これからも自分自身へ正直に向き合いたいと思っています

ここでは、「これからも自分自身へ正直に向き合いたいと思っています」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているHiraraさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

Hiraraさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 今回のセッション、本当にありがとうございました。
>
> いつもとは違うスタイルでしたが、
> ただお話をしているだけで、共鳴が起こっていると
> 理解することができ、
> セッションが終わった後は、無空さんの在るが浸透しておりました。

はい、どのような形でも自然に在るの共鳴は起こっています。
よく感じ取られ、また理解されていますね。
>
>
> 現われの中で起こるという事の理解も
> より深まりました。

そのことにより、存在がより大きく深く、トータルに在れるようになります。
>
>
> セッションが日曜でしたが、
> 火曜日には状況が更に好転し、その日のうちに雲の上の方と
> 直接お話しすることもでき、
> 水曜日には、私の要望通りになりました。
>
>
> 自分でもびっくりしましたが、今回の一連の流れが
> 大きく2人の人物を動かし、
> 事が進むスピードというか、通常では
> 考えられないほど、展開がスムーズ過ぎて
> いつの間にか、起こってた。という状況になりました(笑)

在る(ただひとつであるもの、ただひとつである全体)の起こり方、
在るの中での起こり方のひとつですね。
>
>
> 起こることが必要に起こるという理解もありましたが、
> 自分自身が、これまで正直に、誠実に努力し人生に向き合った結果が
> 自然の流れで、周囲へ相談する事が起き(無空さんへ相談する事など)
> また、その周囲の方々からも理解を得られた結果が
> 在るがままに起こったというものでした。

素晴らしい在り方(正直に、誠実に努力し人生に向き合われたこと)でしたね。
>
>
> 人に言いたいことが言えない人は沢山いると思いますし、
> また、その言いたいことが自分だけの主観でもいけないですし、
> 相手の事や周囲の事、自分自身の事を考え
> 綜合的に見た結果、言うべきところや、声を出す勇気や責任も
> 人生や生きる上での勉強だと改めて、在るの中で
> 起きていくものだと実感しました。

とてもよい体験となりましたね。
>
>
>
> また、在るを実践していると、
> その時は、気づけずに、苦しくて困難に思う事でも、事が終わってみると
> その積み重ねは、在るの大きなパワーと生み出していたと言えます。
> 在るの愛情が全てを本来の原点というか、幸せへと導いているようです。

はい、まさにその通りです。
本質的で、そして全体的な在るの視点からは、いつもそうであると言えます。
>
>
> これからも、現象の世界では様々な人間関係の中で
> いろいろな事が起こると思いますが、
> 正直に生きる事や、人生の勉強中であること、
(ひとつの視点からは、在るもすでにそうであるものであると同時に、
現れを通し、常に勉強中、更新中、深まり中、高まり中、拡大中です。)
> 人生の浄化という問題が、少なからず向き合う必要性が
> 起こるということの理解が今回の一連を通し深まりました。

実体験を通してのトータルな理解が素晴らしいですね。
>
>
> 愛を持って接したいという気持ちが1年前から強く芽生え
> 今回のような問題に直面する事が起き、
> 自分さえ、我慢すれば・・・相手を傷つけずに・・・・
> 愛を持って接したい。そう思えば思うほど
> 全てに愛でこたえようと、本当の正直な部分へ抵抗していたのだと
> 思います。

そうかもしれませんね。
また、別の視点からは、この世界で思われている愛、
あるいは、個人が思っている愛よりも
在るの愛はもっと大きなものです。

在るはすべてであり、すべては愛です。

その愛は、特定の限定された形、質ではなく、
様々な形、質として起こっています。

そこで大事なのは、、在る(愛)の立ち位置、理解に在りながら、
起こるものをどれだけ純粋に起こさせることができるか、

(個人でそれを所有せず、個人を不随させずに
━誤解等のないよう、もう少し丁寧に言えば、
個人を不随させずに、状況により、それが自然な場合には、
個人的な起こりを起こるがままに純粋に起こさせる。
純粋に起こっていくものに個人としてくっついていない。
あるいは、起こるものそれ自体として気づいて在りながら、
起こるものそのものとして在る、起こるものそのものになっている、
まるごとそれ、存在全体でそれ、100%それ、
という在り方━等)


真に在るがまま、起こるがままに、
というところです。

そこで起こること(形、内容等)は、在るの理解の深さ等にもよりますし、
また、全体の状況にもよります。

> 自分の能力を超え限界が起き、体調不良も起き、ようやく
> 本当の気持ちと向き合い、そして周囲の人へ向き合う事への
> 気づきが起こりました。

通常では考えられないくらいこれまで頑張ってこられたと思います。
本当にお疲れ様でした。
>
> 抵抗がある中で、本当の愛は感じなくなりますし、
> 本 質の奥深いところでの抵抗や問題を解決なくして、
> 抵抗に更に抵抗という蓋をしていては、自然体の愛には
> 気づけないと感じます。

はい、在るの愛は、自然体の愛、それは全体へと至る愛、
至全体の愛、また、全体へと行き渡る愛でもあります。
特定の角度や力み等なく、ニュートラルでやわらかく自然なものだからこそ、
すべてにやさしく行き渡ることができます。

(在る側からはそうですが、個の特定の立ち位置からそれに抵抗する場合には、
それがやさしく感じられない場合もあります。
在るの愛とは、そのような愛であり、そのような在り方をしています。)
>
>
> 今はとても、フラットな状況で、自然な状態です。
> これからも自分自身へ正直に向き合いたいと思っています。

はい、それが一番大切です。
在るもそのように在ります。
>
>
> 次回のセッション、よろしくお願いします。
> 今回のセッション、更に深い愛を感じ、愛そのものでした。

素晴らしいセッションになりましたね。
>
> ありがとうございました。
>
> ※色が塗られたところは、出来ましたら感想としてアップする際に
>   削除して頂ければと思いますので、よろしくお願いします。

承知いたしました。
>
>
> Hirara

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する