pariさん体験談・他

ここでは、「pariさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたpariさんの体験談(2011年8月29日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

************

無空庵でも、参考本としてご紹介させて頂いている本の中に、近年のインドの覚者ニサルガダッタ・マハラジの「I AM THAT 私は在る」があります。
彼の真我に在る絶対的な態度とそこから起こってくる知性には、本当に素晴らしいものがありますが、そのニサルガダッタ・マハラジの「I AM THAT 私は在る」の中の言葉を、分りやすく辞書形式にされている「ニサルガダッタ・マハラジ辞書」というサイトがあります。
すでにご承諾を得て、リンクのところに加えさせて頂いていますが、先日、セッションを受けられている蓮さんのご縁で、その「ニサルガダッタ・マハラジ辞書」等のサイトを運営されているpariさんが、無空庵のセッションを受けられました。
今回は、そのセッション後に、pariさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。


pariさま

メールありがとうございました。

> 無空さま
>
> (セッションをお贈りくださった蓮さんにもCCさせていただきます。)
>
> pariです。
> 昨日は共鳴セッションをありがとうございました。
>
> サポートしてくださる無空さんが画面の向こう側にいるというだけで、自分のなかに起こる瞑想が確かに普段とは違うものになることを感じさせていただきました。

しっかり共鳴が起こっていたということですね。

> ほんの片鱗をかいま見させていただいただけですが、共鳴セッションというもののパワーを感じることができました。
>
> マインドのなかに何も思考が起こっていないとき、それが「それ」だと承認していただいたこと、とてもありがたかったです。

そうですね。
すでにその状態にあっても、それがそうだと自覚することが大切です。

> あとはただ、その状態に意識的に気づくようになること、そしてそれに注意を向けることで、その状態を安定させていけばいいのだと教えていただいたと理解しています。

はい、その状態はかなり頻繁にあるでしょうから、それがそうであるという認識で、気づいているということが大切ですね。
それを重ねていくと、それに対する理解も深まり、それが本当の自分であるという受け入れも進んでいくと思います。
また、先日のセッションでもお話しましたが、ニサルガダッタ・マハラジの本の記述などと照らし合わせながら行っていくと、より理解も進んでいくと思います。
>
> 今日、ちょうど注文してあった『恩寵の扉が開くまで 完結編』がamazonから届きました。
>
> 自分では『恩寵の扉が開くまで I』を注文したつもりでいましたが、届いたのが『完結編』だったので、それはそれで良かったのだろうと思っています。
>
> いま、読み終えたところですが、キヨタカさんの正直な叙述を読んで、夢のなかの人格とは本当にひとりひとりまったく別のプログラミングをもっていることを改めて強く意識させられました。

そうですね。
フーマンの3冊の中では、Ⅱが一番お勧めです。
フーマンの個人セッションをそのまま書き起こしているような状態ですので、
共鳴セッションを受けているような感じで、自然に、それ(真我)へと導かれるような
感じになります。

リーラスペースさんのサイトにも、
かなり内容が載っていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

http://leela.jp/grace/part1/index.html

> わたしは、ニサルガダッタを読むことがとても自分に向いていると、今更ながらに感じています。

私もニサルガダッタは、とても好きです。
>
> これからは、蓮さんに共鳴セッションしていただけることになっています。

はい、蓮さんもとても素晴らしい方ですので、楽しみにしていてください。

> 共鳴セッションのことは、蓮さんとの何度かのメールのやり取りのなかで、わたしのほうからお願いしたことでした。
>
> わたしが自分のマインドでの理解をシェアしているように、蓮さんにも共鳴セッションをシェアしていただけないだろうか、と。
>
> 蓮さんにご快諾いただいたというわけです。
>
> マインド一点張りの人間でしたが、ここにきてずいぶん静けさに向かっているような感じがしています。

とことんマインドを働かせることで、成熟されてこられたのだと思います。
これからは、マインド・個人のいない静けさへと確立していく時ですね。
>
> そういうこともすべて、夢のなかの運命であり恩寵であるのかもし
> れません。

一人一人の夢は、とてもユニークで、それゆえどれもが素晴らしいですね。
>
> いつかまた、時節が調えば無空さんに是非セッションをお願いしたいと望むようになるかもしれません。
>
> そのときは、もしご都合がつけばよろしくお願いします。

はい、こちらこそよろしくお願いします。

> まずは、お礼まで。

> ありがとうございました。

ありがとうございました。

無空