無空庵のゼロ意識共鳴セッションは、ラマナ・マハルシ、フーマン、エックハルト・トール氏等の言及する悟り、真我、本当の自分を知る方法、悟りを開く方法、真の平和と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今夜 21時30分から22時まで合同共鳴が起こります。

意識参加自由(無料)です。 
詳しくは、無空庵第一ブログ 左サイドバー カテゴリのところの合同ゼロ意識共鳴のところをご覧ください。

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

また、担当の方(ゆうこさん)の合同共鳴参加表明募集記事(又は他の記事でも可)のコメント欄に参加表明された方は、共鳴が始まる前に、お名前を呼ばせて頂き(ニックネーム可)、スカイプのメッセージ欄にもスカイプ参加している全員(無空庵でセッションを受けている方々)が見れて、意識の中に入るように表記させて頂きます。(より繋がりが強くなります。)

ご希望の方は、ゆうこさんのブログ「J'Encore ~ 再び 私に会う 「在る」へのいざない」へ参加表明のコメントをお願い致します。

合同共鳴の際、意識を向ける対象があった方がよいという方は、下の地球の写真に意識を向けられるのもよろしいかもしれません。

地球1

その後、地球の写真に意識を向けている自分自身・意識自体(純粋な気づき)を感じてみましょう。

ダイレクトにそれで在れる方、ただそう在れる方は、それそのものとして在りましょう。

では今週も、ただひとつで在るところでお会いしましょう。

無空
今回は、セッションを受けられている宝珠さんから頂いた感想を
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

宝珠さま

感想ありがとうございました。

> 先日はありがとうございました。
> 宝珠です。
>
>
> 感想
>
> セッション第1回目
>
> 共鳴
> お腹からみぞおち部分に
> 重たく大きく在るを感じる

重厚感という感じでしょうか。
>
> アイコンタクト
> 意識が後ろに下がる

個人からの在るの方へ移行していってる感じですね。
>
> 瞑想
> 一度目の共鳴の時と違い
> お腹からみぞおち部分に
> 空間を感じる

はい、それは、重厚感があるとともに、
とても軽やかでもあります。
空間、スペースという感じもありますね。
>
> ハート
> 安心を感じる
> そして
> 無空さんに教えてもらうまで、
> 気がつかなかったのですが、
> そこには静寂がありました

はい、それは、一度気づき、認識できると、
これからも認識しやすくなります。
そして、認識する度に、それはより確かなものとなり、
また、とても自然なものとなっていきます。
>
>
> セッションの余韻が残る翌日、
> 無空さんに気づかせてもらった静寂を感じながら、ぼーっと天井を見ていました。
> すると、「ん?この空間も静寂であり、無ではないか」という考えが浮かんでき ました。

そのとおりですね。
浮かんできた考えは、在るで直知したところからの自然な流れで起こってきたものと言えますね。

> その時、意識がぐっとはっきりして、一瞬ですが、自分の中の静寂と外の静寂が 繋がった気がしました。

はい、ひとつです。

> ほんの一瞬でしたが、それはとても安心を感じる瞬間でした。

素晴らしいですね。
ほんの一瞬でも、本質的な体験は、存在全体にとても大きな影響があります。
>
>
> ありがとうございました。
> また次回のセッションよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

> 疑問や質問が出てきたのでまとめておきます。

はい、また何でもご自由にご質問ください。

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているM.Aさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

M.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。
>
> 意識 自然そのもの
> アイコンタクト 愛そのもの
> 瞑想 穏やかさそのもの
> ハート 静かそのもの
> 立場を変えて 愛そのもの
> 立場なし 自然そのもの

今回も、とても自然で柔らかく、そして、バランスがとれていて、
不動で力強く存在感があり、素晴らしい共鳴でしたね。
>
> またよろしくお願い致します。
>
> M.A

