SNaさん体験談・他

ここでは、「SNaさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているSnaさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

SNaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> いつもありがとうございます。
>
> 今日の共鳴は、楽しかったです。
> 自分の中に、いろんなものが息づいて開かれてくる感じで、
> もちろん全部よく知っている感覚なのですが、
> でも忘れている感覚でもあったりして・・・。
> 普段の生活の中でのいろんな状態、というのは、
> 実はそれそのものが「共鳴状態」でもある、
> つまり「何に共鳴しているか」、によってその時々の状態が作られる、
> と思うのですが、

そうですね。

> そういう生活の中で普段は忘れている感覚が、くるくると移り変わりながら
> (光が虹彩を放つように)次々と沸き起こってくるような感じがありました。
> 言葉というものが、そういう「自由で生きている感覚」に、全くついてゆけない、
> しゃべるためには、その感覚をいちいち止めて、固着させなくてはならないなぁ、
> と感じさせられました。
> 話すということは、過去を持ち出す、ということだ、といったようなことを、
> そういえばOshoがいつも言っていたことを思い出します。

そうですね。
また、在るについて話されるときは、それを感じながら話されるようにすると、
リアリティ、生き生き感を感じることができると思いますので、試してみてください。

また、共鳴中に起こったことではなく、あるいは、その他に、
今何が起こっているのか(何も起こっていないことも含めて)、
今、どんな感じなのかを実況中継的に話してみて頂くのもいいですね。
(それでも、今回のような感じだと、ついていけないかもしれませんが。)
>
> それと、「ムキになる」、というのは自分にとりまして、結構大きな気付きであったように思います。
> 自分の「状態」を失ってしまうのは、「ムキになる」からなのだ、と・・・。(笑)
> 自我の感覚がでてきたときに、それといっしょに「ムキになる」のが時々出てきて、
> 巻き込まれて何も見えなくなるのだ、と・・・。
> そう気付いてみると、思い当たることがもう、有り有りで・・・。
> 「見えなくなる感覚」、とは、自動的にスイッチが入って「ムキになった時」だったのか、と。
> 先ほどとは別の意味で、これもものすごく「よく知っている」感覚でした。
> ああ、これか、と。
> なじみがありすぎて、その存在に気付いていないくらいに・・・。(笑)

大きな気づきがあってよかったですね。
気づいたところから徐々に変容が促されていきます。
>
> でも、こんなことは、共鳴の時間中にはお話すべきではないですね。
> 言葉にすると、全部過去のことで、それに「今」を使わなきゃならなくなるので・・・。
>
> そんなことを感じました。

起こるがまま、感じるままに。
>
> ―――どうもありがとうございました!

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているSnaさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

SNaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> いつもありがとうございます。
> 2016年2月3日セッションの感想です。
>
> 今回は、オリオン、プレアデス、シリウス、といった宇宙の星や宇宙人が、
> 実は自分の内側にある世界ではないか・・・、という気づきをお話したく、
> なんだかお話して分かっていただける感覚が楽しく、ちょっとハイな感覚でした。

すべては、在る、真の自己(純粋な主観性)の内にあります。
その上で、あるいは、その中で、関係性(自分と誰か、自分と何か等)が起こってきます。

最もシンプルな関係性は、自分自身(真の自己)との関係性、

時間ゼロ、距離ゼロ、何も起こらない、ゼロ思考、愛、全体そのもの。

(関係性そのものが愛です。すべての関係性は、現れた在る、現れた愛です。)

そこにすべての時空、すべての次元、すべての宇宙、すべての自然現象、すべての思考、感情等が

含まれています。

そこからそれらすべてが起こってきます。

あるいは、その中で、すべてが起こっています。
>
> そんな感じで、アイコンタクトでは、何か物事を深く見通す明晰さ、
> という感覚でしたが、その感覚とハイテンションな感覚が少し干渉してしまい、
> 気づきをお話したいような欲求が上がってきて、
> 途中で気が上に上がったのを感じました。
>
> それで、次のゼロポイントに移ったのですが、
> そうなると、余計に「気が上がった」感覚が浮き彫りになってしまい、
> ちょっとお腹に落とそう、と「あり方」を少し意識的に変えました。

起こっていることをとてもクリアに気づかれていますね。
>
> すると、笑ってしまうくらい見事に、それまでの気づきやらハイテンションやらが、
> 「どうでもいいこと」、となってしまい・・・。(笑)
> 全部忘れて、何もない静けさに落ちました。
> そのギャップが、結構内心、笑えていました。

在り方により、在る世界、感じる世界、体験する世界がまったく違ったものになります。
>
> 今回は、なんだかいろいろ楽しかったです。

楽しかったですね。
今回のような純粋に楽しい感じは、在るの素晴らしい在り方のひとつです。

> どうもありがとうございました!!
>
> SNa

ありがとうございました。

無空