ニュートラルという厳然たる真実が真に安らぎであることを感じました。

ここでは、「ニュートラルという厳然たる真実が真に安らぎであることを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

A.Tさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 本日の230回目のセッションもありがとうございました。
>
> 始まりの共鳴では、全肯定 全受容を感じ、それは紛れもなく
> すべてのすべてであると感じました。
> 「何か起こっていたのか?」という感覚もありました。

すべてのすべてであるそれを素晴らしく感覚されていましたね。
>
> アイコンタクトでは、ゼロのとてつもない柔らかさと凄みを感じました。

ここもとてもよく感じ取られていましたね。
>
> 瞑想では、脳のクリアリングが起こっているのを感じました。
>
> ハートの共鳴では、無 平ら を感じました。
>
> 立場を代えての共鳴では、現われという 在る を感じました。

この感覚、認識も、在るをトータルに理解し、実現する上で、とても大事です。

すべてのすべてであるそれ、在るは、現れでもあります。
>
> ニュートラルの共鳴では、ニュートラルという厳然たる真実が
> 真に安らぎであることを感じました。 

今回も全体的に本質的なところを素晴らしく感じ取られていましたね。
>
> ありがとうございます。
>
> 次回もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する