T.Oさん体験談・他

ここでは、「T.Oさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先日はセッションありがとうございました。
> 以下セッションの感想です。
>
> 今回も思考の少ない静かな頭の中に明るい光があるような状態がセッションの間中続いていました。
> セッションの最中、この現実も起こっているように見えてただの無だというような思いがありました。

本質的なところから視点で、そのように見えることがあります。

> また真我を光のようなイメージと勝手に考えていましたが、いやそうことではないかもという思いも浮かんできました。

イメージでつくる光もあれば、本質的な光を感じる場合もあります。

もともとのところは、現れた光ではなく、光を生む光、明るくない、漆黒、黒光など、様々に直知され、表現されますが、現れた相対での明るい、暗いを超えた在り方で在ります。

> ただ考えているのは自我なのでただの思考なのでしょうが、気になる、気にしたい自分もいるようです。

そこに気づかれているのが素晴らしいですね。

その自分も肯定し、トータルで全肯定の在り方であるのが、真我、在る、全体、愛の在り方です。

様々に気づきながら、そのような全肯定の在り方を意識していくことで、変容がより進んで行きます。
>
> 感想は以上です。

~事務連絡につき、省略させて頂きます。~

> ひとまず3ヶ月間有難うございました。
>
> T.O

こちらこそありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 昨日はセッションありがとうございました。
> 以下セッションの感想です。
>
> 今日も頭の中に明るい光があり静かで落ち着いた状態がセッションの間中続いていました。

今回もとてもよい感じでしたね。
存在全体の落ち着き、透明感等が増しているのを感じました。

> 何となく立場を変えた共鳴の時真我と繋がれそうな感じはあるのですが、求める気持ちが強すぎるのか、真我のイメージを持ち過ぎているのか、繋がれずもどかしい感じはあります。

繋がれていないということ自体が幻想とも言えますが(感覚、認識、体験として繋がれている、繋がれていない、一如、一体等は起こり得ます)、純度が増してきていますので、リラックスして在りましょう。

> 自我の私がどう思おうと現象を起こすのは全体の私ならどうしようも無く悩んでも仕方ないのですが、悩みも起きているので困ります。

悩んでいるのも自我ですが、悩みが起こることを困っているのも自我です。
また、本質的な視点からは、真我、全体としての真の自己だけがあり、すべてを起こすのは、それであるという言い方ができますが、
自我を真我の現れと見た場合(自我についても、様々な視点から見れ、様々な視点から語ることができますが。)、自我は現象を起こしたり、変化させたりするきっかけになります。
そのとき、自我が分離の方を見ているか、本質、真我、ひとつである方を向いているか、
あるいは、分離の認識の中で、自力だけで事を起こしたり、為そうとしているのか、真我、全体に委ねた在り方で在るか、すでにそうであるという理解、認識の中で、実践するのか等で、起こる現象、あるいは、そこから感じられる質、認識、体験等が変わってきます。

ここでのポイントは、まずは、困っているのも自我であるという理解。
その理解があることで、困っているという自我(私、私のように感じられるもの)というか、困っているという思いから離れやすくなりますし、その思いが静まったり、消えやすくなりますし、起こっている現象自体が実際に変わることもあります。
自我は常に変わらずに在るものではなく、何か対象と相対するとき、あるいは、何かを体験するときに、自然に立ち現れてきます。
もう少し大きな言い方をすれば、自我というか個(個感覚、個という現れ、個別性)は、創造とセットであり、創造自体が終わることはありません。
自我、個、個別性が本質的にないというときは、同時に、世界も宇宙もなく、何もない、何も起こっていないという真実、平安だけがあります。
それは、単一、均質、純度100%のものであります。
そして、それ自体がもつ自然本性により、それ自身から自発的に創造が起こってきます。
それは、それである存在の栄光です。

それは、真実であり、真善美であり、愛であり、平安であり、生命そのものであり、ただひとつであるもの、全体そのもの、単一なるもの、ただそのままでは何も知れず、何も体験できないものが、自らを知り、自らを体験し、自らを遊び、自らをよろこび、自らを愛するための在り方です。

ひとつであるものが、ひとつであるまま多となります。
絶対なるものが絶対のまま、相対という見方、見え方、現れを通して自らを知っていきます。
全体が全体のまま、たくさんの個となり、共振共鳴し、存在の無限の素晴らしさが分ち合われます。

