R.Uさん体験談・他

ここでは、「R.Uさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたR.Uさんの体験談(2011年7月21日掲載)を移設したものです(一部修正しています。)。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のR.Uさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)


************

今回はセッションを受けられているR.Uさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その3・流れの関係で一部重複しています。)

前回の続きです。

頂いたご質問についてですが、
他の方の参考になる言葉も起こってくるかもしれないので、書いてみました。
(それでも、メールでの返信は相当時間がかかりますので、基本はセッションでお応えということで。)

> 無空さま

> 質問がありますが、セッションの時に聞くのを忘れそうなので書いておきます。
>
> 「思考」が湧いてくるのは真我からですが この思考はいわば
> 常にチャネリングしているような物なのでしょうか?

> 普通の思考だと 「考え」と捉えて「特別な物」とエゴは解釈しませんが
>  「上からのメッセージ」だとか、言って
> チャネリングが出来る、とか言う人がいて 私のエゴはそれに特別な感覚を持って「いいなぁ~」なんて
> すがりたくなります。

> 特別な感じがするメッセージであろうが 普段の思考であろうが 沸いてくる場所、降ろしてくる場所は
> 皆の共通の場所からであって 「思考」は自分の物で無く その時のエゴの状態と似た「思考」を降ろしてくるって
> 感じでしょうか?(類は友を呼ぶ的な・・・)
> それとも ある程度の思考はコーザル体に蓄積されている 固有の昔からの習性のエゴなんでしょうか?
>
> マインドタップリの質問です。

はい、マインドタップリですね(笑)。
このように考えているうちに巻き込まれていきます。

この世界のものは、視点の違いでどのようにでも見れます。
それらが折り重なっているとも言えますね。
マインドはその中で納得のいくどれかひとつの真実を求め、そして、それを知ることにより、対策を立てられると思っていますが、(ある意味)すべては一時しのぎに過ぎません。

(そのときどきで納得のいくものを知っていくこと自体は大切であり、また必要なことであるとも言えます。)

ニサルガダッタ・マハラジが言っている様に、この世界が幻想ならば、世界にある知識はすべて偽りということになります。
説明は道理が合ってるかもしれませんが、ただそれだけです。

そして、真我が知っているのは、「在る」ということだけです。

それ(真我)が存在するすべてなので、それで十分なのです。

そこには何の不足や不満もありません。

それ(真我)は、ただ在るだけで満ちていて、幸せです。

思考に関しては、それは本当の自分ではないと知っていれば十分です。

思考に関してエネルギーを集中するよりも、本当の自分(在る・真我)に注意を向けて行きましょう。

その恩恵は、思考について考えるよりもはるかに大きなものがあります。

> よろしくお願いします。

という感じです。

無空
今回はセッションを受けられているR.Uさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2・流れの関係で一部重複しています。)

(一部補足修正箇所あり)

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたR.Uさんの体験談(2011年7月20日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のR.Uさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

***********

前回の続きです。

> 質問がありますが、セッションの時に聞くのを忘れそうなので書いておきます。
>
> 「思考」が湧いてくるのは真我からですが この思考はいわば
> 常にチャネリングしているような物なのでしょうか?

> 普通の思考だと 「考え」と捉えて「特別な物」とエゴは解釈しませんが
>  「上からのメッセージ」だとか、言って
> チャネリングが出来る、とか言う人がいて 私のエゴはそれに特別な感覚を持って「いいなぁ~」なんて
> すがりたくなります。

真我からのメッセージは沈黙です。

(沈黙の中には、すべての言葉、そしてそれ以上のものがあります。そして、その沈黙の現れとして、それを言葉として聞く、というケースはあります。)

その他すべて(上からのとか下からのとか)は、(大きな意味ではすべて)マインドの物語です(真我だけがあるという視点からは真我の物語とも言えます。)。
(もちろん、それがこの世界的に役に立つものもあるでしょう。)

また、特別というものにすがるのも、書かれてあるようにマインドですね。
それぞれの方には、それぞれの能力があり、それは素晴らしいですが、今、R.Uさんにそれが起こっていないのなら、それは今、必要ないということですね。

今、無いものを求めるのではなく、既に在るもの、ずっと変わらずに在るものに焦点を当てましょう。

すでに(本質的には)十分なものが与えられているのにも関わらず、自分が持っていないものに注意が向き、それを欲しがるのはマインドです。
(もちろん、そこに良い悪い等はありません。また、もちろん現れ的に必要なものを欲しがるのは自然なことですし、必要なことと言えます。)
すでに在るもの、変わらずに在るものに気づき、感謝し、その深み、その素晴らしさを知ることができるのがハートです。

能力、できること、できないこと、それらは人それぞれであり、それが多様性の素晴らしさでもありますが、そこは認識しつつも、それらすべての多様性を生み出し、そして支え、見守っている「在る」というところを見つけられた方、そこに落ち着けた方は幸いです。

そのような方々は、マインドとハート、そして霊的に成熟した人たちです。

そのような方々にとっては、様々な多様性、違いは、苦しみや問題の原因となりません。

在るという絶対的な真実、すべてはひとつであるという愛と平和、幸せの中では、多様性、様々な違いは、ただそれぞれに素晴らしく、そして、美しく、またユニークであると楽しまれるだけです。

まずは絶対的な基盤を確立し、それから、ひとつであることと同時に多様性を楽しみましょう。


次回に続きます。
今回はセッションを受けられているR.Uさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

(一部補足修正箇所あり)

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたR.Uさんの体験談(2011年7月19日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のR.Uさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


R.Uさま

こんばんは。
頂いたご質問についてですが、
他の方の参考になる言葉も起こってくるかもしれないので、書いてみました。
(それでも、メールでのご質問への返信は相当時間がかかりますので、やはり基本はセッションでお応えということで。)

> 無空さま
>
> おはよう御座います。
> 予約の調整、ありがとう御座います。
>
> では 11日(月)の13時15分でお願いします。
>
>
> 質問がありますが、セッションの時に聞くのを忘れそうなので書いておきます。
>
> 「思考」が湧いてくるのは真我からですが この思考はいわば
> 常にチャネリングしているような物なのでしょうか?

大きな意味ではそのように考えることもできるかもしれせんが、内側で起こってきたものすべてをチャネリングしていると考える必要はありません。

起こってきた思考に焦点をあて、それと同調したときにはチャネリングと呼べるかもしれませんね。

もしチャネリングするなら、(在るをより確かなものにしていくという点では)沈黙(真我)とチャネリングするのがいいですね。

そうするとマインドが静まり、沈黙とひとつになることができます。

そして、互いの距離がゼロになれば、チャネリングは消滅します。

思考を受け取っているのは、個人。
それに捉われず、巻き込まれずにただ気づいているのが真我。

(思考が起こっていく源も真我、そして、それを受け取っているのも真我、真我だけが在るという視点もあります。)

思考なしでも、必要なことは為されます。
さらに言えば、思考が起こる前に、すでに沈黙の中ですべてのことは為されています。

沈黙の中では、

すべてが為されている=何も起こっていない

です。

それが現れたのがこの世界です。

色即是空

在る=無

それは、在って無く、

無くて在ります。

これをそのまま受け入れ、味わえるのなら、すでに真実の中にあります。


思考があったとしても、(ある意味)それは後付けのようなものです。

思考が起こっていると気づいたら、その気づいた気づきそのもので在ること、思考よりも、そちらに焦点を当てるようにされるといいですね。



次回に続きます。