全てを手放した状態により 静けさと共に

ここでは、「全てを手放した状態により 静けさと共に」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているHiraraさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

Hiraraさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
>
> 感想を送信いたします。
>
> 一昨日、ふと気づきと理解が 
> 閃きのように起こりメモを取りました。
> (実際には気づきの視点、理解の視点という感じです)
> 再確認のため、ここに書きます。
>
>
>
> 今に在ろうとする努力なく
> 思考を 考えを 努力を 
> しようとする思い行動、
> 全てを手放した状態により 静けさと共に
>
>
> 今に在る事の気づきが起こり
> 今に在る事で悟りや覚醒、0ポイント、至福、愛、美、
> 統合、真理、真我と言った表現・理解になり
>
>
> 呼吸を観察する事の努力ではなく
> 観察そのものが起こり
>
>
> 全ての悟りの表現は
> 気づきの視点からという事への気づき理解が起こり
>
>
> 真実は 任せ委ね 手放すが先
> 起こるのが先
> 行為なしに
> これこそが今に在ること
>
>
> 全てを越えて既に至福であり
> 思い悩む事も人も存在せず
> 存在が無いゆえに解放と自由が在り
>
>
> 至福や感謝は沸き起こり溢れ
> その気づきが 統合により
> そのものとなり
>
>
> 統合が起こる事で 統合の存在を知り
> 観察する人も される物事も
> 分離なく 溶け合い
> 存在という理解だけが証明できる
>
> よって言葉での説明は
> 真実とは離れ 説明不可能と
> 表現される
>
>
> 思考や行動、期待、努力
> 全ての全てを手放せたとき
> 真理が起き 真理に気づく
> 手放しを繰り返し 今に在り続け
> 気づきの深まりが一瞬から数分
> 数時間、数日、、、
> とただ理由なく起こる
>
> 理解の深さにより、
> 起こるから、既に在ることへの
> 気づきが起こる

素晴らしい気づきの視点、理解の視点の起こり、
(そして、そこからの気づき、理解の起こり)ですね。


Hiraraさん(Hiraraさんとして現れた在る、Hiraraである在る)の
これまでの気づき、開かれ、
実践、体験、経験、すべてのプロセス、理解の深まり、統合等、
すべてが存在という真実に溶け、
ひとつとなったところから起こっている
普遍的な真実、
そして同時に、深まり、再更新、再統合された新たな真実、
既にそうであり、同時に、新しさをもって現れた真理、真実、
その本質は、普遍で不変であることは変わらないまま、
同時に、その自然本性により、

(在ることが本質、現れることが自然本性━自然本性のひとつ━
現れ、体験し、感じ、知り、変化、変容、統合され、帰えることが自然本性、

━統合されて帰り、帰って統合される、
在りながら現れ、現れながら在り、現れながら帰っている、
自由自在、変幻自在、無限の在り方。視点、理解(自己理解)、
霊妙、玄妙な在り方━

気づきであることが本質、気づくことが自然本性。)

進化、成長した真実(在る、空、愛、全体、真・善・美、生命)、
普遍的な響きと新生で神聖な響きを併せ持った真実、
在ることの果実、
現れた在る、現れた真実、

本当に素晴らしいですね。

それは、どこまで行ってもそれであるが、
何度も何度も生まれ、起こり、
認識され、理解され、
そして、溶け、
また、何度も何度も生まれ、起こり、
さらに知られ、また、新しく知られ、
理解され、進化、成長し続ける、
最も古く、最も新しいもの。
古さ、新しさを含み超えて在るもの。

それ自身を起こらせ続ける。

それ自身を知り続ける。

それ自身を感じ続ける。

それ自身を理解し続ける。

不変であり、絶対であり、無限であるそれ自身における無限の角度、視点、
無限の振動、無限の相関性、無限の反響性の中で。

自覚、理解、視点、立ち位置から、それは起こる。

至宝。


> ~~~セッションの感想~~~

> 存在だけ 安らぎ 
> 愛そのものの認識と気づきを超えて
> それそのもので在る
> 眠りの中で目覚めている
> 真実が現れて 愛があふれ出している
> 全てが存在なく存在している
> 存在の気づきを超えます

超えているのがよく伝わってきます。

> 共鳴セッション始まる1時間前から起こり始まり
> 深まりがとてもすごく溶けるように
> 表現を超えたそのものとなっている認識は起こり
> それをも超えて ただそれだけという
> それに付け加える言葉はなく
> それでも一瞬一瞬には様々なものが含まれている

認識を超えた認識、
認識を超えた直知、直覚、
認識を超えた素晴らしい在り方ですね。

> 日常にも共鳴の深まりが起こり続けています。
> 気づきや在るが深まるにつれ、起こそうとしなくても
> 自動的に起こる在るは、とても素晴らしいセッションです。
> 在るに帰り、在るに戻り、在るに気づく
> この繰り返しが大切ですね。

はい。

> 瞑想をしようとか、静けさや気づきに向かおうとする作業が
> なくなり、ただ起こり愛が溢れます。

これまでの実践の賜物です。


> 愛が溢れだすと、喜びや至福そのものとなります。

素晴らしいですね。

> 今回の感想文は書こうと思って書けるものではなく
> やはり、溢れ出るのです。
> 自然体のまま書き出しました。

ありがとうございます。
自然体が、一番“それ”がそのまま伝わってきます。

> 長文になりましたが、本日のセッションもよろしくお願いします。
> 楽しみにしております。
> 本当にセッションには感謝いたします。

> Hirara

こちらこそありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する