大いなる普通 新鮮さの極み

ここでは、「大いなる普通 新鮮さの極み」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 聖なるセッションをありがとうございました
>
>
>
> 新しい感覚というお話しをさせていただきました
>
> 青にとってクンダリーニエネルギーは
>
> もうずっと長く囚われて人生の課題
>
> その悩みは言葉に変えることも出来ずに
>
> 長かったんです
>
>
> そのことで
>
> 今回
>
> 前回のセッションを終えて~~
>
> あれ!!っていうほど解放されてしまいました
>
> と報告させていただきました

本当によかったですね。
>
>
> さらに
>
> 今日は
>
> 大いなる普通
>
> 新鮮さの極み
>
> を味わうセッションでした

はい、とても大事なところですね。
>
>
>
> 「在る」について伝道できる人生を歩みたいなあ~~って
>
> ずっと以前から思っていたはずなんですが
>
> これまた
>
> あれ!っていうほど
>
> 普通さが広がってます
>
>
> 「在る」ことって
>
> 実際のところ
>
> 自然さ
>
> 普通さの極みでもありますよね

そのとおりです。

多くの場合、自然すぎて、普通すぎて、当たり前すぎて、

なかなか注意が向きにくく、また、気づいても、

大事にされにくいです。

でも、それが最も大事なものです。
>
>
>
> さて
>
>
> 始めの共鳴では
>
>
>
>
> 何も知らないから始まっていました
>
> その感覚は
>
> 融合
>
> 友愛
>
> でした
>
>
> アイコンタクトでは
>
> 神のまなざしを感じていました
>
> それはいつの間にか日本全体から
>
> 地球全体を包んでいたようです

はい、このセッションは、個人セッションというスタイルでありながら、
同時に、全体のセッションでもあります。
>
>
> 瞑想では
>
> ど~~~んと重く
>
> 釣竿に付いた錘のように
>
> 地球深くにもぐっていくようでした
>
>
> 言葉にならないところの浄化だなって思っていました
>
> まもなく
>
> 内的宇宙
>
> 太陽に向かっていました
>
>
> 熱かったです
>
>
> ハートの共鳴では
>
> 清涼
>
> 清流
>
>
> 清らかさがありました
>
>
> 立場を変えては
>
>
> 「愛」そのもの
>
>
> 立場なし・ニュートラルでは
>
> 美しい
>
>
> でした

今回も本質的なところをよく感じ取られていましたね。
>
>
>
> 普遍的な
>
> この普通さはどうでしょう
>
>
> この特別ではない
>
> (クンダリーニエネルギーはともすれば桁外れ
>
> 超自然的能力の目覚めともなりうるかもしれませんが
>
> 大切なのは
>
> 知恵
>
> 真の理解がそこにあるのかないのか)
>
>
>
> 「在る」という名の知恵をありがとうございます

素晴らしく受け取られていますね。
>
>
>
>
>
>
>
>
> 振り返れば
>
> 無空庵さん無空さんに連絡をとって
>
> まる6年が経ちます
>
>
>
> 真の自己理解をありがとうございます

はい、それは何ものにも代えがたい、とても尊いものですね。
>
>
> 素晴らしい共鳴をありがとうございます
>
>
>
> 青

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する