虹色に色彩が舞うような、透明な美しさを感じました。

ここでは、「虹色に色彩が舞うような、透明な美しさを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたM.Oさんの体験談(2011年11月24日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のM.Oさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回は、セッションを受けられているM.Oさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

M.Oさま

ご報告ありがとうございます。

> 無空さま
>
> こんにちは。
> 昨日は第16回目のセッションをありがとうございました!
>
> 忘れぬうちに、そのときの様子を送ります。
>
>
> 共鳴、アイコンタクトとも
> とても止まった感じがしました。
>
> 特にアイコンタクトでは
> 周りにまったく同化しているようで、
> 意識そのものになっているようで
> 個人がいないとかいるとかをわざわざ表現するのがむしろ不自然なくらい
> 全なるものである感じがしました。

素晴らしい状態でしたね。
>
>
> 瞑想では
> どっしりと穏やかで
> 在ることに心から寛いでいる感じがしました。
>
>
> ハートの共鳴では
> 凛としたクリアさの中に
> 細かい白銀がきらきらと舞うような
> 虹色に色彩が舞うような、
> 透明な美しさを感じました。

とても微細な美しさを感じとられていますね。
文章からも伝わってくるものがあります。
>
>
> 立場を変えての共鳴では
> ・・・・確か、包容力や穏やかさを感じたと思います。
> (昨日のことなのに、もう忘れてます・・・^^;;)

包容力はおっしゃっていたような気がします^^
>
> ニュートラルな共鳴では
> どっしりと穏やかで1点の揺らぎもない感じでした。
> お互いがどっしりと在るにあることで
> むしろ「お互い」というものがないような感じがしました。

在ると、ひとつになります。
というか、ひとつであったことを思い出します。
>
>
>
> 11月になって
> 平日、週末とも肉体的には「とにかく動き回っている」日々を送っているのですが
> マインドがそれほど騒がないので
> 疲れも少ないような気がしています。
> 助かります☆

そうですね。
マインド的な疲れがないとかなり楽ですね。
>
> 来週は1週空きますので
> また再来週、どうぞ宜しくお願いいたします。
>
>
>
> M.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する