「生きている」という大きな意志

ここでは、「「生きている」という大きな意志」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

A.Tさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 本日224回目のセッションもありがとうございました。
>
> セッションでもお話ししましたが
> 今年に入り、身体に意識が向き始めて
> 様々な健康法を実践するうちに
> 身体が大きく訴えてきました。
> 「生きている」という大きな意志を示すかのように
> ここ3か月ほど、これまでにない不調を経験しているところです。

意識を向ける力、そして、体の生きようというする力は
とても大きいですね。
>
> これまで、無意識に逃避、解離していたであろう
> ということに気づかされています。

この気づきも大きいですね。
現れに問題を抱えていたりする場合や本質を一時体験した後、
現れとのギャップの大きさ(その苦しみ等)等から、
逃避の動きが起こるがありますね。
>
> 「在る」に戻るという実践の微細なずれが
> 「私はいない」という本質を大きく勘違いし
> 現実逃避、解離になっていたこともあったのだと思いました。

現実(現象現実)は、在る(本質としての在る)の現れであり、
在るそのものでもあります。
それ自身により、ずれは気づかれ、そして、修正されていきます。
>
> すべて
>
> 統合
>
> これらを真に理解すること
>
> あまりに大きくわかりません。
>
> ただただ 在る
>
> 何度も何度も
>
> というところです。

今一度、そして、やはり何度も何度も初心に帰り、
真摯な実践、真剣な実践を重ねていきましょう。

姿勢、在り方がとても大切です。
>
> また次回もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する