もなかさん体験談・他

ここでは、「もなかさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> 先日もセッションをありがとうございました。
> 感想(2回分)を送らせていただきます。

~前回の続きです~
>
> ここから、6/10分です。
>
> はじめの共鳴は、脳が柔らかくふやけているような感覚があり、アイコンタクトでは温かくて柔らかい、羽毛にやさしく包まれているようでした。
> 瞑想では柔らかいお湯の温泉に浸かっているようでした。
> 立場を変えて、ニュートラルは感覚の変化はありましたが、うまく表現できませんでした。

柔らかさややさしさ等、これまでと感じられるものが変わってきた感じがありますね。
>
> このところ瞑想を休んでいたこともあってか、何となく思考に巻き込まれて身動きが取りづらくなっているようです。> 不安感も、少し前までは言葉にして捉えられ、そこから意識にのぼらせて気づいたら在るに戻ることで意識的に影響を受けないようにできていたのかなと思います。

覚醒度(気づき度、今に在る度)が高いと、そのように在ることができますね。

(学んでこられた瞑想の時間が結構長く、夜もあまり眠れないとのことで、過覚醒気味の可能性もあったため、少しお休みされた経緯がありますから、状態が見ながら進んで行きましょう。)

> 私の場合はまだまだ瞑想の時間に頼って気づきを明瞭にしておく必要があるのかもしれません。逆風をしっかり感じていることで進む方を向けるような感じかなと思っています。それともモヤモヤはモヤモヤのままがよいのでしょうか?

よく見ていくことでクリアになるモヤモヤであればそうされるとよろしいでしょうし、そうでないものはそれに気づきながらも、焦点を在る方に戻せるときは戻すようにされるといいですね。「

それから、まとまった瞑想の時間だけでなく、日常の中で短い時間でも在る(今)を意識されるといいですね。

> 引き続きいろいろ工夫していきます。

はい、その姿勢が大切です。
実践の中で、在り方がより洗練され、成熟し、確かなものとなっていきます。
>
> ありがとうございました。
>
> もなか

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> 先日もセッションをありがとうございました。
> 感想(2回分)を送らせていただきます。
>
> こちらは6/3分です。
>
> はじめの共鳴は静けさを、アイコンタクトでは深さを感じました。
> 瞑想では考えごとがところどころ浮かびながら、外側からの音を感じ取っているところに気付いている感じでした。
> ハートの共鳴では静かですがわずかな高揚感、振動を感じました。
> 立場をかえては空っぽ、立場なしでは周囲のものと一緒に在るという感覚でした。

様々に起こっていること、そして、本質的なところをよく感じ取られていましたね。

次回に続きます。

今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
> こんにちは。
> 前回分の感想を送らせていただきます。
> 宜しくお願いいたします。
>
> 共鳴が始まる前から左腹部や脇の下がいつものように鈍く痛み出しましたが、共鳴がはじまって段々と顔の左側も引き攣るような張るような感覚が現れてきました。

内側にあったものが表に現れてきたという感じかもしれませんね。

> アイコンタクトでは右上が白く見えていてその一方で左腹部に意識が届いていると感じていました。

意識は必要なところに届きます。

> 瞑想ではシンギングリンのような鐘の音?が響き渡っていて、立場を変えては音がより近くに感じました。

> 立場なしでは音が小さくなるような、より深いところで鳴るような感覚に変わり、無空さんから言われた「音を聴いている意識」に注意を向けると考えが浮かんでこない静かなところ、静止しているところを感じました。

認識している対象だけでなく、その認識している主体、あるいは、現象(ここで言えば音)だけでなく、その現象の源、元のところに気づくこと、戻ることが、本質、真の自己を理解する上でもとても大切です。

そこは、すべての音や波、すべての現象、動き、変化が生まれてくる源、
もなかさんが静かなところ、静止しているところと感じられたように、
静けさそのもの、静止そのものでもあります。
>
> このところずっとどうしたらよいか迷っていることについて、こうするとこうなり別の方を選ぶとこうなるから、、と考えていました。> でも今はそういった可能性のことを考えるより、なぜそう考えるのかとかそれをどう感じているのかという、自分の内面の反応を知ることで実際の状況の選択ができるかもしれないと感じています。

よい気づきですね。
より内面、元に近いところに注意を向けること、あるいは、その立ち位置に立つことで、選択の可能性が大きく開かれてきます。
>
> 以上です。
>
> ありがとうございました。
>
> もなか

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
> 本日もセッションをありがとうございました。
> 5/22分の感想を送らせていただきます。

> はじめの共鳴では座っている「ここ」が強く感じられました。

意識が分散せず、ひとつところに在るときに、本来の在り方ができます。

> アイコンタクトや瞑想では体の不快感が表れましたが、ハートの共鳴では胸のあたりでハートの感覚を捉えそうででもよく分からない、表現できないと感じました。

本質であるそれは、すべてのすべて、何ものでなく、何ものであるものとも言え、よく分からない、表現できないと感じる場合もあります。

> 立場なし、ニュートラルは忘れてしまいました。

はい、それは忘れてしまうくらい軽やかです。
>
> 日常では精神的には低迷して、そこから考えもネガティブになり自己嫌悪や罪悪感に囚われ、どうしたらいいのだろうと頭を抱えていることが多かったですが、芯の自分がやると決めていることはやれるくらいの平静さは、以前と比べて確実に身に付いているのを感じます。戻りは早くなったし、戻る力もしっかりしてきたと思えます。

