T.Oさん体験談・他

ここでは、「T.Oさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたT.Oさんの体験談(2011年8月14日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のT.Oさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさん

感想・ご報告ありがとうございました。

> 前回のセッションではかなり眠たかったために、あんな状態ですみませんでした。
> 回を重ねるごとに共鳴の状態へスッと入れるようになりました。
> 感じる雰囲気もごくごく自然で、心もより一層静かで穏やかです。

そうですね。
共鳴もよりスムーズになってきましたし、深さも出てきましたね。

> 最近感じるのは、話したことをよく覚えていなかったり、それは仕事上などで覚えて置かなければならないこととは違います。
> そして日々、いろいろなことが起こって過ぎていく感覚がなんとなく分かってきました。

いいですね。

> 自分が言ったことや行ったことにもあまり執着していないなということも増えてきました。
> 何かに理由付けや、正当化しようとしたりせずありのまま受け入れる状態へ変わってきたと思います。
> ありのままを見て受け入れることが出来るようになったら、そこに何とかしようとか、ジャッジも無く、何も意味を見出そうとしたりせず、
> そうすると何も考えをめぐらす必要も無い、考えようとしなくなり、気にしない、気にならないになってきました。
> 全てにおいてではありませんが、だいぶ楽になりました。

そうですね。
自分を苦しめていたのは、自分(マインド)でしたね。

> 余計な言葉も発しなくなったり、観ている自分の位置、時間の中で言葉も出てくるような気がします。
> 感情に任せて言葉を発することが少なくなった、のでしょうか。
> だいぶ淡々となってきました、

これまでのパターンに大分ひっかからなくなっていきてる、マインドがつくる物語による余計なアップダウンが少なくなってきたという感じでしょうか。

> 以上です。
> 明日11時よろしくお願いします。

はい、こちらこそよろしくお願いします。

無空