無空庵のゼロ意識共鳴セッションは、ラマナ・マハルシ、フーマン、エックハルト・トール氏等の言及する悟り、真我、本当の自分を知る方法、悟りを開く方法、真の平和と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

★日々の共鳴
10時~、11時~、13時~、17時~、21時~。
各時間30分設定していますので、ご都合が合う方は、短い時間でも結構ですので、意識を向けてみてください。 2020.4.18~改めてスタート。参考記事:日々の共鳴

今回は、セッションを受けられているまるこさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

まるこさま

感想ありがとうございました。

> こんにちは
> 先日は、ありがとうございました。
>
> 家事以外は、仕事がなく
> 穏やかな日々を送ってます。
>
> セッションでは、始終 穏やか、静か
> 平安、明るさ、を感じました
>
> ここにいる幸せを実感致しました。

まさに、在ることのよろこび、在ることの幸せとも言えますね。

今回も、全体的に素晴らしい共鳴でしたね。
>
> ゆっくり本が読めたり
> 内面に沢山の気づきが、あったり
> 片付けものが、出来たりと
>
> 今の時間を大切にして行きたいです。

はい、その在り方が、在るを大切にすることであり、
すべてを大切にすることでもあります。
>
> まるこ

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 直前で申し訳ないですが、お送りさせていただきます。

>
>
>
> 前回 ==========================================================================

> できないこと 深く入れないことに焦りがありました。
> なにか、体にノイズがあり、 力が入らない感じがあり、
> 体の不快感が強く出てきて、そちらに気を取られることが多かったです。
> (途中で腕時計を外しました)

プロセスの中では、そういうときもありますね。
>
> 始まってすぐに頭の奥が開くのを感じました。
> そのような、セッション中に起こる変化や感覚に、いろんなラベルをつけようと している動きを感じました。> それをとらえて、分析して、利用しようというエゴの動きを感じました。

そこに気づかれているところがよいですね。
>
> そのまま、観察している対象に取り込まれてしまったようで、
> マインドから在るを感じようとしている状態になってしまっていたようです。
> (見ている方、に集中していればよかったのか、ちょっとわからない)

強いものが起こっているときは、そのようになります。
でも、必ずまたそれに気づけますので、今、何を実践しているのか、
どう在ろうとしているのか、それさえ忘れなければ(思い出せば)大丈夫です。

気づいて、再び意識を向け、在るを再認識することにより、在るはより確かなものになっていきます。

無空
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

A.Tさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> ただ今のセッション、ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> 気づいているところ に戻る そこで在る
>
> 不変の上で すべて変わる
>
> そうでない時も 常にそれであり すでにそれである

在るの在り方を素晴らしく捉えられていますね。
>
> 何も出てこない 何も起こらない
>
> 主体であり 主体も何もない
>
> 常に すでに それである の再認識
>
> 以上です。

はい、再認識はとても大切です。

再認識により、在るがより確かなものになり、より主たるもの、
あるいは、より全体的なものとなっていきます。

今回も、本質としての在るの在り方をとてもよく感じ取られていましたね。
>
> 今回も本質に立ち返る場をありがとうございました。
>
> アドバイスをいただいたように 少しずつ揺らぎを起こして
> 滞りを流すよう意識していきます。

はい、大きな実践でなくても、意識的な実践、在り方が大切です。
>
> 次回もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今夜 21時30分から22時まで合同共鳴が起こります。

意識参加自由(無料)です。 
詳しくは、無空庵第一ブログ 左サイドバー カテゴリのところの合同ゼロ意識共鳴のところをご覧ください。

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

また、担当の方(ゆうこさん)の合同共鳴参加表明募集記事(又は他の記事でも可)のコメント欄に参加表明された方は、共鳴が始まる前に、お名前を呼ばせて頂き(ニックネーム可)、スカイプのメッセージ欄にもスカイプ参加している全員(無空庵でセッションを受けている方々)が見れて、意識の中に入るように表記させて頂きます。(より繋がりが強くなります。)

