真っ暗闇に花火が上がる感じ

ここでは、「真っ暗闇に花火が上がる感じ」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている H.KIさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

H.KIさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
> セッションありがとうございました
>
> 感想です
>
> 在るに戻る  輝
> 網  透
> 流  後半、首が気になる感じ
> 普通  静かな喜び
> 沈んでいく感じ
> 中心  真っ暗闇に花火が上がる感じ

今回も、本質的なところを様々に感じ取られていましたね。
>
>
> 先日、姪が赤ちゃんを出産しました
> 姪が生まれたとき、可愛くて可愛くて仕方なかったのですが、
> ちょっと違う感覚でした(もちろん、可愛いです)
>
> のめり込むという感じではなく、これは最近ほかの事でも感じていることなのですが
> 家族、兄弟に対しても、引いた目線というのか、
> 以前は、極端に自己犠牲(結局、これは自分自身を守るため)をしてまで尽くしていた
> 行動が正されているかのように、極端に走らなくなりました

自然な変容が起こっていますね。
>
> 境界線を超えなくなっている、パターン(相手の責任まで引き受ける)が
> 起こる前に気づいて止まれるようになっている
> このパターンは、職場でも度々起こっていて、気づかずに人間関係が絡まっていたりが
> あったのですが、そのことも振り返ってみて変わったんだと感じました

気づくこと、自覚することで、それはより確かなものとなっていきます。
>
> 病院に赤ちゃんを見に行ったとき、姪の母親も後から来ました
> お互いに、言葉が足りないために誤解があって気まずくなったりと、いろいろな事があるの
> ですが、姪の母親は昔からのⅩジャパンの大ファン、赤ちゃんの話しより、Ⅹジャパンの話し
> で盛り上がってしまいました
> 話題が増えてよかったです

少し前からⅩジャパンに意識が向くようになっていたこと等含め、
ただひとつであるもの、ただひとつである全体の在り様が感じられますね。
>
>
> 次回も宜しくお願い致します
>
> H.KI

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する