「ただ在る」が無限であることを実感しています。

ここでは、「「ただ在る」が無限であることを実感しています。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第326回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「本当は何も無い」、「何も持たなくていい」、「そのまんま」、「事実のみ」、「至福」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「何が起こっていても、変わらない至福が在る」を感じました。
>
> 瞑想では、「本当は至福だけが在る、現れの内容は関係ない」、「神の領域」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「すべてを愛と見る愛の視点」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「すべて=ひとつ」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「永遠のただ」を感じました。

今回は、さらに超えた深まり、開かれが感じられ、本当に素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 超えている度合いが増しているのを実感しています。

それが共鳴にも現れていましたね。
>
> 「ただそうである」ことの至福が在ります。
>
> 何が起こっていても、変わらない至福。
>
> それをより強く、より明確に感じています。
>
> 改めて、「ただ在る」が無限であることを実感しています。

真のところを本当によく感じとられ、また、理解されているのがとても伝わってきます。

ただただ素晴らしい限りです。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する