今は 自分自身です

ここでは、「今は 自分自身です」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 昨日は
>
> 「公開ゼロ意識共鳴」でしたね
>
> 青は朝から
>
> とても濃厚な愛が降り注ぐのを味わい
>
> 喜んでおりました!

はい、6年半、300回以上に渡り、重ねられてきている

共鳴場の力は、本当に強力ですね。
>
>
> それは
>
> 日々また道場でのヨーガとも違う
>
> またどんなスピリチュアルなセミナーでの
>
> 会場やその存在との出会いとも違う
>
>
> まったく
>
> 自分自身であるところの
>
> 素晴らしさでした

それが、在る、ゼロ意識、真我、愛、生命、

全体、真善美、自然、真の自己の素晴らしさですね。
>
>
>
>
>
> 夜を待たずに
>
> すでに
>
> 濃厚な共鳴に気が付いておりました(^0^)

素晴らしいですね。
>
>
>
>
> さて
>
> 本日のセッションでは
>
> 「寂しさ」が前面に出てきました
>
> また
>
> 変な話ですが
>
> 今未だ元気に生きてはおります
>
> 両家おじいちゃんたちを含む
>
> 両家先祖代々の癒しが起こっていたように思います

現れた個人は、個人では存在していません。

すべては繋がり、影響を与え合い、関係性の中で、

存在しています。

そのような中、今に必要なことが起こっていたようですね。
>
>
> この頑なに拒否を起している塊は
>
> 青のものというよりも
>
> それら繋がる魂の塊
>
> またその癒しのセッションだったように思いました!!
>
>
> もちろん
>
> 青の固有の課題もそこにあるとは思いますが
>
>
> さらにまた深いところから
>
> 浮上してきていたのかなあ
>
> 青の人生の課題
>
> 一日も早く
>
> 解決していくといいなあって思っています
>
> どのように解決していくのかは
>
> 分かりませんが。。
>
>
>
> (これ。。もうセッション始まりの当初からずっと言い続けてますよお
>
> 久しぶりに浮上してきました。。まだまだ出てくるといいますか。。これって
>
> どこかで終了するのでしょうか。。。ほんと悲しくなってきます。。)

その後、間もなく頂いたメールで、

なかなかに抜けきれない思いから、いきなりから解放されたとのことでしたね。

本当によかったですね。

(前回のセッションでしたか、少し関係するお話しが出たかもしれませんが、

実は、共鳴場の中身が、源から現れまでのすべての領域に、さらに精妙に、

さらに強力に働きかけられるよう、バージョンアップしてきております。

8年以上重ねられてきたゼロ意識共鳴が、全体の必要性の中で、

静かに、さらに新たな段階に入ってきております。

何事もやはり日々の積み重ねが大事ですね。)

>
>
>
> さて
>
> 最初の共鳴は
>
> ぽっかりと開いた空洞そのもの
>
>
>
> アイコンタクトは
>
> 慈悲の雨が優しかったです
>
>
> 瞑想は
>
> 寂しかったです
>
>
> ハートの共鳴では
>
> 人を信頼できない「拒否」頑なな心の塊をじっと感じていました
>
> 最後はそれが緩み暖かくひろがりました
>
>
> 立場をかえては
>
> 前々回の全く知らない世界の続きでした

新たな開かれが続いていますね。
>
>
>
> 立場なし・ニュートラルでは
>
>
> 変な話ですが
>
> 両家おじいちゃんが出てきました
>
> そして両家の先祖代々の浄化でしたよ
>
> (先祖供養でしょうかねえ)
>
>
> 繋がりゆく魂が癒されていく
>
>
>
> でした

今回は、関係性、大きな縁起に渡る

癒し、浄化が起こっていましたね。
>
>
>
>
> なかなかに青の人生の課題は深く
>
> 再びに出てきましたねえ
>
>
> いつもいろいろと聞いて頂きありがとうございます
>
>
> しかしこの夫婦観や結婚観など
>
> 男性と女性に分かれている限り
>
> どこまでもやってくる課題なのかもしれません
>
>
> (もう消えたと思っていた寂しさでしたね)
>
> (いつか消えるのか。。どう消えるのか。。それとも
>
> 消えないものなのか。。)

共鳴中に起こった癒しにより、

その後、夕方には思いから解放されたようでしたね。
>
>
>
> 今は
>
> 自分自身です

真の癒しが起こるのは、そこからです。

そこがゼロ意識共鳴の真なるところです。
>
>
>
>
>
> ありがとうございました
>
>
> 青

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する