■個人セッション体験談・他

ここでは、「■個人セッション体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第418回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「在ることの幸せ」、「気にしない力」、「中心=広がりそのもの」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「とらわれないという幸せ」、「とらわれに気づいていながら、とらわれない」を感じました。
>
> 瞑想では、「超えている視点・含み超えている視点=真実・事実」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「とらわれないという幸せ」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「真の自然、あるがままを楽しむ」を感じました。
>
> 立場なし、ニュートラルの共鳴では、「とらわれないという幸せ=真の幸せ」を感じました。

今回も、真のところを深く、広く、様々に直知されながらの素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 在るに戻る力が増しているのを感じています。
>
> それから、大きなとらわれに気づきました。
>
> とらわれにいかに気づけるか、
> そして、いかに在るに戻れるか、
> 本当にそれだけだと改めて強く実感しています。

真なる自由、真なる幸せは、とてもシンプルです。
シンプルな中に、すべてが在ります。
>
> 真の幸せの伝授を本当にありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているはるさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

はるさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> セッションを、ありがとうございました。
> 感想です。
>
> 最初の共鳴、アイコンタクト 静か、止まっている感じ、満ちている。
> 瞑想 静か。
> ハートの共鳴 そのまま。
> 立場を変えて 広がり。
> ニュートラル 静か。

この回も、全体にとてもよい感じでしたね。

静けさ等、より深まっている感じですね。
>
> 何日かして、
>
> 不安な考えに気づいた後に、何でそう考えてしまうんだろうと分析に行かずに、ほっておけることが増えました。

マインドの変容が確実に進んでいますね。

マインドの変容、成熟が進むと、より楽で、より自由になってきます。

より今に在れるようになり、より自分自身で在れるようになっていきます。

そうすると、満ちた感じ、真の充足感、自分自身であることによる本質的な安心感、より生き生きとした生命感、幸福感等をより感じれるようになってきます。
>
> セッションを、ありがとうございます。
>
>   はる

ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 本日はセッションありがとうございました。
> セッションの感想ですが
> 全体的に前回と同様、静かな状態が時々浮かび上がる思考を見ているという感覚でした。

はい、今回も、在る、主体的な意識がしっかりしていて、よく見えていて、よい感じでしたね。

> その中で今回は少し周りがうるさい環境でしたが、浮かび上がる私の思考と周りの雑音(人の話声やドアを締める音など)が同じもののように感じられる状態がありました。

多くの場合、在る、真我と自我がくっついているというか、ミックスされているという感じとも言えますが、それが、自我から離れ、より純粋な我、
マインドによる観念、知識、価値判断等が入らないより純粋な意識の状態、その立ち位置から、見たり、知ったり、感じたりすることにより、今回のように感じることが可能になります。

また、今回のような体験を実際にすることにより、その直接体験による理解が、
日常にも徐々に浸透していき、内面で感じられる思考や感情、外側の様々な出来事等、現れからより自由になっていきます。

> 自宅でも瞑想を行ったりしますがセッション中はより深く静かで落ち着いた状態になっているような気がします。

はい、共鳴中はよりそのような状態になりますし、セッションを重ねることにより、それがより深まり、より確かなものとなっていきます。

> また次回よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているシトリンさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

シトリンさま

感想ありがとうございました。

>  無空様
>
>  先日(1月7日)はセッションをありがとうございました
>
>  感想をご報告させて頂きます
>
> 共鳴‥‥穏やか(時々ドキドキ)
>
> アイコンタクト‥‥(ドキドキが)落ち着
>          ちついて来る
>         
>
> 瞑想‥‥静かで何もない、明るい、そして
>    何もない
>
> ハート、立場を変えて
>   ‥‥何もない、明るく楽しい
>
> 以上でございます

今回は、浄化的ドキドキが起こりながら、本質的なところがより開かれ、より深まっていったような共鳴でしたね。
>
>  昨年中、更に年末より心に重くのしかかっていた事がいくつかあり、少々疲れ ておりましたが、今週思いがけず解決の兆しが見えて参りました。
>
>  セッションの後半に感じていたのは、実は『雪の下から顔を出した花のよう に、明るさ楽しさがチラチラと輝き出てくる』でした
>
>  なんとなくセッション内容と現実がリンクしているようで不思議です

