■個人セッション体験談・他

ここでは、「■個人セッション体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているイギーさんから頂いた感想と
無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

イギーさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 前回のセッションの感想を送ります。
>
> 共鳴
> 微妙な緊張に気付く

静まっているからこそ気づけますね。
>
> アイコンタクト
> 画面上に何度も「インターネット接続の問題」というメッセージが現れ、それが気になる。また、気にしている事に気付く。

何かが起こったり、現れたりするとそちらに注意が向くことは自然なことです。
気づきがしっかりしていると、今回のように、そのことに気づけます。
>
> 瞑想
> マインドに気を取られたり
>
> ハート
> 微細と言えば微細だけど、地味でもあり、もっと刺激の強いものを求めるマインドの動きを感じる

それも今のマインドの自然な動きです。
ただ(肯定し、)気づいて在りましょう。
>
> 立場を変えて・立場なし
> 滞っているエネルギーを感じる

自分自身、現れも含めた自分自身全体に注意が向くことは大事です。
それにより今の状態、在り方に気づき、自然に気づきや浄化、正されること等が起こるよう促されていきます。
>
> セッション後は、滞っていた感情エネルギーの浄化などが起こっていました。

気づきの力ですね。

> 地道に続けます。

はい、その不断の姿勢が素晴らしいですね。
>
> ありがとうございました。
>
> イギー

ありがとうございました。

無空

今回は、セッションを受けられている H.KIさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

H.KIさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
> セッションありがとうございました
> 感想が遅くなりました
> その時の録音を聞きなおして、思い出しながら書いています
>
> 共鳴の感想
> 波の様な揺らぎで心地いい
> 前半は左目が振動して何かが入ってくる感じがあり、
> 後半は表現が出来ない感じ
> ミトコンドリア繊毛運動のように細胞が運動している感じで心地いい
> 体の感覚に気づいてる  心地良さ
> バランスという言葉が浮かんで、心地いい
> 呼吸 心地いい

全体的に、今に必要なことが起こっていて、
それによく気づかれて在りましたね。
>
>
> 録音を聞きなおして、無空さんから起こった言葉を走り書きして、改めてノートに書こうとしたら
> すでに書いてあったことをすっかり忘れていました
>
> 何度聞いても、大事だと感じる箇所は同じなんだと感じながら、
> 無空さんのお話が本当の意味で聴けていないんだと思いました
> あまりにも出来事に埋没していると感じました

腑に落ちて、存在全体に浸透していくまでにはそれなりに時間がかかります。
地道な実践を継続していきましょう。
>
> 本を読むということと一緒で、人の話しからイメージを作り、何かを思い込んでいること
> さえ気づかないまま、ずーっとそこから離れることも出来ないままいたんだと気づきました

マインドというものの(ひとつの)性質をよく表していますね。
マインドとはどういうものかを判断なくただ理解すること、気づくことにより、
マインドからより自由になり、また必要な変容も起こっていきます。

また、定期的なセッションは、今回のような気づきをもたらし(ときには何度も)、
離れらなくなっているものから自由になるのを促していきます。
ヴァーサナ(心の潜在的傾向)は非常に強力ですし、根深いパターンというものも多くの方にあります。
日常での地道な実践と定期的なセッションで超えていきましょう。
>
>
>
> 次回も宜しくお願い致します
>
> H.KI

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、お試しセッションを受けられた方から頂いたメールの中のご質問への回答の部分を参考までにご紹介させていただきます。

> 一つ質問ですが、
>
> スポーツ選手のゾーンに入るや、ボーっとするときが
> 真我に、繋がってるなどと聞きますが、

ゾーンに入っているときは、マインドが一時的に落ちて(あるいは、静まり)、
真我が純粋にそのまま現れている状態ということもできます。
ボーっとしているときは、マインドは静かな状態ですが、ゾーンに入っているときとは
クリア度合い、明晰度合い、覚醒度合い等が違うと言えるかもしれません。
(意識的にボーっとしているのであれば、それなりに気づいている状態にあると言えますが。)
別の視点からは、真我とつながっていないときなどない、ということもできますが、
ひとつのポイントは、ゾーンに入っているときも、ボーっとしているときも、
その状態だけでは、まだ真の自己としての自覚、そこからの自己理解が起きているとは言えない、という点です。
(ゾーンに入っているとき、ボーっとしているとき、どちらも素晴らしい状態ということもできますが、
本当の自分を知るという点では、それが起こっているとは限りません。)


>
> それと、意識に意識を向けるは、逆な意識の使い方な感じがしまして、

ボーっとしながら、それを自覚できればよいですが、慣れていないとはじめはそれなりの努力が必要になる場合が多いです。
慣れてくると、より自然なものとなっていきます。
>
> 意識を向けてると、リラックスできず、
> 自分を、見張ってる感じがするのですが、
> そのような感じで、よいのでしょうか?

