「ただ在ること」「存在であること」を許すと、柔らかく広がっていく感覚を感じました。

ここでは、「「ただ在ること」「存在であること」を許すと、柔らかく広がっていく感覚を感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様

> 先週も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> 「ただ在ること」「存在であること」を許すと、柔らかく広がっていく感覚を感じました。

在ること、そこからすべてが始まっていきます。

> アイコンタクト
> 許すこと、そして許されることを学びました。

はい、とても大事なところですね。
そして、その中でも在るのことの許しは、とても大きく、すべてを包括しているとも言えます。

> 瞑想
> いのちの鼓動を感じると、いのちが注ぎ込まれる感覚がありました。
> そして、いのちの躍動と情熱を感じました。

許しからの自然な流れで、いのちが生き生きと活性化してきましたね。

> ハートの共鳴
> 情熱が広がり、それが存在のよろこびの表現であると感じました。

素晴らしいですね。

> 立場をかえて
> 全てを優しく包み込むエネルギーを感じました。

Monaさん、本来の在り方ですね。

> 立場なし
> 全てを受け入れるエネルギーが浸透していくことを感じました。

真の自分自身であることにより、それ(真の自己、真我、在る、愛)はさらに更新されていきます。

> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する