在るは何ものにもとらわれない。

ここでは、「在るは何ものにもとらわれない。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第335回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「すべてを含む静寂そのもの」、「純粋そのもの」、「とらわれるものがいない」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「無、空そのもの」、「とらわれるものがいない」を感じました。
>
> 瞑想では、「とらわれに気づいている、とらわれであることに気づいている、ただ戻る」、「静寂そのもの」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「とらわれない=幸せ」、「幸せそのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「含み超えているもの」、「幸せそのもの」、「穏やかさそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「とらわれない」を感じました。

今回は、在るの素晴らしい在り方のひとつである「とらわれない」という側面が素晴らしく開かれ、活性化していましたね。

そしてそれは、今回も感じ取られていたように、幸せそのものです。>
>
>
> 日常では、
>
> 真の「とらわれない」が分かったように感じています。
>
> 在るは何ものにもとらわれない。
>
> ただ気づいている。
>
> とらわれていることに気づいたら戻る。
>
> 真の在り方。
>
> 愛であるということ。

はい、愛です。
>
>
>
> しっかりと気づいている。
>
> しっかりと戻る。
>
> とらわれない。
>
> それが大切。
>
> 今、そのように起こっています。

愛ですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M
>
ありがとうございます。

無空

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する