全ての受容

ここでは、「全ての受容」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているM.S(いしぽん)さんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させてただきます。

M.S(いしぽん)さま

感想ありがとうございました。

> > 無空 さま
> >
> > M.S(いしぽん)です、本日はセッションありがとうございました。
> > 新年早々だというのになぜか色々と話をする事が起こりました(汗)
> > 無空さんのセッションを受け始めて一年経ちますが
> > 今までどうしても語れなかった事を語りました(汗)
> > それは私がずーーっと長年抱えている根源的「問題」で
> > なぜそれを今まで語らなかったのかというと
> > 「責められる」と感じていたからですが、それはとりもなおさず
> > まだ、自分が自分を責めているからなのだと気づきました(汗)

そのようなひとつひとつの気づきが大事ですね。
> >
> > なぜならセッション後に「語って良かったのか」と自責の念が湧いてきたからです。
> >
> > と同時にそこが、「愛を受けとれない」といいますか
> > (しかし実際には受け取っているのですが・・・汗)
> > でも「こんな自分を愛してはいけない」「幸せになってはいけない」という罪悪感で
> > ある意味、抵抗・葛藤しているところで
> > それで「開く」事ができないのかもしれないと思いました。
> >
> > しかし、、、もはや今まで色々やってきまして、行きつくところは「受容」
> >
> > そして「表面的に」「現れ的に」、何をしているか、というよりも
> > 在り方というのか、その根源で、どうであるか、というところなんだな、と。

はい。
> >
> >
> > 私は昔からずっと、自分の「恐怖」や「問題」を何とかしたくて
> > とにかく「自分の内面を観て」、それについて考えてばかりいました。
> > 思考や感情について考えたり感じたりしてた訳ですが、
> > 今、それを読み返すと、何だか別人が書いた壮大な小説のように感じます(汗)
> > 結局は、思考が果てしなく思考を創り出す、妄想物語と言いますか…。
> >
> > そしてそれは自分のみならず
> > 誰もがそうなんだな、と思うと、もはや誤解されようが何だろうが、仕方ないというか…。
> > そこでマインド、現れをひっくるめた「全ての受容」という事が浮かぶわけです。

はい、その在り方は、それまでの在り方とは違う在り方です。
> >
> > なぜならマインド、思考はポコポコ勝手に浮かぶ訳で、それはもう仕方がない事で
> > ただそれを信じてしまっている、その信じた事で自分が自分を苦しめているだけ、だからです。
> > (または何かが幸せだ、と信じる事で自分が幸せだと思い込んでいて、それを他人にも勧めたりしますし)
> >
> > 事実はただ事実としてそうであるだけで、起こっている事を受け入れる以外に無いのですが
> >
> > …と気づいても、なかなかその「同一化」から抜けられないのも事実だからです(汗)

徐々にですね。
> >
> > もう年末から正月にかけて本当に身体の右側が痛かったり鬱々だったりで
> > ホントに苦しいのですが(汗)お蔭で上記の事に気づいたりもしますが
> > マインドの妄想だとは思っても巻き込まれます。。。

気づいたら戻るを地道に繰り返してくことで、徐々に巻き込まれにくくなっていきますし、
(起こってくる思考も物語をつくらなくなってきます。)
巻き込まれても早く気づけるようになってきます。

M.S(いしぽん)さんの場合は、ダグラスハーディングの指さし実験が在るを感じやすいのことでしたので、
日中、それをある程度の期間、意識的に繰り返すというのもよいかもしれません。
マインドの習慣の力もとても強力です。
その習慣を変えていくためにも、地道な実践の繰り返しが必要です。
> >
> >
> > うーん、でも、何となく、重要な変化が起こっているような気もしてきました。
> > とりあえず、考えず、起こるがままです(汗)

肯定、受容

(全肯定、全受容)

ですね。
> >
> > それでは、来週も宜しくお願い致します。
> >
> > M.S(いしぽん)

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する