前述させて頂いた通り、自然なものとなるまでにはそれなりの努力が必要になります。
もし可能であれば、意識を向けながら少しずつリラックスしていってみるというのもよいかもしれません。
通常は、意識的に意識を向けることをシンプルにただ繰り返してくことにより、
それは徐々に自然なものとなり、まったく努力のいらないものとなっていきます。

はじめのうちは、見張っているように感じる場合もあると思います。
それは無意識的にボーっとしているより、覚醒した状態です。
それを繰り返していくことにより、それはより努力のいらない自然なものとなっていきます。
(どこまで行っても努力が必要だったり、楽でない感じがする場合は、力み過ぎていたり、どこかずれている場合があります。
セッションでは経過を見ながら、その辺りの確認等も行っていきます。
また、長く保持しようとしたり、途切れさせずに意識を向け続けようとしていると過度の緊張や力み、頑張りが入りやすいかもしれません。
無空庵の実践は、気づいたら在るに戻る、在るに意識を向ける、であり、長く保持しようとしたりする必要はありません。
意識を向けて、それが自然に続くのであれば、そのままに。もしまた他に注意が向き、それに気づいたら、ただ在るに戻る、です。)

真我は、覚醒状態、明晰であると同時にリラックスしています。

ボーっとしているのは、リラックスという点では素晴らしいですし、
リラックス自体が価値のあるものであるとも言えますが、
そこには、それ自身に覚醒しているという自覚がありません。
状態はそれ(真我)であるとも言えますが、それ(真我)は自己に気づいていません。
それはひとつの言い方をすれば、自己に開かれていない状態、
自己に関しては、まったくの無自覚、無意識、無知、無明というふうに言うこともできます。

それ(真我)を知っている人(理解の深さ、トータルさ等はそれぞれです。)が、
それを真我の状態である、真我とつながっているというのは分かりますが、
大事なポイントは、それを真我として自覚できること、
それを真の自分自身として認識し、直接理解できること、
実感として直接的にそれが分かること、

真我がそれ自身を自覚すること、
真我として自覚することです。

真我がそれ自身に開かれる、
真我が真我に覚醒します。
真我が自分自身を知ります。
はじめて知ります。
(それはすべてであり、時間も含み超えて在り、すでにそうであるものでもあるため、初めて知ると同時に、
再認識、思い出す、すでにそうであった、ずっとそうであったこと、もともとそうであったことを認識するという側面もあります。)

今回は、セッションを受けられているM.Aさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

M.Aさま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。
>
> 意識 自然そのもの
> アイコンタクト 静かそのもの
> 瞑想 在るそのもの
> ハート 愛そのもの
> 立場を代えて 静かそのもの
> 立場なし 喜びそのもの

今回も、様々な在るの在り方で、とてもよい感じでしたね。

>
> またよろしくお願い致します。
>
> M.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第331回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「やわらかさそのもの」、「流れそのもの、どう流れるかは問題ではない」、「純粋=美」を感じました。

どう流れるかは問題ではない、というところが、より本質的で、またトータルで、素晴らしく超えていますね。

また、「純粋=美」

これです。

直接に、まっすぐにこれです。
>
> アイコンタクトでは、「そのままがすべてを包み込んでいる。自由に動いていいんだよ」を感じました。

理解の深まり、浸透、存在全体の成熟がより進んでいる感じですね。
>
> 瞑想では、「力の入っていないところ、力そのもの」を感じました。

そのものとして、そのものの在り方が素晴らしく表されていますね。
>
> ハートの共鳴では、「開きそのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「開きそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「言葉で表現するのが難しい感じ」を感じました。

開き、開かれ、表現し難いそれですね。

今回も、本当に素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 「在るがまま」が、より深く腑に落ちた感覚があります。
>
> 真に許すということ。
>
> 一切の判断のない世界。
>
> 判断が起こることも含んで、判断のない世界。
>
> ただそうである世界。
>
> 純粋な世界。
>
> ただ。
>
> どこまでも、どこまでも、気づいているだけ。
>
> そこに、真の幸せが在る。

現れた言葉が、そのまま真実そのものとして実在していますね。

まさに「在るがまま」の実現、体現ですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空