人生は「深い河」

ここでは、「人生は「深い河」」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 先ほどは
> 素晴らしい共鳴をありがとうございました
>
>
>
> 人生は「深い河」
>
>
> その人生を
>
> ひとことでは
>
> 語ることなど出来るものではありませんが
>
>
>
> その「人生」が
>
> ある種
>
> 走馬灯のように感じていたような
>
> 本日の共鳴でございました
>
>
> そして
>
> いつもの共鳴が始まる前のお話しでは
>
> すっかりと言葉が止んでしまって
>
> 「在る」そのもののシンプルさを味わっておりました

シンプルさの中を、深い河が流れている、
また、「在る」そのものの中では、
それは、走馬灯のようにも見えることがある、
とも言えますね。
>
>
>
> はじめての共鳴では
>
> まるで
>
> 初めて共鳴に向かったときのようでした
>
>
> 無空さんのお顔に
>
> 実父の顔が重なって見えておりました
>
>
>
> 出会いという人生を感じ取っておりました
>
>
>
> アイコンタクトでは
>
> 無言の伝授が起こっていたように
>
> 感じておりました

はい、それは必要なタイミングで、自然に起こります。
>
> 始まる前にお話しさせていただいた
>
> 「過敏さが和らぐ」そのことに注目してたことを
>
> お話しさせていただいていたからでしょうか
>
>
> すっかりと守られておりました
>
> すっかりと深く癒されておりました
>
>
> 深き寛ぎ
>
> でした
>
>
> 瞑想では
>
>
> 静かな喜び
>
>
> ハートの共鳴では
>
> 安心そのもの
>
>
> 立場をかえては
>
>
> 愛の根源を
>
> 深く探っているかのようでした
>
>
> その時に
>
> 見えた世界
>
> 感じた世界は
>
> 人と人との美しき世界
>
> その彩なす世界です
>
> 人生のその奥深さ
>
> また
>
> その出会いのエッセンスともいうべき
>
> 「愛」そのもののダイレクトな体験ともいえるかもしれません
>
>
>
> どうあっても
>
> ひとことでは
>
> 表現は不可能です

とても深く、また、様々な要素が凝縮された濃厚なところを
感じ取れていたようですね。
>
>
>
>
> もしも
>
> 言えることがあるのなら
>
>
> 「わたしはあなたを愛しています」
>
> 「こころからの感謝をささげます」
>
>
>
>
> そのような言葉では
>
> 足りはしません
>
>
>
>
>
> 立場無し・ニュートラルでは
>
> 「人生」
>
>
>
> です

今回も素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
>
>
> 素晴らしい共鳴をありがとうございました
>
>
>
>
>
>
> 青

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する