「何もしない」ということの真の意味が分かったような感覚があります。

ここでは、「「何もしない」ということの真の意味が分かったような感覚があります。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第364回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「奥行き・幅・力強さが増した感じ」、「今そのもの」を感じました。

はい、全体的に素晴らしく増している感じがありましたね。
>
> アイコンタクトでは、「何もなく、すべてである」、「今そのもの」を感じました。
>
> 瞑想では、「個人ではないもの」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「ただひとつであるもの=愛」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「次元が違う感じ」を感じました。

はい、違いましたね。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「すべてであるもの」を感じました。

今回は、さらに更新され、感想にも書かれてあるように、本当に次元が違う

ような素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 「気づいたら戻る」がよりしっかりとしてきた、よりしっかりと戻ることができていると感じています。

素晴らしいですね。

その違いが、共鳴にも出ていましたね。
>
> マインドに、より微細に気づいています。
>
> 丁寧に、より丁寧に、存在することが大切だと感じています。

はい。
>
> そして、「何もしない」ということの真の意味が分かったような感覚があります。

セッション中、とても伝わってきました。

真のところですね。
>
> 「しない」(在る)ということが本当に大切なのだ、と強く感じています。
>
> 本当にそれだけでいい。
>
> 「何もしない」ことの素晴らしさ、そこに在る真の幸せを大切にしたいと思います。

はい、是非それを実現し続けてください。

どこまでも、真に幸せであり続けてください。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する