ぴったりとした感覚を感じ、自分自身の存在を認めることの大切さを感じました。

ここでは、「ぴったりとした感覚を感じ、自分自身の存在を認めることの大切さを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先週も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 感想をお伝えいたします。
>
> 最初の共鳴
> 様々な感覚や思いが起こっても、常に変わらないものがあることを感じました。
> 変わらないものと一体化すると、違和感なく、しっくりと馴染みました。

よい感じですね。
>
> アイコンタクト
> ぴったりとした感覚を感じ、自分自身の存在を認めることの大切さを感じました。

はい、自覚、自己認識、自己肯定、自己受容、自己理解、とても大切です。
>
> 瞑想
> 「幸せでありたい」「よろこびでありたい」という思いが起こりました。
> その思いは、よころびの存在から沸き起こる純粋な思いであると感じました。

はい、すでにそれであるもの、すでにそうであるもの、ずっとそうであるものの中には、永続的な、それでありたい、そうありたいという思い、自然本性があります。

在るには、在りたい(在るで在りたいを含む)という自然本性
知、知っているそのものには、知っているそのものでありたい、そして、
(知っているそのものである自己をさらに)知りたい、ずっと知っていきたいという自然本性があります。
>
> ハートの共鳴
> ハ ートから出るよころびのエネルギーに包まれ、自分自身がよろこびの存在であることを認識しました。

素晴らしい自己認識ですね。
>
> 立場をかえて
> よころびの光が外に向かって放たれました。

自己を認識することにより、それは自ずと外側(自己の現れ)へと広がっていきます。
>
> 立場なし
> 変わらない愛がここに在り、その愛によって支えられていることを感じました。

その認識、理解もとても大切ですね。

今回も、自然で必要な流れ、展開の中で、素晴らしい認識、理解が起こっていましたね。

>
> 次回もよろしくお願いいたします。
>
> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する