それが、存在の玄妙、霊妙な在り方です。


> こういう現実を起こしている全体の気が知れず怒りすら覚えますが(それすら全体が起こしているので更にイライラがつのります…笑)、早く全体、真我と繋がり、全体からの視点で物を見れればと思います。

はい、立ち位置、視点により、同じ現象でも全く感じられ方、体験のされ方が変わってきますし、起こる現象にも変容が起こってきます。

現時点でもうひとつの理解されておくとよいことは、より静けさ等が深まってきているからこそ、深い部分の浄化や抵抗として、自我が強く現れてきている、ということです。

(これまで抑えていた怒りが、今の現実という形、要素を使い、外側に表現されている、という場合も多くあります。)

正しく実践し、正しく進めているからこそ、正しい現象、反応が起こっているということです。

真我のトータルな実現へと確かな歩みをされています。

(補足として、イライラがつのっているときに、「早く」という思いが起こってくるのは自然なことですが、マインドは性急であり、それは時間を超えている真我の質と合致しません。そのように起こってくるマインドにも気づき、肯定し、「早く」という現れの一部分だけと一体化するのではなく、全体を全肯定し、在りましょう。
それが、在る、真我、全体そのもの、ひとつであるもの、愛の在り方です。)

>
> セッションの感想は以上です。
> また来週よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願いします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 昨日はセッションありがとうございました。
> 以下セッションの感想です。
>
> 今回も共鳴の中で静けさが深まっていくのを感じました。
> いつもと違ったのは静けさが深まっていくにつれ目を閉じた頭の中に明るい光が広がっていくのを感じたことです。> 明るく気持ちの良い感覚がセッションの後半ほぼ続いていたように思います。

はい、今回は、静けさの深まりの他に、明るさや満ちている感じなども開かれてきて、とてもよい感じでしたね。
>
> セッションの感想は以上です。
> また来週よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 昨日はセッションありがとうございました。
> 以下セッションの感想です。
>
> 今回は全体的にいつも以上に静けさが深かったように思います。
はい、着実に深まってきていますね。

> 眠る一歩手前のような、無空さんから声をかけられてハッと気付くような感じでした。> その中にある時は何も考えてないのでよく分からなかったですが、今思うと心地よい感覚であったと思います。

はい、そこは至福そのものでもありますから、心地よい感覚というのもありますね。

> 声をかけられ、あぁもう起きなければいけないのか、というような。
> 話をしている最中も頭が少しぼんやりしている感じでした。

無思考状態という感じですね。
>
> 感想は以上です。

今回も、全体的にとてもよい感じでしたね。

> また来週よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 一昨日はセッションありがとうございました。
> 以下セッションの感想です。
>
> 今回も全体的に静かで落ち着いた状態でした。

はい、今回もとてもよい感じでしたね。

共鳴に入る前も、存在全体の落ち着き、そして、静かな存在感が増しているのが感じられました。

> 以前いびきをかいている自分を半分寝ている状態で気付いた時の感覚を意識すると、より静かな状態になるような気がしました。

はい、そのときは、かなり純粋な意識の状態ですので(あるいは、それそのもの)、そこを意識することによっても、より静かな在り方に導かれますね。

また、共鳴中ということもありますが、意識することにより、容易にそうなるということは、在るの方も確かなものになってきているということも言えます。

> 入れ替えの共鳴では無空さんと私が一瞬どちらがどちらだか分からなくなるような感覚もありました。

素晴らしいですね。
本質、真なるところでは、ただひとつであるものだけがあり、それが現れた世界も含め、トータルな在り方では、その両方が矛盾なく、同時に認識されます。

(主になるのは、本質、在る、真、ひとつであるもの、愛、よろこび等の方ですが。)

それは、本質だけの世界よりも、より豊かな在り方、存在の栄光化とも言える在り方です。

> 立場の無い共鳴はやり方がよく分からず瞑想と同じようにただ無であることを心がけて行いましたが、何か特に意識した方が良いことなどありましたら次回教えて頂ければと思います。

はい、他の共鳴と同じように在っていただければOKです。

他の共鳴と同じように、共鳴に入る前に、ただ立場なしでの共鳴(あらゆるものとの関係性等における特定の立場を持たず、自然体、ニュートラルな在り方、素の状態)というのを一度軽く意識して頂いて、後は、共鳴に入ったら、他の共鳴と同じ在り方です。
>
> 感想は以上です。
>
> 本日ネット銀行より振り込みを行いました。

お振込み、ありがとうございました。

> また来週よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空