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第53回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 胸のあたりの重苦しい現れ
> アイコンタクト
> 現れの奥の流れ
> 瞑想
> 夢と現れの奥に広がる空間
> ハートの共鳴
> 現れを包む
> 立場を変えて
> 静寂と保持
> 立場なし
> 集中と俯瞰

今回も現れを感じながら、その奥に在るもの、
その在り方を様々によく感じ取られていましたね。
>
> 前回のセッションからあっという間で、理由はある程度わかっているのですが、 ものすごく疲れていたり不安になったりしていました。
> 在るの実践も忘れがちになってしまいましたが、セッションの時のように「意識 が在る」の感覚に何回でも戻るということが大事なのかなと思いました。

はい、少し間が空くので、色々な状況があると、実践も忘れがちになるかもしれませんね。
セッションでまたしっかりと感覚を思い出し、疲れや不安をクリアしていきましょう。
そして、在るの実践を習慣にしていきましょう。

> それではまたよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、お試しセッションを受けられたY.Tさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させていただきます。

Y,Tさま

感想ありがとうございました。

> 無空様。
>
>
> 無空さんとの初めてのセッション有難うございました。。
>
> 面白いことにマインドは共鳴を始める前始まったらより静かになるだろうまたは、そ
> うならなければいけないと語りかけていました。

マインドらしいですね(笑)
マインドについての理解(マインドとはどのようなものであるか、マインドの性質、マインドの本性についての理解)があると、
今回書かれてあるように、それを「面白い」と捉えることができます。

> 共鳴が始まり、逆に少しマインドがうるさくなってきました。(笑) > 頭も少し締め付けられるようでした。何か抵抗した感じでした。

覚醒、変容、成熟の過程で、そのような抵抗が起こる場合もあります。
それは、マインドの方も、ゼロ意識共鳴が本質的なものだと知っているからでも
あります。
また、浄化的にマインドが様々に起こってくることもあり、その場合は、マインドが起こるだけ起こり、消えた後、さらにクリアな状態になっていきます。

> このマインドに集中するとそれが個の私になるのですが、在るに意識すると、マイン
> ドは出ては、ただ消えていくだけでした。

はい、それがマインドの起こり方、動き、展開、運命です。
その発生から消滅は、空の雲と同じようなもので、状況により、あるいは、様々な関係性の中で、自然に生まれ、様々な形をとり、変化し、そして、自然に消えていきます。

> 思考や感情は出ては消えていき、頭の締め付けはただ感じていて、出たかったものが
> その場から出てきてるだけのようでした。

在るの立ち位置から、よく気づかれ、感じ取られていますね。
今回のように、在るの立ち位置での在り方としては、出たがっているものがあれば、ただ出させてあげましょう。
(在る、空、真我、純粋意識、静寂、平和、至福、愛、全体、自然、生命、真善美、無限の立ち位置で)在るがまま起こるがままですね。

> その場そのものは空で静寂です。在るでけです。それが真実の私と感じました。

はい、その中で、すべての現象(自然現象、在るの現象、空の現象)が起こりますが、その場自体は、静寂そのものです。
また、現象は、静寂の現れであり、静寂の躍動でもあります。
そこには、様々な音、響き、色、味わい、質感、活発さ、賑やかさ、具体的な内容、関係性等あります。
私たちは、それらを豊かに体験し、楽しむことができますが、
在る(空、静寂)の理解が進むと、それら起こってくる現象、起こっている現象も、すべては静寂に満ち満ちていて、静寂そのもの、空そのもの、在るそのもの、
すべてはひとつであること、
静寂だけがある、在るだけがある、意識だけがあることが分かります。
また、一(いち、相対的な一ではない、全体、無限、ゼロでもある)は、多(無限)であり、多は一であること、動の中に不動を見、不動の中に無限の躍動を見ることもできるようになるでしょう。
あらゆるものを深く豊かに味わい、そして、とらわれずにあることができるようになるでしょう。
真の自分自身(在る、空、意識、愛、全体、至福、自然、生命、真善美)を深く知り、それでもけっして閉じることなく、自己(未知なる自己、無限の可能性)に開かれ続kけ、さらに更新、深まり、広がり続けていくことが可能になるでしょう。

