そらさん体験談・他

ここでは、「そらさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたそらさんの体験談(2012年8月18日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のそらさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回はセッションを受けられているそらさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

そらさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
>
>
> いつも大変お世話になっております。
>
> 第11回目の感想をお送りします。
>
>
>
> セッションでは、全体がとても親和的な状態に包まれており、
>
> 一つ一つの共鳴において、それぞれの質がクリアで
>
> 瞬時に深みに達するような、信頼と安心感の上に成り立つ
>
> 集中力を感じました。

そうでしたね。

>
>
>
> しばらく前から起きてきていることとして
>
>
>
> 「マインド」というものがどこを見渡し探しても認識できません。
>
> マインドが落ちるとか、ノーマインドとかとは違っていると思います。
>
>
>
> マインドというものがかつて一度もどこにも存在していなかった。
>
> 存在したことがなかった。存在自体が不可能だという直接の体験、
>
> 直接の理解が起きていて、それはかつて起きた同様の理解に
>
> 生を重ねる度に質が伴い、何巡目かの美と深みを携えたものです。


一元性の深まりですね。
>
>
>
> 誰かがそれをオールマインド、オールエゴと名付けても構わない。
>
> とにかくそこにはもう境界がないのです。全ての識別は溶け去り
>
> ただ一つだけが可能です。

はい。
>
>
>
> 今この瞬間の生の質それがためのすべて。
>
>
>
> ただ生きるに十分なだけの確認が起きたなら、
>
> わたしは世界に入って行ける。
>
>
>
> 世界に住み世界に根付ける。
>
> 生に寄り添い、今共にある全てを愛する。愛せる。
>
>
>
> それに寄り添い理解を示して下さる無空さんに
>
> 存在から感謝が溢れています。
>
>
>
> 本当にありがとうございました。
>
>
>
>
>
> そら

ありがとうございました。

これからも寄り添い、理解を示し続けてきましょう。

無空