クリアで、本質と、また、全体とつながりが強いとよりそのようになってきます。
>
>  先生に『明るい、楽しい』とご報告した際に、『元々の本質がそう言うもの で、何か特別な出来事がなくてもそれを感じることが出来ます』と教えて頂きな んとも言えず嬉しく、ホッと、致しました

はい、それは、シトリンさんそのものとしてすでに在ります。

あとは、それをこの世界に顕現させていくだけですね。
>
>
>  そのような年でありますように‥
>
>  いろいろと教えて頂きまして、ありがとうございます
>
>  次回もどうぞよろしくお願い申し上げます
>               シトリン

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> お世話になっております、直前ですみませんが取り急ぎお送りさせて頂きます。
>
> ========================================================
> 前回のセッションは、年始の休みもあってぼーっとした意識状態で始まってしまったのですが、
> それでも次第に”観念的に”在るのほうに意識を向けよう、と思っている所から実際に意識が変わっていき、
> "そういえば存在していた"と自己認識が変わる過程が感じられて面白かったです。

観念的と書かれてありますが、本質の方へ戻る、そして、本質を実現していく方へ方向付ける考え方、思考の習慣をつけることはよいですね。
また、それが、観念的なものであると気づかれてるのもよいですね。

今回、体験された自己認識が変わる過程というのも、在る、気づいている意識、認識の主体がよりしっかりしているからこそ、認識できたということができます。

とてもよい感じですね。
>
> 今週感じたことですが、自分(エゴ)が自分で考えていると思っている論理的な思考も、実はそれ以外の無意識的な所から来ているのかな、と思いました。> 仕事をしているときに感じたのですが、いくら思考上で問題をなぞっても答えが出てこなかったり、逆に一度寝たり、何も考えていないときにふと答えが湧いてきたり、> 例えば、1+1といくら言葉でとなえても答えは出ないですが、2という答えはどこからかやってくるか不思議に思いました。

よい気づき、思いが起こりましたね。
ある意味、この現れの世界の一面は、自分(エゴ)が存在し、自分(エゴ)が何かを考え、自分が何かをしているように見え、感じられる、自分(エゴ)が体験できる世界とも言えます。

しかし、よく観察してみると、(本質的には)そうでないということが分かってきます。

(トータルには、本質を核、主体として、エゴという自分も、様々に起こる現象の中のひとつとして、それも含めたすべてを包括、統合した在り方というものになってきます。)

答えは、どこからやってくるのか不思議に思われたとのことですが、
それには、様々な答え方や表現があると思いますが、
ひとつは、まさに感じられた不思議そのもの、妙なるもの、在る、全体からやってくるという言い方ができます。

また、それはひとつであるものであり、そこで起こる意志、意図、質問(あるいは、それが意図、意志、質問という形をとる)と、それに対する答えや結果は、ひとつであり、同じものであるということができます。

それらが発せられれば(起これば、同時に、あるいは、時空間においては、適切なタイミングで、それに対応する答えや結果がやってきます。

意志、意図、問いかけ等が起こった(表面ではなく)元の場と同じところから(あるいは、元の場の働きにより)やってくるという言い方もできます。

在るは、知そのものでもあり、“知っている”というところからそれがやってくる(“知っているそのもの”が、具体的な質問に対し、具体的な答え、応えの形をとってやってくる)、または、もう少し違った角度からは、全体の必要性からやってくるとも言えますね。

(その他、本質と現れを様々な階層に分けたり、詳細に見ていき、どこからやってくるなどという言い方もありますね。
実感や体感、経験、理解、タイプ、構成要素等により、様々に感じられたりすることもあるでしょう。)
>
> もしかしたら、"在る”であって言葉ではない所で問題と向き合うだけで答えは出てくるのかもしれません?

そのもしかしたらは、いいかもしれません。

とてもよいところに気づかれているので、ご自分で確かめてみましょう。

"在る”であって言葉ではない所を、

言葉になる前の言葉、という言い方もできますね。

在るの中にすべての言葉がありますし、そこに馴染んで行くことにより、
在るそのものでもある言葉になる前の言葉を認識し、使うことも可能になります。
(この場合、使う者と使われるものは、同じになります。)

存在、在り方、姿勢、態度、覚悟、意志、意図、視点、立ち位置、理解なども
“言葉”ということもできます。

“はじめにことばありき”

“この世界は、すべて言葉でできている”

という認識、理解もありますね。

無空