何でこれを忘れていたのだろうと感じました。

ここでは、「何でこれを忘れていたのだろうと感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> 「これしかない」という感じでした。
>
> そして何でこれを忘れていたのだろうと感じました。
> また、絶対に大丈夫ということも感じました。

「これ」の再確認、再認識、とても大事です。
「これ」は、何でだろうと思うくらいに不思議に忘れてしまうこともあります。
そのような在り方が、「これ」の無限の在り方の中に含まれているとも言えますが、
それゆえに、忘れても(焦点が他へ行ってもいても)、忘れていないような在り方、
本質の存在全体への浸透、深くトータルな理解が大切です。
>
>
> アイコンタクト
>
> 深まっていく感じでした。
>
>
> 瞑想
>
> おだやかさとザワザワする感じが同時にありました。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 存在全体がやわらかく幅広く広がっていく感じでした。
>
>
> 立場をかえて
>
> やさしくやわらかい感じでした。
>
>
> 立場なし
>
> おだやかで落ち着いている感じでした。

本質的なところを思い出し、どんどん深まり、拡がり、落ち着いていく感じでしたね。

忘れてから戻った時(再認識、再確認されたとき)、

それは(その理解、認識、質感、実現性、実在性において)より確かなものとなっていきます。
>
>
>
> ここ数週間、理由のない不安や孤独感があったのですが、
> 今回のセッションを通して、また在るというシンプルで唯一のものを再認識できた様に思います。

よかったですね。
共鳴中感じられたように、それは、絶対大丈夫です。
>
> いつも貴いセッションを本当にありがとうございます。
>
>
>
> ラバンジン

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する