自分の中でも天地がつながる様なそんなバランスが取れる様な希望に満ちたセッションでした。

ここでは、「自分の中でも天地がつながる様なそんなバランスが取れる様な希望に満ちたセッションでした。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられていたO.K.さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

O.K.さま

感想ありがとうございました。

> 前回の感想
> 前回の初めてのセッションは、ワクワクして本当に楽しかったです。

本質部分を中心に、存在全体がよろこんでいたようでしたね。

> 先生は淡々と教えてくださるのですが、私の自己探求して来た際の矛盾や疑問が、すべて晴れて行く様なそんな気持ちでした。
それはよかったです。

本質と現れについての理解があれば、様々なことをよりクリアに、よりシンプルに見ていくことができます。

> そしてその答えはいつも、中立的で安心と気づきをもたらせてくださいました。
それが、在る(真我、真の自己、純粋意識、愛)のひとつの在り方です。

> そして、私の質問が無意識のうちにジャッジしていたり、偏った見方になっていることに答えを通して気づかせて頂き、まだ小さくて未熟な子供の、霊的成長をどんどん促してくださる様でワクワクしました。

答え(応え)を聞かれ、そのように気づかれ、感じられるということが、本当に素晴らしいですね。
存在全体として、それだけの(やりとりを通して、霊的成長がどんどん促されていくような)準備ができていた、それだけのところまでこられていた、
あるいは、そのような資質があるということでもあります。

> セッションはとてもシンプルなものでしたが、私は自分で言うのも恐縮ですが、たくさん癒して来て最近気づいたことは、癒しとは、自分を知ると言うことは本当にシンプルで良い。と言うことでした。

本当にそうですね。
そしてそれは、書かれてあるように、たくさんの癒しや実践、プロセスを通ってこられたからこそ、より確かに分かることだとも言えます。

> そして、その方向性が私が今までして来た方向からではなく、全く逆の方向からの気づきを得る、アプローチする。そんな感じがして、自分の中でも天地がつながる様なそんなバランスが取れる様な希望に満ちたセッションでした。

はい、まさにそのような感じでしたね。

存在の自然なプロセスとして、個人の立ち位置にあり、本質の自覚がない段階(または、本質を知っていても、立ち位置が個人のところにある段階)では、
今在るところ(個人の立ち位置、現れ側)から始める必要があり、それが自然ですので、その方向、その立ち位置からのアプローチになります。
そして、そのアプローチ、または、個人の立ち位置の体験、プロセスがそれぞれの存在にとって十分になってきたとき、
現れ側、現れた個人側からではなく、源、本質である真我、在るの側からのアプローチが可能になります。
>
> また、私が探求する中で気づいてきた意識状態?があり、それらと現実化との関係を実験していたのですが、その意識状態でよかった!と先生のセッションでも「それです」と言ってもらい、確信が持ててやってきたことが間違いではない(自分で勝手にしているので、わからないので)と目の前が明るくなりました。

確認できると、そうなりますね。
それはより確かなものとなり、それ自体が全体的にパワー(存在力、理解、愛)アップしますし、さらなる確かさ、深まり、そして、新たな開かれのための土台にもなっていきます。
>
> いろんなことを書きましたが、自己探求が好きな私にとっては本当にワクワクするセッションでした。

はい、自己探求は、存在(在る、真我、本質、愛)の自然本性です。
それ(存在)は、無限そのものでもある自己を無限に知っていき、無限に実現していきます。
本質、本性にそったもの、合っているもの、あるいは、それそのものは、ワクワクしたり、よろこび、幸福感が感じられたり、
また、とても自然で無理がなく、安心感等もあります。

> そうだ!終わってからは、現実化の流れがスムーズだったり、内側の意識が穏やかでした。

とてもよい感じですね。
気づきや理解が進むと、スムーズさ、穏やかさ等も増していきます。
>
>
> 先生、ありがとうございました
> 今後もどうぞよろしくお願いいたします

こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する