それが、今回感じられた真実の私です。
>
> このセッションはホームページを読んだ時から共鳴は始まっていました。本当の私に
> 対する疑い、マインドがたまに強くなり
> こんなはずではないと語りかけてくるのです、そして根深い思い込み屋や観念が苦し
> めることがあるのですが、なぜかこの思い込みが解放され
> 軽くなり、改めてそれを観察しているだけになり、思考の重要性ないように深く理解
> し溶けてきています。

はい、そこ(在る、空、真我、純粋意識、愛、全体、自然、生命、至福、無限、自由、平和、真善美)から出た言葉は、それそのものでもあり、それに触れた方の変容、理解、覚醒等を促す力が在ります。
そして、準備ができていればいるほど、その効果、そこから受け取るものは大きなものがあるでしょう。

ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」より、ご参考までに。

質問者 この数か月間、私は、『アイ・アム・ザット 私は在る』を読み続けて深い感銘を受け、強く心を動かされました。これらの言葉を通して、私はあなたとあなたの教えにとても強いつながりを感じています。ただ本を読むだけでも、
グルとのつながりを持つことができるのでしょうか。それとも直接会いに行かなければならないのでしょうか。

マハラジ どこにいようと、あなたが聞いた言葉あるいは読んだ言葉はその働きをするだろう。ここへ来て個人的に話を聞くことでもできるし、本で読むこともできる。もし、師が悟りを開いた人なら、彼の言葉は力を孕(はら)んでいる。

質問者 私自身の場合、まだ生きているグルの言葉を読み、その言葉が私をここへ来させ、あなたに合うように駆り立てたのです。あなたの言葉がそれほどまでに強い影響力を持っているのは、おそらくあなたがまだ生きて教えを説いているからでしょう。私は生きている師の臨在に触れているのです。では、仮に数千マイルも離れたところにいる誰かが、五十年後『アイ・アム・ザット 私は在る』にであった場合はどうでしょうか。その人があなたに出会うチャンスはけっしてないでしょう。それでも、それらの言葉はまだ変容させ、目覚めさせるだけの力を持っているのでしょうか。

マハラジ 時間と空間は真我のなかではなく、マインドのなかに存在している。真我の力に限りはない。真我の力はつねに存在し、つねに働きかけ、つねに変わらない。異なるのはそれに注意を向けようとする人々の意志と決意だ。たとえ一千年後に一万マイル離れたところにいる人がこの本を手に取ったとしても、「もし読む人がその言葉を受け入れ、吸収することができる状態にあるなら、その言葉が覚醒へと働きかけるだろう。
>
> ありがとうございました。
>
> またよろしくお願い致します。
>
> Y.T

こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空
今回は、お試しセッションを受けられた宝珠さんから頂いた感想を参考までにご紹介させて頂きます。

宝珠さま

おはようございます。
感想、そして、お振込みありがとうございました。

> 無空さま
>
> こんにちは、宝珠です
> 金曜日はお試しセッションありがとうございました。

~事務連絡につき、省略させていただきます~

> 18日20時、よろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願い致します。
>
> 先日の金曜日は気がつけば、1時間40分も話してしまいました。
> 本セッションは、さらにあっと言う間ですね。

そうですね。
でも、中身は濃いので大丈夫です。
そして、在るは時間を超えていますので、
共鳴中は、時間感覚なども変わってくるかもしれません。
また、はじめのうちは、質問等色々出てくるかもしれませんので、
あまり時間を気にせずお話しください。
時間の方は、余裕をもってとっておきますので大丈夫です。
>
> 翌日、在るに意識を向けて見たところ、在るを目の前に感じました。しばらくそ のままでいると、額から在るがふわぁ〜と流れでてきて、体全体が包まれたよう に感じました。

