静の中の動、動の中の静

ここでは、「静の中の動、動の中の静」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Kさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

A,Kさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
> 先ほどは貴重なセッションを
> ありがとうございました。
>
>
> 212回感想です。
>
>
>
> セッション初めの
> 振り返りですが、
>
> 思い出そうとしても全然
> 思い出せず、、、でした。
>
> すでに深い共鳴状態に
> あったと思います。

そうでしたね。
>
>
> 最初の共鳴
>
>
> 師の体現を通して
> 直接的にシンプルに
>
> 在る という ただそれだけ
> を学ばせていただきました。
>
> とても貴重だと感じました。

真に学ぶ姿勢、あるいは、受け取る姿勢ができているとき、
それは起こります。
素晴らしい在り方でしたね。
>
>
>
> アイコンタクト
>
> 額の奥の方で
> 内部を構成するものの内部まで
> 見ていたように思いました。

奥深く精妙な視点が開かれていましたね。
>
> 瞑想
>
> 今まで私(個)の一部だったものが
> 排出されていくようでした。
>
> 私の中で それはどちらかといえば
> 良いとされる感覚として
> 捉えていたものだったのですが、
>
> 今、不要なのだと認識しました。
>
>
> この感想を書きながら、
> マインドの根深さの凄さが
> 見えたような気がしました。
>
> 同時に
> 在るの 超越
> を感じました。

ここでの気づき、理解もとても大きなものですね。
>
>
>
>
> ハートの共鳴
>
> 開かれていく
>
>
> 息子の同級生のママ友複数人と
> 集まることがあり、
>
>
>
> このお母さんとても 呼吸が浅いなーと
>
> 後ろから背中や肩の動きが
> ふと目に留まりました。
>
> その直後、自分の呼吸を
> 確認していました。そして、
>
> こんなに穏やかに
> 大きく深く呼吸していること=在るということ
>
>
> 満たされ幸せを感じた出来事を思い出しました。

すでにそうであることの確認はそれをより確かなものにしていきます。
>
>
> 立場を変えて
>
> 起こることが起こっている中で
> 動じない様
>
> ニュートラル
>
> 静の中の動、動の中の静
>
> 躍動の中で起こる静
> 静の中で起こる躍動
>
>
> とても素晴らしく
> 感動しました。

はい、とてもダイナミックに、そして、精妙に感じられていたようでしたね。
>
>
>
>
>
>
>
> そう、そういえば
> ここ1ヶ月ほどやる気が起こらす、ネガティブで
> ずっと自己嫌悪に陥っています。
>
> 復活して、丁寧に活き活きと生きたい
> と願っています。

プロセスの中では、やる気が起こらなくなるような時期があることもあります。
また、季節的、集合的な要因等もあります。
今の状態にも気づきながら、全肯定、全受容の在り方で、
丁寧に在るの実践を続けて在りましょう。
>
>
>
>
>
> 今回も素晴らしいセッションを
> ありがとうございました。
>
> またお願いいたします。
>
>
> A.K

こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する