真の望み

ここでは、「真の望み」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第395回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「真実そのもの」、「自分自身=真実」、「真実が濃く、明確な感じ」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「真実だけが在る」、「真実として在ることで、すべてが真実になる」を感じました。
>
> 瞑想では、「愛として在る」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「愛として在る」、「すべてを受け容れている」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「在ることで、何も変わらないまま、成長している」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「愛として在りたい」を感じました。

今回は、共鳴前に、「垂直的深まり」という言葉も出ましたが、
よりシンプルで、ただ度、本質度、純度がとても高く、本当に素晴らしい真実・愛の共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> “とらわれない”ということの真の意味が、また一歩深く理解できたように感じています。
>
> 在るがより確かなものとなり、“どんな状況でも楽しむ” ということや“人の話を誠実に聴く”ということが、よりできるようになっているのを実感しています。

ひとつひとつの深まりが、とてつもない価値を持っていますね。
>
> そして、“在ることのよろこび、在るが深まっていくよろこびが、この上ないものである”ということが、より明確に認識されています。

素晴らしいですね。

本当にそうであり、それは比類なき至上のよろこびです。
>
> 真の望みを忘れず、いつも真に立ち戻り、より丁寧に、よりこまやかに、在りたいです。

その思い、姿勢、在り方が、それを実現していくでしょう。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する