ただ見ているだけの意識が感じられました

ここでは、「ただ見ているだけの意識が感じられました」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 齋藤です、今日もありがとうございました。
> 59回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> # 最初の共鳴
> 意識の切り替わりが始まり、気持ちよさと共によく言い表せないようなプロセスが進んでいるのを感じました。

はい、共鳴中は、必要なプロセスが自然に進んで行きます。
>
> # アイコンタクト
> 意識の切り替わりが進んでいき、見ている方、存在するという感じにより近くなっていく感じがしました。

いいですね。
>
> # 瞑想
> もろもろのフィーリングや思考が"全て在る"という視点があり、"見ている方"にフォーカスしようとしていました。
> 普段の"自分"という意識のフォーカスとは違う、ただ見ているだけの意識が感じられました。

純粋意識という言い方もしますね。
>
> # ハート共鳴
> ハートの周りがじんわり温かくなって、ほっとする感覚がありました。
> 目を開けていることでの"自分"のリアル感があり、再度それを見ている方にフォーカスしよう、ということをしていました。

その意識が大切です。
>
> # 立場を変えて
> 在るという感じがいままで一点にフォーカスしていたのが、背中の後ろの方から体のまわりまで広がる感じがありました。

在るは広がりそのものでもあります。
よい感じですね。
>
> # 立場なし
> 背骨の下辺りから体全体に立ち上るような気持ちよさがありました。

エネルギーが活性化している感じですね。
>
>
>
> いつもありがとうございます、次回も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する