セルムさん体験談・他

ここでは、「セルムさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたセルムさんの体験談(2013年4月28日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のセルムさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

セルムさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> こんにちは
>
> セルムです。
>
> いつも、大変お世話になっております。
>
>
> 前回の報告をさせていただきます。
>
>
>
> 「意識共鳴」と「ハートの共鳴」の違いについて,質問させていただきました。
>
>
> Q1 違いはなんですか?
>
> ・「意識共鳴」ではなく,「共鳴」(「意識共鳴」とは,受講者の誰かが言い出したものとのこと)

意識共鳴と言っても、もちろん間違いではありません。
>
> ・「在る」にはいろんな側面があり,「ハートの共鳴」であれば,そのハートの部分の活性化

ハートの部分という表現になってしまいますが、それ自体で全体でもあります。
>
>
> Q2 受ける時は、どこに力点をおくべきですか?
>
>  「最初に『これからハートの共鳴に入る』という認識があれば良いです。あとは起こるがままです(どうやって受けるか?とかはないです)」
>
> 『意識』に意識を向けるのと,
> 『在る』に意識を向けるのと,
> 『愛』 に意識をむけるのとでは,
>
> それぞれ感じ方が違うと思います。
>
> まあ,同じものともいえますが。
>
> そこはもう,マインドのレベルではないです」
>
> とのことでした。
>
> アタマでは理解不能ですが,感触がわかりました。
>
> ありがとうございました。
>
>
>
>
> 受講を始めてちょうど一年が経ちました。
>
> だいぶ日常が楽しく,そして軽くなってきたように感じています。

ご事情で、途中から受講ペースが落ちてしまいましたが、

それでも、真摯に日々の実践と受講を継続されてきた成果が出てきていますね。
>
>
>
>
> ・共鳴
>  ベース(在る)から観てる
>
>  また共鳴に入った途端に,水の「チョロチョロいう音」が聞こえていました。
>
> 「まあ,不思議は不思議のままにしておきましょう」
> という無空さんのお言葉でした。
>
>  そうします(笑)

聞こえるものは、ただ聞こえます。
聞こえるときに、ただ聞こえます。

それ以上もそれ以下もありません。

ただそうである、です。

気づいたら(それも自然に起こるものであるとも言えますが)、
観てる、聞いている主体(在る)の方に、注意を100%戻し、
“ただ”それそのものであるという在り方を自覚してみましょう。
>
>
> ・アイコンタクト
>
>  「コメントの時に,良いことがいえなかったら,どうしよう?」
>  というおなじみの不安がまた起こっていたのですが,
>
>  それを
>  「かわいいものだなぁ」
>  と観ていました。
>
>
> 「とても良いですね」とのことでした。

マインドを愛おしく、かわいくみることができるのは、
在る(愛)の立ち位置に在るからですね。
>
>
> ・瞑想
>
>  風邪が頬に当たったり,低周波の振動が起こっていたりと,
>
>  「現れの世界は,『多様』で豊かだなあ・・・」
>
>  と観ていました。
>
>
>
> ・ハートの共鳴
>
>  時間がない

超えて在りましたね。
>
>
> ・立場を変えての共鳴
>
>  誰にでもなれる

誰でもないものは、すべてのものでもあります。
>
>
> ・立場なしの共鳴(ニュートラル)
>
>  静止
>
>  ただ多様の世界が起こっている
>
>  (水の音が急に強くなりました)
>
>
>  「不思議は不思議のままで」とのことでした。

そのままにしておきましょう。

在るは、何もしません。

ただ在るだけです。
>
>
> ありがとうございました。
>
>
> 明日のセッションもどうぞよろしくお願いいたします。
>
>
> セルム

こちらこそよろしくお願い致します。

無空