SHさん体験談・他

ここでは、「SHさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたSHさんの体験談(2011年11月13日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のSHさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているSHさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

SHさま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
>
> こんにちは。
> さきほどはセッションありがとうございました。
> 前回から大きな浄化が起こっていて、感想も書けないまま
> 今回のセッションを迎えることになりました。
> なので合わせて書かせていただきますね。

はい。

> ■第14回セッションの感想
> しょっぱなからネット回線がつながらないというトラブルから始まりました(笑)
> 最初はスカイプがおかしいんだと思い「そのうちつながるでしょ」と
> 慌てず落ち着いて待っていたのですが、あまりにも長いため
> あれ??と確認したら、こちらの回線トラブルということが発覚!
> というわけで慌ててつなぎなおして、やっと開始できましたが、
> 15分から20分遅れになってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。
>
> そんなこともあり、久しぶりに「ダメダメな自分」が出てきて
> 今思うとセッション中もそこに捉われていた気がします。
> セッションの内容をあまりよく覚えていませんでした^^;
>
> そのまま日常へ戻りましたが、マインドに巻き込まれるというか
> 気付くことに抵抗があるというか、そんな感じで過ごしていました。

この頃から浄化は始まっていたかもしれませんね。
>
>
> ■第15回セッション感想
>
> 在るに戻れない自分がいて、ダメダメなままセッションを受けることになりました。
> 正直にそのままお伝えすると、「そこに気づいていればそれで大丈夫です」
> とおっしゃっていただき、涙があふれてきました。
> 抵抗していることさえ認めてしまう在るの存在こそ愛なんだなぁと
> 感動していました。

在るは、そこから現れているすべてを認め、愛しています。
その存在の愛を感じられたようですね。


> わかっていたつもりなのに、○○だからダメだといつのまにか
> 自分をジャッジしていたんですね。
> マインドの抵抗に抵抗していた自分に気づくことをお伝えすると
> 「よくあることですね。マインドは見事です」
> とおっしゃって、思わず笑ってしまいました。
> マインドは巧妙ですね。
> でも「浄化が起きてきたのは、前回やその前にかなりクリアになっていたせいかもしれませ
> んね」と言っていただき、少しは進んでいるんだとほっとしました。
> 進むとか進まないという判断もマインドなんですけど(笑)

進んでいるのを確認するのは、とてもよいことです。
判断ではなく、確認、または、認識です。

また、マインドだから悪いということはまったくなく、ただマインドである、というだけです。

> アイコンタクトでは、だんだんマインドが溶けていくイメージがあって
> だんだん深い所に入っていくと、何も動かない、微動だにしないことに気づきました。
> 在るはただそこにあるだけなんですね。

そうですね。

> 瞑想では、自分の体が押されて後ろに行き、崖から落ちるイメージが出てきました。
> そのままにしていると、いつの間にか「自分」がいません。
> そこには何もありませんでした。

本当は何も問題はないということですね。


> ハートの共鳴では、起きてくる事がすべて愛なんだなぁという実感がありました。
> カラスが鳴くのも、風が吹くのも愛なんだと。

源が愛そのもの、100%愛ですから、そこから起こるものは、すべて愛の現れです。

> 始めての立場を変えての共鳴では、少し緊張しましたが、それもそのまま受け入れて
> ただ在ることに意識を向けていると、なんとなく開いた感じがしました。

在る(真我)は、すべてに対して開いていますからね。

> 今思うと、それまでよりクリアな感じがしたかもと思いだしています。

感覚が強まるというのは、多くの方が実感しているところですね。

> 今回もまた大きな気付きをありがとうございました。
> また次回もよろしくお願いいたします。

SH

こちらこそよろしくお願い致します。

無空