全体であることが大切である、ということを改めて強く感じました。

ここでは、「全体であることが大切である、ということを改めて強く感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第329回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「言葉で表現するのが難しい感じ」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「純度100%がより純粋になった感じ」を感じました。
>
> 瞑想では、「真実の目」、「全体をまるごと包み込んでいる目」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「愛100%」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「すべてに行き渡っている」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「ニュートラル」を感じました。

今回も、純度、本質度、トータル度等さらに深まり、更新された素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> ある体験を通して、個人の視点は一面的である、ということをより深く実感し、全体であることが大切である、ということを改めて強く感じました。
>
> 翌朝、テレビでのあるニュースがきっかけで、今まで散々影響を受けてきたあるとらわれについて、もう影響を受けたくない、という強い思いが起こりました。
> そして、「もう影響を受けない」と決める、ということが起こりました。

機が熟し(成熟が進み)、そのタイミングが来た、という感じかもしれませんね。
>
> その後出勤してすぐに、(そのとらわれに関係した)強烈な反応が起こりました。
> ただ全体として在り、そのままにしていたら、自然に消えていきました。
> 昔なら、何日もとらわれていたような出来事が起こったのですが、今回は、エネルギーが出るだけ出て、スーっと消えていった、というような感じでした。
>
> このような強烈な反応にも、まったく影響を受けずにただ在れるんだ、ということを認識しました。

本当に素晴らしいですね。
>
> その日を記念日にしたいような感覚でした。
>
> また、影響を受けないだけでなく、その出来事に対する見え方、感じ方も変わってきています。
>
> そして、その出来事が起こったのは昨日のことだったのですが、このメールを書いている今は、もうその出来事自体が消えてしまった、あるいは、はじめから何も起こら
> なかった、というような感じもしています。

在るの視点、感じですね。
>
> 今週は、(ある意味で、)個人の視点は間違っている、ということのより深い理解が起こり、また、強い決意が起こり、体験を通して、全体であることがより確かなもの
> になったのを実感できました。

素晴らしい週になりましたね。
>
> そして、その後は、とらわれにより敏感に気づいています。
> 日常のよくある場面でも、判断にとらわれていることに気づいて、全体に戻ったら、自然と思いやりの行動が起こりました。
> 気づかずにとらわれていることがたくさんありそうです。

気づかれることでクリアされていきますね。
>
> どう在るか。
> 真に大切なのは、それだけである、ということを改めて深く実感しています。

どう在るかにより、そこからどう起こるか、何が起こるか等(そのクオリティも含めて)も自然に変わってきます。

また、どう在るか、どう在れるかそのこと自体で、幸せの度合い、質等も変わってきます。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する