ご希望の方は、ゆうこさんのブログ「J'Encore ~ 再び 私に会う 「在る」へのいざない」へ参加表明のコメントをお願い致します。

合同共鳴の際、意識を向ける対象があった方がよいという方は、下の地球の写真に意識を向けられるのもよろしいかもしれません。

地球1

その後、地球の写真に意識を向けている自分自身・意識自体(純粋な気づき)を感じてみましょう。

ダイレクトにそれで在れる方、ただそう在れる方は、それそのものとして在りましょう。

では今週も、ただひとつで在るところでお会いしましょう。

無空
今回は、セッションを受けられているHiさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

Hiさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> セッションをありがとうございました。
> 会話の中でたくさんの気付きを頂きました。
>
> ◎原初の話において、『在る』について、イメージを使って
> 説明を頂き、とても分かりやすく理解が進みました。
> 同じ質の現れであることを別の観点から認識できました。

様々な観点から認識することにより、よりトータルな理解となっていきます。

そして、ひとつであるという在るの在り方、領域においては、理解は、単なる知的理解にとどまらず、理解=実現=それそのもの でもあります。
>
> ◎①観察するもの ②観察されるもの ③観察するプロセス
> の三位一体において、①が『在る』であり、自覚の面からは①②③
> 全てが『在る』ということ、腑に落ちました。

ただひとつであるものが、意識(気づきそのもの)であるがゆえに
(または、一側面からは、気づくという働き、機能を持っているがゆえに)、
自らに気づきます

(時空を超えたところでは、ずっと気づいている、すでにそうであるとも言えますし、そこでは、気づいていないと、気づいているがイコールというか、
その両方が相対せずに在る、あるいは、溶けあって在るという言い方もできます。)。

その自らに気づいたとき(自覚)に、

ひとつであるものがひとつであるまま、

観察するもの(観察する主体)、

観察されるもの(観察される対象)、

観察するプロセスという3つが生まれます。

これも無限にあるひとつの見方でしかないとも言えますが、

ここに、宇宙の基本構造があるということができます。



そこに、すべてはただ起こっている

(意識であるがゆえに自らに気づく、別の側面からは、愛であるがゆえに自らを愛する。という自然本性による自発的なもの。
とても純度の高いもの。
自ら然りという自然なもの。
ただひとつであるものの自己完結的なもの。自己充足的なもの。
━起こっていく質については、無限そのもの、無限の可能性そのものでもある自己をどのように気づき、認識、認知し、どう理解するか、どのような理解が起こるか、その自己理解により、そこから起こっていく質も変わっていく、ということも言えます━)

のと同時に、本当は何も起こっていない

(絶対的な静止、静寂。不変そのもの。在るそのもの。絶対安心、絶対安全、絶対大丈夫。)

という視点、理解、真実を見ることができます。

(さらには、そこでは、いつも始まり、いつも終わっている。その他、永遠性、永遠の継続性なども見ること、知ること、それであることができます。)



また、ひとつであるものの真の今、時空、次元を含み超え、時空、次元、宇宙を生み出すところから言えば、

観察する主体(在る、真の自己、愛、純粋意識)から、

観察する対象(在る、真の自己、愛、純粋意識)

への意識の動き(在る、真の自己、愛、純粋意識。

━この動きは、在るから在る。真の自己から真の自己。愛から愛へ、純粋意識から純粋意識への距離ゼロ、時間ゼロへの動き無き動き。━)が、

時空として、あるいは、時空とその中身として現れた場合は、

外側へ広がる動き、あるいは、在るそのものの吐く息、プラス、

そして、意識(在る、真の自己、愛、純粋意識)が

対象(在る、真の自己、愛、純粋意識)へと届き、

そこから反転し、

対象(在る、真の自己、愛、純粋意識)の情報が、

観察するもの(在る、真の自己、愛、純粋意識)へと戻ってきて、

それが認識、自覚されるとき、

意識(在る、真の自己、愛、純粋意識)が

元(在る、真の自己、愛、純粋意識)へと帰ってくるとき、

それが、内側(自分自身という広がりが始まった一点)へ収縮していく動き、

在るそのものの吸う息、マイナスと見ることもできます。

(その他、それぞれの動きを右回り、左回り、陰と陽などという見方もできると思いますし、
一連の動きを原初の形と見ること、
動き自体を原初の波、ゆらぎ、音、言葉、色と見ること、
気づきそのもの、あるいは、自覚を原初の光と見ることもできるでしょう。
━まだ自己に気づいていない気づきそのものは、原初の原初。自己を自覚した気づきそのものが、原初の光という見方も可能。━)

