T.Sさん体験談・他

ここでは、「T.Sさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> お世話になっております、直前ですみませんが取り急ぎお送りさせて頂きます。
>
> ========================================================
> 前回のセッションは、年始の休みもあってぼーっとした意識状態で始まってしまったのですが、
> それでも次第に”観念的に”在るのほうに意識を向けよう、と思っている所から実際に意識が変わっていき、
> "そういえば存在していた"と自己認識が変わる過程が感じられて面白かったです。

観念的と書かれてありますが、本質の方へ戻る、そして、本質を実現していく方へ方向付ける考え方、思考の習慣をつけることはよいですね。
また、それが、観念的なものであると気づかれてるのもよいですね。

今回、体験された自己認識が変わる過程というのも、在る、気づいている意識、認識の主体がよりしっかりしているからこそ、認識できたということができます。

とてもよい感じですね。
>
> 今週感じたことですが、自分(エゴ)が自分で考えていると思っている論理的な思考も、実はそれ以外の無意識的な所から来ているのかな、と思いました。> 仕事をしているときに感じたのですが、いくら思考上で問題をなぞっても答えが出てこなかったり、逆に一度寝たり、何も考えていないときにふと答えが湧いてきたり、> 例えば、1+1といくら言葉でとなえても答えは出ないですが、2という答えはどこからかやってくるか不思議に思いました。

よい気づき、思いが起こりましたね。
ある意味、この現れの世界の一面は、自分(エゴ)が存在し、自分(エゴ)が何かを考え、自分が何かをしているように見え、感じられる、自分(エゴ)が体験できる世界とも言えます。

しかし、よく観察してみると、(本質的には)そうでないということが分かってきます。

(トータルには、本質を核、主体として、エゴという自分も、様々に起こる現象の中のひとつとして、それも含めたすべてを包括、統合した在り方というものになってきます。)

答えは、どこからやってくるのか不思議に思われたとのことですが、
それには、様々な答え方や表現があると思いますが、
ひとつは、まさに感じられた不思議そのもの、妙なるもの、在る、全体からやってくるという言い方ができます。

また、それはひとつであるものであり、そこで起こる意志、意図、質問(あるいは、それが意図、意志、質問という形をとる)と、それに対する答えや結果は、ひとつであり、同じものであるということができます。

それらが発せられれば(起これば、同時に、あるいは、時空間においては、適切なタイミングで、それに対応する答えや結果がやってきます。

意志、意図、問いかけ等が起こった(表面ではなく)元の場と同じところから(あるいは、元の場の働きにより)やってくるという言い方もできます。

在るは、知そのものでもあり、“知っている”というところからそれがやってくる(“知っているそのもの”が、具体的な質問に対し、具体的な答え、応えの形をとってやってくる)、または、もう少し違った角度からは、全体の必要性からやってくるとも言えますね。

(その他、本質と現れを様々な階層に分けたり、詳細に見ていき、どこからやってくるなどという言い方もありますね。
実感や体感、経験、理解、タイプ、構成要素等により、様々に感じられたりすることもあるでしょう。)
>
> もしかしたら、"在る”であって言葉ではない所で問題と向き合うだけで答えは出てくるのかもしれません?

そのもしかしたらは、いいかもしれません。

とてもよいところに気づかれているので、ご自分で確かめてみましょう。

"在る”であって言葉ではない所を、

言葉になる前の言葉、という言い方もできますね。

在るの中にすべての言葉がありますし、そこに馴染んで行くことにより、
在るそのものでもある言葉になる前の言葉を認識し、使うことも可能になります。
(この場合、使う者と使われるものは、同じになります。)

存在、在り方、姿勢、態度、覚悟、意志、意図、視点、立ち位置、理解なども
“言葉”ということもできます。

“はじめにことばありき”

“この世界は、すべて言葉でできている”

という認識、理解もありますね。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 直前ですみません、取り急ぎお送りさせて頂きます。
>
> ===========================================================
> 最近は今置かれている環境や、習慣への違和感を強く感じているようです。
これまで無意識だった部分が、より意識的になってきている、より目覚めてきているとも言えますね。

> ささいな事で怒りやすくなっていたり、今まで受け入れていた事に抵抗したり、過度に引きこもったりなど。。> 向き合うのを無意識に避けてきた、深いところにある恐怖や無力感と向き合う事になっていきそうです。

トータルにクリアになり、真の統合には必要なプロセスとも言えますね。

> 今週は在るのほうに意識を向けることがあまり出来なかったのですが、上記の感覚があってもそれが"底"であったり絶対的な何か存在ではないという認識は、日常的な意識でもどこかに保っているように感じました。

よい感じですね。
在るの方がよりしっかりしてきているので、そのように認識することができます。
> ===========================================================
ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> お世話になっております。
> (最近モニターセッションの感想というよりは近況報告のようになっていますが) お送りさせて頂きます。
>
> =================================================================
> 今週は、自分が今もっとも障害だと感じているフィーリングについて観察したり していました。
>
> 日中よく頭の上に感じるプレッシャーのようなものがあり、放っておくと自分の 意思が混乱してよくわからなくなり、恐怖や思い込みで動く精神的な奴隷のよう な状態になってしまうのですが、> 一回徹底的に抵抗して見たところ、どうも自分は「自分の意思を中心に持ってい て、自分の責任で物事を決められる状態にあること」に罪悪感を感じるというこ とがわかりました。

