もなかさん体験談・他

ここでは、「もなかさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 先日もセッションをありがとうございました。
> 感想を送らせていただきます。
>
> 始めの共鳴で、胸のあたり感覚から始まり、それが次第に全身に広がり、体全体がハートになったような感じでした。

とてもよい感じですね。

真我=ハートという視点もあります。

ハートは、全体性を持ち、全体そのものでもあります。

> アイコンタクトでは、辺りが霧に包まれているようで静けさを味わっていました。

深い静けさですね。
>
> 瞑想では、底の方から浮上してくるものがあり、それを抑えずすくい上げることができて、それは悲しみのようなものに感じました。

共鳴中は、自然に無理なく浄化が起こっていきます。
そして浄化後は、よりクリアで楽な状態になっていきます。

> その後、ハートの共鳴の時、ちょうど外で焼き芋屋さんが通り、昔の母のことなど考えが浮かびました。
> 今は、いつも母のことでカリカリしていましたが、理解しようとする自分があらわれています。

身内の方など色々な意味で距離が近い方には自我が強く出やすいですが、
より在る力がついてきている感じですね。

在る力がついてくることで、理解力も増してきます。
理解が深まり広がっていくと、より穏やかに、大きく、そして、愛深く在れるようになってきます。
>
> 明日のセッションも、どうぞ宜しくお願いいたします。
>
> もなか

こちらこそよろしくお願いいたします

無空
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 先日もありがとうございました。
> 遅くなりましたが、セッションの感想を送らせていただきます。
>
> 始めの共鳴では、在るに戻る感覚を感じ、アイコンタクトでは、見えるものが写真のネガの状態で見えました。

在るの視点からは、そのように見えることもありますね。
>
> 瞑想とハートの共鳴では、いつものように胸の辺りに感覚がありましたが、苦しさはなくなっており拡がる感じを味わいました。

ハートが苦しさがなくなり、よかったですね。
拡がる感じは、ハート本来の在り方です。
>
> 夜、初めて合同共鳴に意識参加させていただいたのですが、やはり、胸の辺りに感覚が拡がりました。
> ずっと頑なになって心を閉ざしていて、ハートが閉じていると思っていましたが、久しぶりに、そうだ、以前はこう在ったなと感じました。と同時に、何かを感じるという感覚が戻ってきたようなそんな気にもなり、毎日の味気なさや無意味感に色が付いてきたように感じています。

伝わってきます。
とてもよい感じですね。
>
> 今も、在るに戻りとどまると、次第にその拡がる感覚を感じています。

はい、何度も在るに戻り、その感じを育てていきましょう。
>
> また、次回を楽しみにしております。
> 宜しくお願いいたします。
>
> もなか

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 先日も長時間ありがとうございました。
> セッションとその後の感想をお送りしします。
>
> アイコンタクトの共鳴で、見るものが全て、雪が薄く積もっているように白い光を放っていて、そのように見え方が変わったのは初めてだったので不思議な感じがしました。

本質的には、すべてが全き光ですので、在る(全きもの)の立ち位置、在るの視点から、そのように見えることもありますね。

> その他の時は、それぞれに感じ方は違いましたが、感じたことのある感覚で、それが普段より感じやすくなっていたようです。

はい、すでに在る(本質、真我、真の自己)の立ち位置での体験はおありですので、再体験をしているという感じかもしれません。
そして、それが書かれてあるように、共鳴では、より感じやすくなります。

> ハートの共鳴は、体験セッションの時もそうでしたが、押さえつけているような息苦しいような、居心地の悪い感覚があり、今の自分はこれは苦手かな?と思いました。

何か抵抗が起こっている感じかもしれませんね。
またお伺いしながら、共鳴していきましょう。
>
> 日常では、相変わらず嫌だなと思うことが多く、この数日はイライラ怒りが湧くことも多くなっています。
> 人を悪く考えたり、攻撃的な考えが次々湧いてくるので、気づいたら在るに戻って眺めるようにしています。なるべく起こったことに尾ひれが付いていくのを野放しにしないように、どこか祈りのようなものを頼りに、在るにとどまれるよう意識しています。

はい、祈りのような感覚で、在るに戻るのもOKです。
>
> 一昨日夜は、それぞれが仲良くはない人たちが集まる中にいて、自分の言動に注意したり、他の誰かの会話に注意していたり、その中で在るを意識して場を見守ったりして過ごしました。翌日はぐったり、一日中ほとんど横になってしまい、在るに戻ろうとする意識も、結構エネルギーを要するのかなと思いました。
> 慣れてくるともっと楽に、自然になっていたりするのかもしれません。

状況的には、ぐったりしても無理もない状況だったかもしれませんね。
そして、在るに戻るということを意識するのも、書かれてあるように、慣れないうちは結構エネルギーを要します。
(在るに戻るということだけでなく、意識するということ自体が、結構エネルギーを要します。)
それが実践を重ね、習慣になってくると、もっと自然で楽なものになってきます。
>
> セッション後数日は、怒りなどの感情も、在るに戻っていると、少し距離をとって感じられているかなと思えました。
> でも、日が経つと、それを笑うかのように次々嫌なことや怒りが湧いて来ます。試されてるようなそんな気持ちにもなりますが、それも気づいて戻るしかできることはないですよね。。

ひとつひとつ相手をしていても切りがありません。
セッションと日々の実践を継続していき、在るの力が増し、在るがより確かなものになってくると、思考、感情等からもより自由になっていきます。

> 意識では、気づいて在るに戻ってと繰り返していますが、行動はどんどん閉じているなと思いました。やはり、嫌なことばかりに意識が占領されていて、心を閉じていたい、もう気付きたくない、余計なことを起こしたくないとなっている気がします。

状況が状況なだけに、今は自分を守るために閉じる方への力が自然に強く働いている感じだと思います。
そこも理解、肯定しながら、在る力をつけて、ハート、マインドの成熟もさらに進めていきましょう。
>
> また次回のセッションの時間だけでも、ハートのケアとして過ごせたらいいなと思います。> 22日も宜しくお願いいたします。
>
> もなか

はい、ハートのケアをしながら、本質的なところ、そして、存在全体の力を増していきましょう。
こちらこそ22日もよろしくお願い致します。

無空