ただ存在している方がリアル

ここでは、「ただ存在している方がリアル」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございます。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 感想をお送りいたします。

> 今週家にこもっていたのもあり、すごくもやっとした状態から始まりましたが、
> 次第に考えを見ている方、感覚を感じている方、ただ存在している方がリアルな感じになっていき、
> 頭の後ろや胸のあたりの気持ちよさがありました。(温泉に入ったような・・・)

日常の習慣や、集合意識の力等も強いですから、定期的に在るの立ち位置に戻り、それをより確かなものにし、日常へ浸透させていくという実践は、大事ですね。
>
> それと共に無意識に存在していた体の重さなどが出てきましたが、"それらも在る"という認識をしようとして、

いいですね(在るの在り方、全肯定、すべてをニュートラルな視点、愛の視点から同等に見る在り方ですね。)

> 現れや現象をどうにかしようとしている状態と、それらの存在を感じているほうに意識がある、というあり方の違いを感じました。

これはとても大きいですね。
個人であるときの立ち位置以外の立ち位置があるということを実感を伴って知ることがまずとても大きなことでありますし(ここは、まだ在るを知らない方に向けてのお話しですが)
在る(真我、真の自己)と個人の立ち位置、
立ち位置に違いにより、自分自身、そして、起こっていること(たとえ、全く同じことが起こっていたとしても)の感じ方、見え方、体験のされ方が、まったく違ってくるということが、実体験を通して、
理解されるということは、存在全体(源でもあり、現れでもあり、すべてのすべてである在る、その自覚にまだ目覚めていない在る━在るは、ずっと目覚めている、はじめから目覚めているという視点、在り方と、目覚める、自覚される、深まる、広がる、という視点、在り方が、同時にあります。━)にとって、とても大きなことです。

>
> 自分が日常的に"在る"をやりづらいのは、感覚が鋭敏になり重さやいろんなフィーリングをより感じてしまうのに、しんどさを感じて避けているのかも、と思いました。

それもよい気づきですね。
クリアになってくると、より精妙な部分を感じやすくなってきます。
はじめは、それにこれまでよりも影響を受けたり、ときには、書かれてあるようにしんどさ等を感じることがあるかもしれません。
それは、とても自然なプロセスです。

そのようなプロセスも理解、受容し、実践を無理なく継続していき、
存在全体の変容、成熟が進んで行くことにより、しんどさ等も解消されていきます。
自然さ、シンプルさ、心地よさ等が増していきます。
>
>
>
> 次回もよろしくお願い致します!

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する