とらわれない度合いが増しているのを実感しています。

ここでは、「とらわれない度合いが増しているのを実感しています。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第337回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「均質な広がりそのもの」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「永遠のスクリーン」を感じました。
>
> 瞑想では、「永遠」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「永遠」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「永遠」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「意識が満ちている」を感じました。

今回は、在るの永遠という在り方が素晴らしく開かれ、活性化していましたね。

「意識が満ちている」も、とても伝わってきます。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 気づいたら戻る(基本)の繰り返しです。
>
> とらわれない度合いが増しているのを実感しています。

素晴らしいですね。

基本(気づいたら戻る、自らに帰る、自らに気づく)は、在るの自然本性でもありますが、

現れた存在におけるプロセスの機が熟し、

真の自己が開かれ、自己理解を持ちながら、

意識的に(意識に開かれながら)行なわれている(起こっている)のが、今の実践です。

それは、存在にとって、とても自然で、とても普通で、

かつ、とても神聖で、とても大事なことです。

基本の繰り返しにより、存在は、自己理解と自己実現度合い(実在度合い)において、

無限に深まり、無限に拡大していきます。

とらわれない度合いが増し、自由そのもの(存在)がより自由になっていきます。

知っているそのもの(知、存在)がより自己を知っていきます。

無限そのものである自己をさらに実現していきます。

愛(存在)がより愛(存在)に開かれ、さらに愛(存在)を実現していきます。

それが、在る(真の自己、愛、純粋意識、知、自由)の自然本性であり、

基本の繰り返しにより自然に為されていくこと、起こっていくことです。>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する