マスター濱田浩朱さん体験談・他

ここでは、「マスター濱田浩朱さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

これまで素晴らしい師の方々から学ばれ、ご自身の活動の中で、
多くの方々に、ご自身の経験からの知恵(あるいは、存在そのもの)を分かち合うことにより、本質、真実の気づき、それぞれの方の感性、潜在的な可能性、天才性の目覚め、
存在の変容等のサポートを続けられているマスターこと濱田浩朱さんが、

“わたし”が目覚める ― マスターが体験から語る悟りのお話

を出版されました。

“わたし"が目覚める ― マスターが体験から語る悟りのお話(覚醒ブックス)
“わたし濱田 浩朱

ナチュラルスピリット 2016-03-23
売り上げランキング : 30057


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



わたしも読ませて頂きましたが、本のタイトル通り、
実際の体験から等身大で語られたその内容は、
とても読みやすく、ストレートにスムーズに存在全体に入ってきます。

実際の体験を通して培われた生きた知恵というものは、
自然でやさしく、そして、トータルで、かつパワフルです。

それがセッション等を通して作用し、多くの方々の気づきや変容を、
自然に、かつパワフルに促しているのだと思います。

現れた存在としてのひとりの方の本質の目覚め、気づき、理解、
変容等のプロセスが、飾ることなく、等身大で、あるがままそのままに、
一冊の本としてこのような形で開示されるることはとても貴重なことだと思います。
そして、今回の本は、濱田さんのセッション等と同様に、
それを必要としている多くの方々の気づきや変容の助けになるのではないかと思います。

最後に、読ませて頂き印象に残ったところを2箇所ほどご紹介させて頂きます。

************

それがこの瞬間、理解されたのです。

わたしが生涯やっていくこと、わたしのライフワーク。

それはあらゆる物の中に神聖さや尊さを見出し、畏敬の念が流れてくる。

その感性が目覚め、養われる、そのきっかけを、話したり、書いたり、セッションを通してやっているのだと― 。

そして、その生き方は、仕事だけにとどまることなく、遊ぶときも、

自然に触れるときも、動物に触れるときも、子供たちと過ごすときも、

人生のあらゆることすべての根底に流れるものだと悟りました。

それが理解された瞬間、わたしは生涯、もう迷うことがないことに気づきました。

生き方の根底がそれなのですから、なにをやっているのかは関係ないのです。


************

わたしは誰にも、その人にしかない、その人だからこその天才的な才能というものがあると感じています。

人々が長いプログラムという眠りから醒め、わたしたちという個を通して、

源が表現する場、神の楽器となって、この世界に美しい旋律を響かせる。

そしてそれが共振しあい、壮大なオーケストラが創造としてこの世界に奏でられる。

それが新しい時代の、新しい生き方だとわたしは感じています。

そしてそれが、わたしたちの本質なのでしょう。