リーラさん体験談・他

ここでは、「リーラさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたリーラさんの体験談(2013年11月23日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のリーラさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているリーラさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

リーラさん

感想ありがとうございました。

> 69回目共鳴感想
>
>
>
> 浄化激しいまっただ中の共鳴でした。
>
> 私が、思考をいちいち、どんなことを感じているか、
>
> 気持ちはどんなものか、感じてから
>
> 真我に「在る」に戻るようなことをしているのがわかったと話しました。
>
> ネガティブな気持ちが出てきた時に
>
> ぱたんと蓋をして、感じたくないから
>
> 真我に戻ることをしていたことに気付いて
>
> それをやめたのはいいのですが、逆にふれてる感じです。
>
>
>
>
>
> 無空さんから、
>
> 「見ようとしなくても、見られる。気付かされる。
>
> 今までのスピリチュアルでは『よく見る』必要がある、

それは、個人体験のプロセスの中では必要とも言えますが、

(その方自身の自然な必要性、プロセス等から見ないようにしてきたものが、

見られる時期が来た時に、よく見た方がよい、というアドバイス等に

出会うことはあります。ただ、在るのしっかりした立ち位置から、

気づくだけでも十分であるとも言えます。

在るの立ち位置からは、必要なだけ気づかれ、見られるということが

起こります。)

必要なときには、在るから『よく見る』が自然に起こりますし、

おっしゃられていたように、ときには、よく見ることで、

それを強化してしまうこともあります。

また、『よく見る』を繰り返し行うことで、

「する」の主体である個人の立ち位置をより強固なものに

してしまう可能性もあります。

(個人がより強くなってしまう可能性もあるということですね。

━その他、「する」を目いっぱいやりきって、落ちる、

どれだけやっても切りがないなどと気づき、静かになる

という場合もあります━

無空庵では、ある意味、最小限の「する」である、「在るに意識を向ける」、

「気づいたら在るに戻る」を実践して頂いていますが、それは、

「する」を使うことにより、「在る」へと移行できるため、

個人の立ち位置から、在るの立ち位置へとシフトできるために、

その実践を行って頂いております。)

また、すべてにそれを行っていたのでは切りがありません。
>
> 蓋をしてしまうと
>
> 思っていたかもしれないが、
>
> 『ほおっておく』

起こるがままということですね。
>
> 『脇におく』それくらいのスタンスで。
>
> 意識の中にあるが、焦点をあてない。
>
> 思考の意味は気にせず、
>
> なにがしかの思考があるなぁ、というくらい。
>
> 雲はあるが、雲の形がどうかまではいらない。

あまり詳細なところまで見ようとしなくてもいいですね。

必要なときは、必要なだけ気づかれます。
>
> そうしていても必要なものには気付かされる。
>
> 今の状態は「浄化」という理解をもって
>
> 『そのままに』『流す』
>
> なんとかしようではなく」
>
>
>
> 私が、個人の立ち位置で選択をしていることについて
>
> お話しましたら、
>
> 無空さん
>
> 「決めなくてはいけないことは
>
> 『決める』が起こって来る。

能動的にあるのが自然なタイプ、

より受動的な在り方が自然なタイプというのはあるかもしれませんが、

在るのひとつの視点として、持っていられるといいですね。
>
> 個人の立ち位置だと気付いているのが真我。

気づいていれば、個人は起こっているものとなり、

とても自然なものとなります。
>
> 個人の立ち位置、私が決めたことも、
>
> 「この仕事をやろう、やらない」という思いも
>
> 差し出されたもの。
>
> 選択もまた起こっている。
>
> 個人の立ち位置も自然なもの。
>
> それとは別に『在る』がある」
>
>
>
> 深いお話でした。
>
> そして、今朝はどうしようもない激しい浄化が起こり、
>
> そのあと、
>
> 自分の中の光とつながり
>
> いる次元がかわりました。
>
> 「今ここ」それは
>
> 過去の延長ではない、新しい場所なんだと
>
> 痛感しています。

はい、それはいつも新しく、新鮮であり、神聖でもあります。

深い実感を伴った素晴らしい気づきが起こりましたね。
>
>
>
> いつも、ありがとうございます。
>
>
>
> リーラ

ありがとうございます。

無空