色々体感が出てきて、よい感じですね。
>
> ふと、無空さんの「在るはどこにでもありますよ」って言う言葉を思い出しました。
> その時、外で小鳥の囀りが聞こえ、さらに人が作業している音が聞こえました。
> ここからは想像ですが、えっ、小鳥も在るの一部?えっ、外で作業しいる人もこ の在るの中にいるの?だとしたら、この世界は私の妄想?などと思考が色々喋り だして、その日は訳がわからなくなりました~_~;

はい、訳が分からなくなるのもよいことです。
(真我の視点からは、「この世界は幻想」というのは、よく言われていることではあります。無空庵では、幻想というよりは、現象、自然現象というような表現、捉え方をしております。)
これまでの(マインドで)「知ってる状態、在り方、理解、立ち位置」から、在るの視点、そして、在るの視点も含まれたトータルな視点からの「知ってる状態、在り方、理解、立ち位置」へとシフトしていくときには、一時的に、そのような状態(訳が分からなくなる)になることがあります。
>
> さらに翌日も在るに意識を向けてみると、今度はお腹から、在るが湧き出てきた 感じがしました。

在るが、宝珠さんにとって、必要なタイミング、必要な場所、必要な順序で活性化してきていますね。
(これも在るの現象、自然現象、自然の計らいです。)
>
> 土日は、意識だけ飛んで行く変な夢をみたり、みぞおちがとても重たくなったり しました。でもこれは寝たら治りました(>人<;)

(*^^*)

> 余計な力が入っていたのかも知れません。

そうかもしれませんね。
または、何かしら浄化が起こっていたのかもしれません。
>
>
> その後、疑問が生じたのですが、在るに意識を向けるのと、意識に意識を向ける のと、どう違うのかしら?と。
> また金曜日、教えてください。

はい、金曜日にお応えしましょう。
(無空庵としては、「答え」というよりは、何かしらのアクション、刺激、接触、関係性、必要性等に、「応じる」という在り方をしています。)

今回のご質問に関して、少しだけお話しさせて頂きますと、在るも意識も基本同じものですが、ひとつの表現をすれば、意識、あるいは、注意を向ける角度、方向が違うということができます。
4つの共鳴と同じように、同じ在る(真我)をそれぞれ違った角度、側面から刺激している、活性化させている、感じてみている、そのことにより、在るの一側面だけでなく、様々な在る(真我)の質、側面、在り方等を開き、活性化させ、在る真我)をよりトータルに知っていくことが可能となります。
(もちろん、一側面から進んで行っても、在るを限定したり、閉じたりしなければ、他の側面も自然に開いてきたりします。)

例えて言えば、何か物体を見るときに、前から見るのと、横から見るの、さらに、上や下、後ろや斜めから見るのでは、それぞれ違ったように見える場合があります。
触れてみても、物によっては、それぞれの箇所で、それぞれ違った感触があるかもしれません。
食べ物でも、どこから食べ始めるか、味わい始めるかで、味わいが違う場合もあります。

在るには、無限の質、無限の側面、無限の在り方があります。
在るをよりトータルに知っていくために、多くの方にも、比較的分かりやすく、意識を向けやすい二つの視点(在ると意識)から、アプローチをして頂いております。
もちろん、そのうち実践しやすい方を中心に進めていって頂いてよろしいのですが(それでも、前述のように、マインドで在るを限定していなければ、他の側面も自然に開かれてきます。)在るの無限の可能性を限定したり、閉じてしまわないよう、そして、常に「開かれて在れるように」サポートしています。

まだ始まったばかりですから、意識と在るを同じに感じられても全く構いません。(場合によっては、ずっとそれでもOKです。)
同じものですので、当然でもありますし、逆に、しっかり意識を向けられている
証拠にもなります。
現れの世界のどのような実践でも同じ傾向があると思いますが、
実践を重ねれば重ねるほど、それはより洗練されていき、はじめは見えなかったものが見えるようになってきたり、認識力、識別力等が増してきます。
感じる世界が広がり、深まり、厚みを増し、より豊かになっていきます。
その豊かさは、自然に現れにも浸透していきます。

