普通でありながら気持ちがよい、という感じでした。

ここでは、「普通でありながら気持ちがよい、という感じでした。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 61回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> # 最初の共鳴
> 自分に、今意識ある?と確認していく意図で始まりました。
> 普通に今意識がある、という、何事も起こらない普通さと、何かをどうかしなきゃいけない、というひたすら起こる考えと、
> それとは関係なく?奥深くで発生している気持ちのよいフィーリングがありました。

今在るもの、起こっているものすべてをよく感じ取られていましたね。
>
> # アイコンタクト
> 普通にただ見ている、聴いている意識でいる時間と、ぎゅーっと何か集まるような気持ちよさとを感じていました。
> 思考を反芻せずに、ただ流れていくように放っておいている時間がありました。

よい感じですね。
>
> # 瞑想
> 思考や記憶、今起こったことの反芻があり、落ち着いていながら考え続けている状態が続きました。
> 最後に、そこではないあたりに集中してみよう、という意図があり、意識的に"見ている方"へ集中して気持ちよさが出たり、がありました。

自然な展開によく気づかれていますね。
>
> # ハート共鳴
> さっきはこうだったなぁ、といったどうこうしようという意図が起こって、なかなか騒がしかったのですが、
> 最初にハートのほうにぎゅっと集まる気持ちよさがありました。
> また、次第に普通に意識である感じになっていき、普通でいると何か気持ちよさが起こってくる、という感じでした。

はい、普通であることの認識もとても大切です。
そこに気持ちよさを感じられているのもとてもいいですね。

> 瞑想のときの考えているモードから、ただ見ている、という意識にフォーカスしようとした時に、ただ見ているだけでは絶対にダメ、という強いフィーリングが起こってきていました。

自然な抵抗が起こっているのかもしれませんね。
>
> # 立場を変えて
> ぶわっと何か広がる気持ちよさが最初にあったのですが、頭の意識のところに居なければならないという考えが起こり、抵抗していたように思います。

在るがまま、起こるがままがいいですね。
>
> # 立場なし
> 普通でありながら気持ちがよい、という感じでした。
> 音がよく聞こえる感じになりました。

とてもよい感じですね。
>
>
> いつもありがとうございます、次回も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する