いつもセッションの後はさっぱりして気持ち良いです。

ここでは、「いつもセッションの後はさっぱりして気持ち良いです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 早速ですがセッションの感想をお送りいたします。
>
>
>
> # 最初の共鳴
> 最初にお話したとおり、上手く行ってるのか、これでよいのか、前にいい感じだったやりかたをやろう、など考えすぎているなぁと思ったので、
> 今回は自分からは何もせずに起こるがままにさせてみていました。

はい、考え過ぎず、起こるがままがいいですね。

> 次第に何かざわざわした気持ちよい感覚が起こり、そのエネルギーが体の中のいろんな所に集まって息が止まるような感じになり、ビクッと体が反応して発散する、
> ということが繰り返し起こり、そのうち段々と静かな感じが出てきました。

自然に必要なこと、自然なプロセスが起こっていきますので、起こっていることに気づきながら、
気づいたら在る(気づきそのもの、静けさそのもの等)に戻りましょう。
無理なく戻れるときに、戻りましょう。
>
> # アイコンタクト
> こちらも、意図を持たずに待っていると、レーザー光線のように目から頭の奥まで何かが突き抜けるような感じがあり、頭がすっきりしました。
> 何かが起こると思考が反応して、これは何なのだ、と分析しだしたり、体験を説明しだしたりするのでなかなかそこから離れることができず、
> ぼんやり考えていたり、いかんいかんと集中したり、"見てる方"に意識を向けてみたり、ちょっと忙しかったです。

分析してしまう習慣等、色々なことが起こりながら、それらすべてにただ気づきながら実践を継続していくことで、徐々に全体が洗練されていきます。
>
> # 瞑想
> 最初は静かな感じでまったりしていましたが、そのうち頭の後ろの方の気持ちよさと共に思考が起こってきて、ぼんやりと考えている状態になっていました。
> 最後に、意識的に"見ている方"に集中してみよう、という感じになり、ある程度集中できたように思います。

そのくらいの感じでOKです。
自然体でありながら、そこから起こってきた「集中してみよう」などは、起こるがままに。
スタートは、最初の共鳴やアイコンタクトなどのように、ただ在る感じ(それを自覚する)や、在るに意識を“そっと”向けるくらいの感じが基本です。

(はじめは、ある程度力が入るのも仕方ありませんが、実践を重ねていくことにより、徐々に自然なものとなっていきます。
思考や感情が強く起こっているときなど、在るに意識を向けにくいときは、頑張って在るに意識を向けようとするよりは、
より力を抜き、ただリラックスしてみたり、起こっていることにただ気づいて在ること、
起こっていることに気づいている自分自身を含め、起こっていることまるごと肯定、全肯定という在り方などがいいでしょう。
そして、在るに意識を向けやすくなったら、在るに意識を向けましょう。
在るに戻りましょう。
あるいは、自然に在るに戻っていることに気づきましょう。
それを自覚しましょう。)
>
> # ハート共鳴
> 最初に意図を持たずに待っている、というかぼーっとしているような時間があり、しばらくは何も起きない感じでした。

“何も起きない”が、在るのひとつの在り方です。

(“何か起こる”は、在る“から”起こります。あるいは、在るの中で起こります。
それも、在るそのものとも言えますが、本質と現れ、不動不変であるものと、動き変化していくものと
識別することもできます。
その視点からは、“何も起きない”は、在る“から”起こるものではなく、在るそのもの、不動不変そのものということができます。)

それを(本質である自己として)認識、自覚、理解すること、理解が起こることが大事です。


> 最後の方にハートに意識が行き、そこでハートにぎゅーっと集まるような気持ちよさの感覚がありました。

気持ちよさや、心地よさがあるときは、在る(自分自身)であること、その立ち位置にあること、
あるいは、その立ち位置に近いことが多いです。
まずは、気持ちよさ等にただ気づきながらリラックスして在りましょう。
そして、そのように在ることに慣れてきたら、
気持ちよさを感じている主体の方に意識を向けてみましょう。

その主体が、気持ちよさと別のものでなければ、気持ちよさそのものとして在りましょう。
主体が、気持ちよさと識別されて認識されたのであれば、主体そのものとして在りましょう。
(識別と同時に、別のものではない、同じものであるという認識もあります。)
>
> # 立場を変えて
> 毎回、どのようにしていたら良いかわからずやっているのですが、とりあえず空の方に意識を向けて保っていると、毎回背中の方に広がりがある空間を感じ、
> 自分の体のなかから意識が離れ空間に存在感があるような感覚があり、とても気持ち良いです。

基本は、はじめにお伝えさせて頂いたように、立場を変えての共鳴という認識をはじめに一度持ったら、あとは忘れて、ただ在る、在るに意識を向ける、在るを意識する、
です。
今の感じでいいですね。
>
> # 立場なし
> 今回は聴覚のほうに意識が行き、音を聴いている間の頭がからっぽな感じがありました。
> 目の前の空間にも意識が行き、空間に濃厚な存在感があるのを感じました。