在る(時空を含み超えた真の今、ただひとつであるもの)の中では、これが同時に起こっています。
>
> ◎純粋意識について、手を使ったイメージが分かりやすく、
> 個人意識がはがれた純粋意識に気付いていく方法は、私にとって
> 『在る』を認識しやすいと感じたので早速実践しています。

早速実践の姿勢、その素直さが素晴らしいですね。

意識を向けることは、光を当てること、真実そのものの放射でもあり、
ただ意識を向けるというその純粋な動きにより、真実が顕わになります。
同じ純粋なものが浮かび上がってきます。
あるいは、変わらない本質でないもの、現れた時空や記憶の中にしか存在できなもの、純粋な意識にべったりくっついていたような自我は、はがれていく、離れていき、今の中に、純粋なものだけが残る、という言い方ができます。

それ(在る、純粋意識、純粋な気づきそのもの)は、個人ではない、という認識の仕方、自覚も、何度もしてみることにより、自己理解(真の自己は、変わらない本質であり、現れたり、消えたりしている自我、個人ではない。すべてに気づいている意識である。どんなときでも変わらずにある在るであるという理解など。)を進めていくことができると思います。
>
> ◎『意識』『在る』を感じる際の側面の違いについて、
> 今回私が感じたように『意識』は頭付近で、『在る』は
> ハート辺りで感じることもあるということ、そして一つになろうと
> すると『意識』はあまり動かず、『在る』の方が近づこうとする感覚が
> 大変興味深かったです。意識にエゴがくっついていて、自身が消滅するのではと 怯えているように感じました。

よく気づかれ、感じ取られていますね。

ハートはそうではありませんが、頭の方は、自我(エゴ)もくっつきやすいので、今回のような動きになることも理解できますね。
>
>
> 共鳴の感想を下記致します。
>
> ①全体共鳴
> ・視界が白っぽくみえる
> ・ネガティブマインドがよぎった際にハートがキュッと痛く感じた

ハートは繊細ですね。
>
> ②アイコンタクト
> ・うれしい感覚を感じた

在るは、至福、よろこびそのものでもあるので、
それを感じられていたかもしれませんね。

> ・ハートが温かい
> ・視界が白っぽくみえる
> ・眉間がかゆい

浄化や活性化などにより、現れにかゆみが起こってくることもあります。
>
> ③瞑想
> ・マインドがざわざわと騒がしい
> ・目を閉じている視界裏に薄緑のような光がみえ、
> 『これも現れなんだな』と思った瞬間、『私という体も現れなんだ』と
> 腑に落ちる感覚と同時に体の力が抜けた

とてもよい感じですね。
腑に落ち度合いがよく伝わってきます。

> ・眉間がかゆい
>
> ④ハートの共鳴

> ・視界が白っぽくみえる
> ・ぼーっとただみたり感じたり気付いているような感覚

ただ在り、ただ気づいているというとても純度の高い在り方ですね。
>
> ➄立場を変えての瞑想
> ・ハートの存在を強く感じた
> ・視界が白っぽくみえた
> ・手にビリビリとこれまでの共鳴瞑想中より強いエネルギーを感じた

立ち位置の認識を変えることにより、自然な変化が起こっていますね。

> ・途中で聞こえてきた音がかわいく聞こえた

ハートが開き、愛である感じが伝わってきます。

愛であるとき、様々なものが愛おしく、また、かわいく見えたり、感じたりします。
>
> 今回も深く楽しい学びをありがとうございました。

はい、ハート、魂、そして、本質である在る、さらには、一部、浄化や抵抗的な動きもありましたが、全体的には、現れも含めた存在全体がよろこぶようなセッションでしたね。
>
> 次回も楽しみに、宜しくお願い致します。
>
> Hi

