大きな浄化やマインの抵抗が起こっているかもしれませんね。
変容の過程で起こってくるものですので、プロセスの理解を持って、実践を継続していきましょう。
在る(真我、愛)に意識を向ける姿勢、在り方を身についていくことがとても大切です。
>
> 日常では、マインドの騒がしさはそれほど感じないのですが、耳鳴りが大きくなってずっと続いています。

以前にもあったものとのことでしたが、やはり何か変容が起こっている感じかもしれませんね。
また、お話しをお伺いしていきましょう。

> こんな感じで、何となくボンヤリ過ごしてしまっているのですが。。
> 次回セッションも宜しくお願いいたします。
>
> もなか

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する