現れの元

ここでは、「現れの元」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第52回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> どこかに在る

はい、それの在り方のひとつは、特定のどこかではなく
“在る”という在り方です。

> アイコンタクト
> 現れの元

> 瞑想
> 夢と旅を観察する

よく見えていますね。

> ハートの共鳴
> 見守る

> 立場を変えて
> 全体

> 立場なし
> 行き渡る

今回も、全体的に、本質的なところ、そして、
その立ち位置からの視点を様々によく感じ取れていましたね。
>
> 相変わらず余裕がなく、ゆっくりできたと思えることはあまり状態が続いています。
> 在るは電車の中でふと時間ができたときに思い出すのですが、思い出すだけでな かなかそこに留まることはできていませんでした。

お忙しいとき、疲れているときなどは、そのようになることも多いかもしれません。
留まれる、留まれないにかかわらず、やはり、意識を向ける、思い出すことがとても大切です。

> 在るの感覚が、段々これでよかったのかなと不確かな感じになっていましたが、 今回のセッションで存在と意識の感覚を確認でき、また地道に実践を続けていこ うと思いました。

はい、何度も確認していただくことで、それはより確かなものとなっていきます。
より確かなものとなっていくことで、存在の安定性等、様々な質が増していきます。
地道な実践を続けていきましょう。
>
> それではまたよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する