在るの場合は、より精妙な領域を感じれるようになったり、識別力等も増していきますが、同時に、それぞれの質、在り方、側面と言っていたものが、それぞれに全てであり、全てを貫いていて、それぞれの側面、それぞれの全てがひとつであるということも分かってきます。

すべては、意識である、
すべては、在るである、
すべては、愛である。

愛だけがある
意識だけがある、
在るだけがある。

識別力と、ただひとつであるものを見る力、感じる力、そして、それである力、それを実現する力、在り方、理解が、ゼロ意識(在る)共鳴と日々の在るの実践により、養われていきます。

今は、同じに感じられても、シンプルに、在ると意識の両方を実践してみてください。

それでは、また金曜日にお会いしましょう。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第377回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「ただひとつであるものそのもの」、「ひとつ度合いが増した感じ」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「ただひとつであるものそのもの」、「ひとつなんだ」を感じました。
>
> 瞑想では、「ただひとつであるものそのもの」、「多様であることの素晴らしさ」を感じました。

ただひとつであるものを知っていると、多様の素晴らしさをさらに感じることができますね。
>
> ハートの共鳴では、「愛の圧力」を感じました。

はい、確かにこのときは、(愛が)圧力という感じで起こっていましたね。

在り方の深まり、更新が、起こるもの、起こり方を引き出している、とも言えます。
>
> 立場を変えての共鳴では、「(現れの)すべては通り過ぎていくだけ」を感じました。

本質の視点ですね。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「何も変化しない」を感じました。

不変不滅の“それ”ですね。

多くの場合、変化の方に意識(そして、期待も)が行ってしまいますが、

本質を知っていると、「何も変化しない」、「何も起こっていない」ことに

意識が向き、その素晴らしさを感じることができます。

(そこには、静寂、平和、安心安全、確かさ、堅固さ、本質、さらには、愛、真善美、潜在する躍動等が、それそのものとして在ります。)

今回も、全体的にさらに深まり、更新された素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 自然度合いが増しているのを実感しています。
>
> 分離があるように見えても、見えなくても
>
> 反応が起こっていても、起こっていなくても、
>
> より区別なく感じられています。

理解のさらなる深まりが感じられます。

真の理解が、すべてをひとつにし、そして、

ひとつであるものをさらにひとつにしていきます。

愛をさらに愛にしてきます。

(愛の拡大、深まり、さらなる更新、開かれ等)

自然をさらに自然にしていきます。

増している自然度合いとは、在るの度合い、在るがままの度合い、

在るの自然な実践度合い、在るの実現度合いとも言えます。

在るの浸透がさらに精妙に進み、自然度合いだけでなく、

ひとつ度合いも増し、愛であることもさらに深まっているのが感じられます。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今夜 21時30分から22時まで合同共鳴が起こります。

意識参加自由(無料)です。 
詳しくは、無空庵第一ブログ 左サイドバー カテゴリのところの合同ゼロ意識共鳴のところをご覧ください。

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

また、担当の方(ゆうこさん)の合同共鳴参加表明募集記事(又は他の記事でも可)のコメント欄に参加表明された方は、共鳴が始まる前に、お名前を呼ばせて頂き(ニックネーム可)、スカイプのメッセージ欄にもスカイプ参加している全員(無空庵でセッションを受けている方々)が見れて、意識の中に入るように表記させて頂きます。(より繋がりが強くなります。)

ご希望の方は、ゆうこさんのブログ「J'Encore ~ 再び 私に会う 「在る」へのいざない」へ参加表明のコメントをお願い致します。

合同共鳴の際、意識を向ける対象があった方がよいという方は、下の地球の写真に意識を向けられるのもよろしいかもしれません。

地球1

その後、地球の写真に意識を向けている自分自身・意識自体(純粋な気づき)を感じてみましょう。

ダイレクトにそれで在れる方、ただそう在れる方は、それそのものとして在りましょう。

では今週も、ただひとつで在るところでお会いしましょう。

無空