あまり囚われなくなっていることを、改めて感じています

ここでは、「あまり囚われなくなっていることを、改めて感じています」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている H.KIさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

H.KIさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
> セッションありがとうございました
>
> 感想です
>
> 思考がたくさん起こりました
> 「白」  波のような曲線
> 気配  背後  飛び跳ねている感じ
> 「気」  微喜び
> ドームが陥没していく感じ、底が貫けていく感じ
> 普通で動かない感じ

様々な在るの在り方等をとてもよく感じられていましたね。
>
>
> この一週間は、XJapanを満喫しました
> 一見、悟りとは、全く関係ないように感じますが、トークも音楽も
> もの凄く引き込まれてしまいます
> 「涙とか、感情とか超えたところを音楽で追及したい」
> 「昔から、音楽では、根拠のない自信がある」
> というような事を言っていたり、
> 他、いろんなそれらしい発言、静と動、陰と陽が織りなす表現、
> 素晴らしく共鳴しています

本質的なところでの共鳴が起こっていますね。
>
>
> 職場では、日々いろんな事が起こり、
> その度に起こる思考、感情の連続のように感じますが
> 誰かに愚痴を言おうと思っていても、途中で「もういいかな」という感じが起こってきて
> 他の事をしていると、そのまま忘れていたり、思い出せなくなっていたり
> 以前のような苦しさは、なくなっています

素晴らしい変容ですね。
>
> もうひとつ変わったと感じることは、悩みというか、問題というのか
> それをそのままにしておきながら、
> 全く別のことというか、楽しむことが、普通に出来ることが、凄いと思います
> 以前は、全くありえなかったことでした
>
> そういった事に、あまり囚われなくなっていることを、改めて感じています

(気づいて在りながら)囚われないという在り方は、在るの在り方の大きな特徴とも言えます。
本当に素晴らしく変容されてきていますね。
>
>
> 次回も宜しくお願い致します
>
> H.KI

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する