M.Uさん体験談・他

ここでは、「M.Uさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたM.Uさんの体験談(2011年10月19日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のM.Uさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているM.Uさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

M.Uさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 12回目のセッションの感想を送ります。
>
> 本日はありがとうございました。
>
> 病気になってしまって落ちこんでいましたが、いろいろアドバイスありがとうございました。

以前からあった症状の原因が分ったようですが、病名がつくと急に落ち込むのがマインドですね。

症状、状態はありますが、ある意味、病名がついてはじめて病気になるとも言えます。

(マインドが病気であるという分類をする。それぞれが持っている病気という概念、観念が、
マインド、気分、感情、体に影響する。)
>
> まだ、動揺のさなか、セッションもマインドにひっぱられっぱなしでした。
>
> 共鳴は、雑念が起こっては、わき、して、胃の方に意識が向いていました。
>
> それでも、空っぽの感覚とか少し湧きあがっていました。
>
> アイコンタクト
>
> ざわついたり、私今なにやってんだろうという感覚がでてきました。
> 無空さんが2重に見えたり、かすんでみえたりしました。

視覚的な変化は、意識がそれ自身に向いてきていて目覚めている時などに、
起こってくることがありますね。
>
> 瞑想で、やっと真我に戻ってこれました。
>
> ある、私、変わらないという感覚が出てきて、悩みからやっとぬけれました。
>
> 涙があふれ、至福に包まれていました。
>
> お帰り~って言われたような嬉しさがやってきました。
>
> 病気の恐怖が消えていました。

恐れはすべてマインドの中に在ります。

真我は至福そのものです。
>
> 「ある」を確立させる重要さを感じました。ここのところ、マインドに巻き込まれて苦しんでいましたが、やっと抜けれました。
>
> 一歩一歩前に進んでいけたらと思ってます。
>
> 真我に戻るとただ、幸せと至福しかないのが改めて実感しました。
>
> 病気によって気づかされた感じです。

「在る」に確立していきましょう。
>
> 今日はこんなところですありがとうございました。

ありがとうございました。

無空