はい、本当に力がついてますね。
今、起こってきているネガティブなものは、並行して実践されているものからも明らかにより深い部分の浄化ですので、その理解を持ちながら、在る力、そこから(本当は何も起こっていない中で、あるいは、毎瞬、起こっては消え、起こっては消えを繰り返している中で)起こるものを起こらせる力をつけていきましょう。
>
> 無空さんから提案された散歩や外の自然に触れることをやれていないので、タイミングを見つけて自分の中の風通しを良くしたいと思います。

はい、本来とても素晴らしい涼やかさ等(穏やかさ、落ち着いた心地よさ等)をお持ちですので、それらがご自身でも実感できるよう、自分自身に、よい機会、素敵な環境、やさしい時間を与えてあげましょう。
>
> ありがとうございました。

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 本日もセッションをありがとうございました。
> また遅くなりましたが感想を送らせていただきます。(いつも申し訳ありません…)
> まず、前々回分です。
>
> 最初の共鳴は自分が浮いているようなどこにいるかわからない、でもどこにもいるような感覚でした。

本質としての在るの在り方でもありますね。

> アイコンタクトでは無空さんの視線を強く受けていました。
アイコンタクトも、基本は在るで在る、真の自己である在るに注意を向けるという在り方で行いますが、前々回は、必要によりそれが自然に起こっていたという感じかもしれませんね。

> 瞑想ではまたいつものように横隔膜あたりの不快感が現れてきて、ハートの共鳴では一点に凝縮してくる硬いエネルギーで苦しさがありました。

クリア、あるいは、溶かされていく必要があるものに焦点(意識の光、愛)が当たっていたという感じですね。

> 立場をかえて、立場なしでは苦しさに入り込まないようにしているところがあり、軽さを感じられる部分もでてきたようでした。

起こってきた感情や感覚に必要なだけ自然に焦点が当たり、それが感じられる、あるいは、普段から感情(特に不快な感情等)をあまり感じないようにくせがついている方などは、それを意識的に感じるということは大事ですが、必要以上にそこに入り込み、それをより大きなものにしたり、そこから物語を展開していったり、不必要な(必要以上の)分析など思考に入り込む必要はありません(それにより、主体的な意識をしっかり持ったまま、意識的に必要なだけ感情、感覚をしっかり感じるということからもそれていってしまいます。)

そこにあるもの、起こっているものはそのままに、今回のように、それに必要以上にひっぱられず、本質的な方、中心、あるいは、全体的な立ち位置に在れるということは、そこに在る力がついてきた証拠とも言えますね。
>
> 振り返ってみて、セッションでは力が入りすぎているところがあるのかなと思いました。> 在るということが、今の自分にはまだ集中も必要に感じていて、そのために在ろうとすることに力を入れて集中し意識を保とうとしているようです。在ることとすることの接点のようなものを探しているようなところもあります。

在ることがより自然になっていくまでは、意識的実践を繰り返しながら、その中で、今回のように力の入りすぎなどに気づきながら、より実践は洗練されていきます。
>
> 日常では考え事をまた長いことしているなぁ、と考えることがたびたびあります。でもそのまま流しています。以前は気付くとハッとしていましたが、考え事が出てくるのも浄化や解放になっているところもあるのだと慌てないようにしています。

とてもよい感じですね。
そのような在り方により、全体はよりスムーズに流れていくようになります。

(考え事も、習慣、くせ、パターンになって起こっているものもあれば、自分のものではないものが流れ込んで来るている場合や、瞑想中などの雑念もそうですし、睡眠中の夢などもそうですが、記憶の整理や浄化としてそれらが起こっている場合も多いです。
そして、その記憶の整理や浄化を起こす働きは、睡眠中だけでなく、起きている間も、機能しています。
人の体(肉体以外の精妙な体も含む)は、入ってきたものや内側にあるものを代謝し、不要なものは排出するというように出来ています。
その視点から見れば、日常で様々な雑念や考え事が起こっているということは
とても自然なことでもあり、ある意味、健康なこととも言えます。
━考え事ばかりが続いたり、そこから抜け出れなくなったり、それに囚われるようになると、整理しようとしているもの、あるいは、排出しようとしているものがうまく排出しきれていない状態にあるという見方ができます━
そして、本質、源と、そこから起こる現象、現れについての理解が広がり、深まってくると、余分な考え事もより少なくなってきて、より穏やかに在れるようになってきます。)

どの段階でも、気づいたら、その時は考え事から抜け出ていますので、それ以上、それ以前の考え事をしていたことに関して、判断したり、考える必要はありません。
数秒考え事をしていた後の在る(今)も、数十分考え事をしていた後の在る(今)も、まったく同じ在る(今)です。

考え事という現象はただ起こり、ただ消えて行ったり、ただ通り過ぎていきます。

今のような態度、在り方でいられるといいですね。


>
> 本日分の感想は、また改めてお送りいたしますので、宜しくお願いいたします。
> ありがとうございました。
>
> もなか

ありがとうございました。

無空