静かで変わらない感じと、新しく開かれていく感じが同時にありました

ここでは、「静かで変わらない感じと、新しく開かれていく感じが同時にありました」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> 全体的な感じでした

即そうでしたね。
>
>
> アイコンタクト
>
> 静かで変わらない感じと、新しく開かれていく感じが同時にありました

在るの在り方ですね。
不動不変(変わらないという在り方、質、側面)がそれを支え(絶対安心、絶対安全、絶対大丈夫)、
開かれ、更新、深まりが、それ自身を導き、実現し、
それ自身を(絶対的で)より確かなもの、そして、より生き生きとしたものとしています。
>
>
> 瞑想
>
> 静かで平和な感じでした

よい感じでしたね。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 全体的で、在るがままに在り、起こるがままに起こっていることを感じました

とても大切な理解、在り方です。
>
>
> 立場をかえて
>
> 全体的でした
>
>
> 立場なし
>
> 全体的で明るい感じでした
> 明度が上がったのを感じました

はい、共鳴前のお話しの流れから、さらなる開かれ、更新が起こっていましたね。
>
>
> 今回はたくさんお話を聞いてくださってありがとうございました。
>
> やはり、より平和になっているからこそ、自分自身がぼんやりとしていて、より捉えどころが無くなっている様に感じています。

そこの理解、自覚、確認が大事ですね。

それがあることにより、存在はより確かなものとなり、それ自身を導いていくことができます(それ自身であることができます。)
>

> 次回のセッションもよろしくお願いいたします、
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する