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 直前で申し訳ないですが、お送りさせていただきます。
>
> 前々回 ========================================================================

> 気持ちよかったです。
> 広がり、落ち着きを感じました。
>
> けど、悲しみ、ちょっとするどい頭頂後ろの方の?まえかも?刺すような圧迫感、> 寒さ、寂しさ、悲しさ、ハートのあたり、
> 疲れ、全身に、
> なにか強く感じました。
> それとともに、気持ちよさ、清らかさ、楽しさ、嬉しさもありました。
> (肺にもなにか抵抗の感じがあり、一回燃えるタバコやめてみるかと思いました)
>
> 体が悲しんでいるようなこの感じは前からあったのか?ここの場所に寄るものな のか?と分析したりしていました。

個のレベルの浄化の可能性もありますし、場の可能性もありますが、在るの実践、そして、共鳴により、場も変容していきますので、様子も見ながら、地道に実践を継続していきましょう。

~次回に続きます。~
今回は、セッションを受けられてるumiさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

umiさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションをありがとうございました。
> 共鳴の感想です。
>
> 悦びそのもの
> 幸せそのもの
> 無限
> 豊か、そのもの
> 穏やかそのもの
> 源、その凄み
> などを感じました。

今回も、本質的なところ、在るの様々な在り方を、
自己として素晴らしく感じ取られていましたね。
>
> 生活の中で"豊か"という一面にフォーカスが当たっているお話をさせていただきました。
> 共鳴の中で豊かさそのものを感じる、日常の中で在るに戻った時に感じる、確認する、という事はあったものの、普段の生活の中で普通に、リアルにそれがあるのは初めてです。> セッションを受けさせていただく度に、深まりが起こり、びっくりする事の連続です。

一回、一回の深まり度合い、更新度合いが素晴らしいですね。
>
> ありがとうございます。
> またよろしくお願い致します。
>
> umi

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているシトリンさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

シトリンさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先日(5月12日)はセッションをどうもありがとうございました
>
> すっかり初夏の様相ですね
> 昨日はいきなりの30度超えで、街ゆく人も半袖が多くなりました
>
> 私は季節に順応するのにゆっくりなようで、セッションの際は実は不慣れな 温度にクラクラしておりました>
> その為かセッションに割って入って来てしまう体の感覚に、モヤモヤ〜となっ てしまったようです>
> それにも気づいてだんだんと薄らいで行ったのですが、この様な事もあるの で、この時期環境作りも大切ですね

急な気温の変化は、体の方も対応するのが大変ですね。
敏感で、繊細な方ほど、体の変化も感じられると思いますので、
よりスムーズに順応していけるようさらに環境作りに気を付けられるのはよいことですね。
>
> それを踏まえて感想でございます
>
> 共鳴‥‥だんだん静かになる
>
> アイコンタクト
> ‥‥静か (体の反応に不安になり、モ
> ヤモヤとなる)
>
> 瞑想&ハート
> ‥‥‥静か 穏やか
>
> 立場をかえて
> ‥‥透き通った静けさ
>
> ニュートラル
> ‥‥白く静かなのに、舞い上がるよう
> に力強い
>
> 以上でございます

今回も、精妙で本質的なところを様々に感じ取られていて、
とてもよい感じでしたね。
相反するような質を同時に感じ取れるのは、在る(すべての源であると同時にすべて)ならではですね。
>
> 合同共鳴や日々の共鳴、あるいは一人で思考に気づき続けているときなど、 フッとセッション中に似た穏やかさが訪れる事がありますが、そうなのかしら〜

はい、そうです。
セッション中に感じられたものが徐々に日常にも浸透していきます。
>
> 無空様、今回もありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願い致し ます。 シトリン

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございます。

無空