MA(mako)さん体験談・他

ここでは、「MA(mako)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたMA(mako)さんの体験談(2014年5月13日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。
それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のMA(mako)さんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回はセッションを受けられているMA(mako)さんから頂いた感想と無空の返信
を、参考までにご紹介させて頂きます。

makoさま

感想ありがとうございました。

> 無空 さま

> いつもありがとうございます。

> 手つかずの自然は、予想もいらず
> これでいいが起こる。

> 本質のみの、自身。

> 例えですが、
> もし、ひっかかりがあるとしたら、ひっかかりを十分に受け止める(が起こる)
> もし、暗闇があるとしたら、十分に暗闇とともに(気づいて在る)

> そのように、包容が(実感をともなうゆるみ)とともに、ただ在れたら、ただ観。ただ在る。

> 適切さがとても自由です。

とてもよく伝わってきます。

> どうも問題とされるものはなく、起こるだけです。
> それが、探究でも更新でもなんでもよく、統合も、受容も
> 名がやはりつかなず、

> 最も古い新しい古が、その時の今であります。

> 随分以前に、「真我にしか・・」とお話しさせていただきましたが
> 継続セッションにより、ここまで浸透が起こり、

> 起こる(愛)
> 在る(愛)

> 実は何も起こらず(愛)

> 普遍・自然を沈黙としてしか現せません。

> 源からの点在

> 禅定

> そう言葉は起こり、消えますが、
> 気づいていることに間違いはない
> 気づいていることが、光があたることであり
> そこに、花が咲くことも(咲かないことも)
> 起こることも起こらないことも

> 探究かもしれないし、更新かもしれない・・どれでもいいそういうことより

> 在る

はい。

> 在るであり、在るに戻る自由さ。
> 本質の大きさが勝ります。

> あるがまま、起こるがままの自然さ。
> その自然さが、多様な現れ方でよし。
> (必要なことが、自然になされているだけ)
> いつの間にか統合や受容がなされていく。

> そしてそれには我関せずのような感じです。

> はみ出すものはないと、いう表現の起こってくる源。
> 計り知れない大きさの顕現。

> 在る、在る(個も生きる)です。

> このところ、会話等のことでなく、沈黙・無で
> また、名がつかないとお伝えしておりましたが、

> 源からの現れは、これでいい。
> 喜怒哀楽すべて、同じです。

> この手つかずが、透明。

そうですね。

> いつの間にかの「真我にしか無理なんです」の浸透
> 以前の共鳴時の「真我の共振」

> ここ2・3月かけての理解の浸透。
> 自然の含まれ、尊びが、源を通じて、それ自身から起こります。

> 「直知」の奥行、あらゆる行き渡り

> これもなかなか限りのある表現、どうしてもつたない表現となりますね。

いえいえ、十分に伝わり、響いてくるものがあります。

> 在るの無限性の少しだけの、精一杯の現しです。
> 継続のたまものに、ありがたさが染み渡ります。

> 以上です。

> いつもありがとうございます。

> mako

ありがとうございます。

無空