とてもよい感じですね。
濃厚な存在感も、在るのひとつの在り方です。
>
>
>
> あと、ひとつご相談したいことがあるのですが、
> 口頭では上手く言えないのですが何個か自分の中でこれをやるとうまくいく、というやり方があり、
> 時にいろいろやろうとして忙しい感じになってしまいがちなのですが、何かアドバイスを頂けたら有難いです。

はい、基本は、セッションでお応えさせて頂くという形にしておりますが、起こるがままに。

> - 感覚と思考を"見ている方"に意識を向ける

基本的な意識の向け方です。
気づいている(見ている)主体、在るに意識を向けるわけですが、多くの場合は、はじめは、気づいている主体に自我がミックスされています。
何度も意識を向けることを繰り返してくことにより、主体が徐々に純化されていきます。(あるいは、自我が離れ、純粋な主体が自覚、認識されるようになってきます。)

> 頭の後ろの方にぞわぞわする気持ちよさが起こり、続けていると頭が思考から意識が離れやすくモヤが晴れたような感じになってきます。

よい感じですね。
起こることは、期待せず、ただ在りましょう。
意識の向け方、また、同じ意識の向け方でも、そのときどきにより、感じ方も変わってくることがあります。
何が起こるか、どのように起こるかには、自然に気づきながらもとらわれず(在るの在り方であり、在るそのものです。)、
シンプルな実践(そのまま実現でもあります。)を繰り返していきましょう。

> - 自分の存在しているという感覚か、"感覚を感じている方"に意識を向ける

これも基本的な意識の向け方であり、よいですね。

> ハートのあたりに同じような気持ちよさが起こり、体の中に落ち着いて居られるような感じになってきます。

よい感じですね。
落ち着き、安心、平和、心地よさ等は、在るであるとき、その立ち位置にあるとき、または、在るに意識が向いているときの一つの目安になります。
そして、それにもとらわれずに在りましょう。
前述させて頂いたように、意識の向け方、そして、同じ意識の向け方でも、そのときどきにより、感じ方も変わってくることがあります。
在るは、無限です。
真の無限を限定、定義することは不可能です。
様々な体験、実感、在り方、そして、日常生活での気づき、実現等を重ね、在るをトータルに理解していきましょう。

ただ、すべてを体験して初めて在る(真我、真の自己)が分かるというものではなく、
ポイントは、それそのものとして在り、それを自己として(深く)認識、自覚できること、
自己として直接的に知ること、
それが自己理解であり、
それが大事です。

そして、様々な在り方を知っていくことにより、より自分自身を知っていく、
無限であり、無限の可能性そのものであるそれ、真の自己を無限に知っていく、
無限に実現していく、
比類なきそれ、ただひとつであるものであるそれを、ただひとつであるものとしてよりトータルに知っていく、
よりトータルに“実現していく”
(在るの自らに由るところの主体的在り方━純粋な主観性、純粋な主体性が現れにもより積極的に、より自発的に参加、浸透。前面に出ている感じ。
・・・それは、本質の最も深奥に在るものでありながら、同時に、現れの最前線に在るものでもあります。━)、
“実現されていく”(在るの自らに由りながらも、何もしていない、ただ起こっていくというある意味、観賞的在り方、受動的在り方)、
実現が起こっていく、という在り方、起こり方になります。

(ただひとつであるもの、相対なき、比類なきものは、主体的であり、同時に受動的であります。
━どちらかの在り方が絶対的に感じられるときもあれば、両方が感じられるときもあります。━)

> - "聴覚に意識を向け、ひたすら聴く"

“ひたすら”、とか、“ただ”、“とにかく”、などは、マインド(個人、自我)が入りにくく、純度が高いです。

> 頭がからっぽになる感じと、今ここに在るという感覚が起ってきます。

よい感じですね。

> - 感じている全部では"ない方"に意識を向ける
> なにもなさと、そこに在る静寂を感じます。(これは難しくてすぐ離れてしまいます。)

これもよい感じだと思います。
すぐ離れるのは全くかまいません。
くだけた表現で言えば、ちょっと戻る、ちょこちょこ戻るで、OKです。

> - 自分という感覚を手放そうとする(放り出すに近い感じです。)
> もう"自分"を思考でどうこうしなくていいのだ、という解放感と安心感があります。時に懐かしさを感じます。

これも在るの感じ、在るであるときの感じ、在るの在り方です。
この意識の向け方もよいと思います。

意識の向け方も、基本的なものはありますが、人それぞれ、また、そのときどきで、より意識が向けやすいものもあります。
また、色々実践していく中で、より中心的なものが出てきたりしますし、さらに実践を重ね、自己理解が進んで来ると、
よりシンプルに、より自然なものになってきます。

すべてよい感じだと思いますので、今の感じで実践を続けてみてください。
感じている感じ、または、主体を、“自己”として認識することにもトライしてみてください。

>
>
> いつもセッションの後はさっぱりして気持ち良いです。ありがとうございます。

はい、いつもよい感じで意識が向けられていて、共鳴もとてもよい感じで起こっています。
日常での気づき、変容も続いていますので、今の姿勢、在り方で、進んで行きましょう。

ありがとうございました。

無空

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する