「在れば、正しい」を感じました。

ここでは、「「在れば、正しい」を感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第350回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「平らの厚みそのもの、その平らは無限にやわらかい」を感じました。

さらなる深まり、更新を感じますね。
>
> アイコンタクトでは、「起こっていることに気づいているという愛」、「何が起こっても何の問題もない」を感じました。

在るの愛、在るの在り方ですね。
>
> 瞑想では、「受け容れているそのもの」、「無抵抗そのもの」、「個人=抵抗」を感じました。

受け容れ(そのもの)度合い、無抵抗(そのもの)度合いが本当に素晴らしいですね。
>
> ハートの共鳴では、「透明」、「在るがまま」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「絶対的な正しさそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「在れば、正しい」を感じました。

後半も、素晴らしく本質的で、絶対的なそれでしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> ただひとつであるものであるという視点、理解が、また一歩浸透してきているのを実感しています。

この視点、理解の浸透は、本当に素晴らしいですね。
>
> 分かれてはいない。
>
> 必要なことが起こっている。
>
> 全体として、起こっている。
>
>
>
> 現れに必要なだけとらわれ、そして、現れは流れていきます。
>
> 正しい視点と理解が、真実に戻してくれます。

はい。
>
> 正しく在れれば在れるほど、とれわれや歪みにすぐに気づきます。
>
>
>
> ただ受け容れているもの、
>
> ただ受け容れていくもの、
>
> 幸せであるままに。
>
>
>
> 何が起こっていても、素晴らしい。
>
> 体験に優劣はない。

素晴らしく在る、愛、幸せ、ただひとつであるものが実現がされていますね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する