そのように、強い力があるものをしっかり見れるようになってこられたのは、より在ることができるようになったからですね。

また、そのようにその構造や詳細が分かってくると、よりそこから離れやすくなりますし、それ自体の変容も進んで行きます。

マインドは、何かよく分かない未知なるものに恐れを感じますので(生存本能としては、それも必要なことですが。)、よく見える、よく見ることができるようになるということは、恐れからより自由になることにつながっていきます。

> また、自分の意思がわからなくなる恐怖から、"それも在る"というスタンスにな かなか行けず、放っておけずに注視してしまい、逆にそれを中心に物事を見るよ うな状態になっていました。> "在る"のほうにちょっと行っても、「今あのフィーリングはどうかな?」と常に 距離を確認してしまうような感じです。

はい、上にも書いたように、分からなくなるというのは、マインドにとっては恐怖ですので、どうしてもそちらが気になってしまいます。
生存本能から見れば、それも自然なこと、必要なこと、必要な機能と言えますが、何かしらの体験や思い込みなどから、そのようなパターンができて、本来、恐怖してしなくてもいいようなところでも、それが起こってしまうようになっている場合は、そのようなパターンは、クリアした方がいいですね。
>
> セッション後や、何かにすごく集中したあとなどは消えていたりするので、(意 識そのものや今やっていることなどに)"徹底的に集中する"ことで何か鍛えられ るかなぁと思いました。
> =================================================================

そのような側面もありますね。
全体、ただひとつであるものから見れば、また、ただひとつであるものが現れているという視点からは、何も無駄で、不必要なものはありません。
どの立ち位置、理解から、どう見るか、どのように捉えるかで、そこから得られるものなども変わってきます。

何かの困っているパターンがあることで、在る力が鍛えられ、より自分自身を深く知っていくこと、真の自己を実現していくことなどが可能になっていく、というように見ることができ、そして、実際にそうなっていくことができます。

それは、ただひとつであるものの現れた自己を含めた自分自身への大きな愛とも言えます。
>
> 本日もよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございます。

> 無空様
>
> いつもお世話になっております。
> とりとめのない感じになってしまい申し訳ないですが、感想をお送りさせていただきます。
>
> ===========================================================================
> 先週と先々週のセッションですが、最近は何かいまいち集中できない状態にあります。
>
> なにか、これをやったらうまくいくというような、他のまっとうな手段で努力するべきところをショートカットして解決してようとしていないか?
> そもそも無空さんとのセッションや、悟りを求めることで何を得ようとしているのか?
> それも結局エゴが欲しがっているだけなのでは?
> という考えがしばしば起こるようになっていて、もやっとしてしまいます。

昨日のセッションでお話ししたように、少し前に頂いた感想からも分かるように、よりクリアになってきて、より深い浄化、そして、より強いマインドの抵抗が起こっている感じですね。

プロセスとして、本当にトータルにクリアになり、理解も深く成熟してくるまでは、可能性としては、今回のような浄化や抵抗、あるいは、また別の形での浄化や抵抗は、何度も起こってくる、相当進んでも、最後の最後まで起こってくるというように理解されておくとよろしいですね。
>
> セッションの最中は清らかな気持ちよさがあり、"在る"に近しいと感じられるのですが、> 日常に戻ると自分が汚れているという感覚があり、それに立ち向かうのに"どうせ無理だ"という無力感があります。
>
> これは、毎回、辛かったり難しい状況になると"在る"を求めだすのですが、急にだとうまくいかなかったり、> ある程度そのような状態になれたとしても、結局辛さが残ったりすると"やはり駄目だった"と判断してしまったりするのが> 無力感や"結局エゴが自分を良くしようとして求めているだけ”という思いに繋がっているのかな、と思います。

>
> セッションは続けていきたい意思はあるのですが、現状上記のようなちょっと停滞感があります。

>===========================================================================

これを書かれて送信後、すっきりされたとのことで、これも、前回か、前々回、似たようなこともお話しさせて頂きましたが、今回のように、今の状況、内側で起こっていることを認識し、表現することで、浄化的なものやマインドの抵抗などから抜けていくことができます。

これも、在り、そして、気づく力によるものとも言えますね。

明かに、在る力、気づく力は、より増しているのは、ご自身でも自覚されていると思います。

プロセスの理解、マインドの性質等の理解ももって、進んで行きましょう。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> いつもお世話になっております。
> 今回の感想をお送りさせて頂きます。
>
> 最初は寝起きでぼーっとした感じでしたが、次第に意識が広がっていき、エゴが動いているのを客観的に観察できるようになっていきました。

いいですね。
>
> セッション中にもお話したかと思いますが、ちょっと高次元な要素が入っている小説の中に"永遠の魂"というワードが出てきまして、そのワードを想起するだけでセッション中のような気持ちよさが出てくるといった体験が有りました。

在る(真我、空)がより確かなものになってくると、そのようなことが起こるようになってきます。
よい感じですね。

> 普段はどうしても体やエゴだけが自分自身と認識している心の状態になっているのですが、自分を含め全員それを超えた存在なのだ、ということが少しリアルになってきており、
> それについて考えたり、以下のようなことを色々やっていました。

> ・"見ている方"に意識を向ける
> ・"在る"の存在感に意識を向ける
> ・自分の忙しい心の外側に意識を向ける
> ・"永遠の魂"について意識を向ける
>
> バチンとクリアになるまでにはなれませんでしたが、いつもの気持ちよさと意識が広がった状態を感じることができました。

素晴らしいですね。

特に、ご自身を含め全員それを超えた存在なのだ、ということが少しリアルになってこられているというのは、理解の深まり、浸透が感じられます。

今の調子、在り方で、実践を継続していきましょう。

無空