T.Sさん体験談・他

ここでは、「T.Sさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、大変遅くなりましたが、前回のセッションの感想をお送りさせていただきます。
>
>
> 前々回からちょっと集中力に欠けた生活をしており、そのままセッションに臨んだのですが、
> やはりもやもやとしたものが多く、いまいち抜けそうで抜けない感じでした。

プロセスの中で様々な状態がありますね。
>
> 今日はもう少しクリアリングをしてから臨みたいと思いますので、宜しくお願い致します。

はい、プロセスを通してのそのような思いの起こりも自然なものですね。

在り方が変わってくると、体験やそこから起こる理解等も変わってきます。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 57回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
>
> # 最初の共鳴
> 直前まで仕事をしていたのもあり、表層の思考が忙しい状態でした。
> 次第に表層が静かになると、目の奥あたりに硬い無意識の思考の層があるのを感じ、それも見ている方に意識を向けようとしていると、段々とその層の存在感が薄れていきました。

よい感じですね。

> また、"今ある"ことへの寄る辺なさのような感覚、常に未来に向かって動いていたいという欲求を感じました。

よく気づかれていますね。
気づき、(それがあること、起こっていることを)肯定し、理解すること(マインドの性質等についての理解)が大切です。
>
> # アイコンタクト
> 最初に目の奥まで届くような気持ちの良いフィーリングがあり、しばらくそれに浸っていました。
> 最後の方には、思考で凝り固まった状態から、だんだんとスペースが広がっていくのを感じました。

ほぐれていっている感じですね。
>
> # 瞑想
> 仕事のことでかなり忙しく思考が出てきて、気を取られては見ている方に意識を向けようとし、次第に感覚の方に意識が向くと思考が静かになり、また新たな考えが出て来る、
> といったループがありました。

はい、気づいては戻るの繰り返しで、OKです。
在るの方に意識が向いたり、静かになったりすると、浄化が起こり、すぐに思考等が起こってくるということがあります。
>
>
# ハート共鳴
> 感覚だけ感じている、静かな瞬間がたびたびありました。
> 呼吸のほうに意識が向き、呼吸は表層の思考から在るの所まで繋がっている、といった認識がありました。

在るの立ち位置にあると、認識、視点、理解が広がり、深まっていきます。
とてもよい感じですね。
>
> # 立場を変えて
> ぶわっとスペースが広がる感じがあり、メガネを外したときのように視界がクリアになりました。
> 思考がすぐに未来に行こうとするが、今ここにただ存在しているという静かな状態がたびたびありました。

ここもとてもよい感じでしたね。
>
> # 立場なし
> 今ここ、という感覚と、それが普通な感じがあり、頭がクリアで今まで寝ていたのが目覚めたような感じがありました。

一連の共鳴の流れの中で、よりクリアになられ、覚醒度が増した感じですね。
>
>
> いつもありがとうございます、次回も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、いつもお世話になっております。
> 遅れましたが、56回目のセッションと、今週の感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> 前回の感想
> 思考が湧いてきても、"在るが在る""思考がただある"という気持ちで居た所いい感じになったように思います。

それが、在るの在り方です。
在ると同じように在ることで(さらには、そのものとして在ることで)、在るを知り、その在り方が身に付き(あるいは、統合が起こり)、
在るが実現されていきます。
>
> 今週の感想
> 何回か瞑想ができ、日常のふとした瞬間にもセッション中のような気持ちよさを感じることが度々ありました。

よい感じですね。

> ただ、意識的に"在る"であってみよう、としてみても、中々セッションのような切り替わった状態になる所までいけない感じです。
> セッション中は共鳴によって導かれている、場所がわかりやすく提示されている、のだなと思いました。

はい、セッションでは、ひとりで実践するより、より在るを明確に、また、深く感じること等が可能になります。
そして、日々の実践により、それをより存在全体に浸透、定着させていくというプロセスになります。

また、一人では開かれない、さらなる開かれを可能にするのが、ゼロ意識共鳴であるとも言えます。
>
>
> 簡単で申し訳ありません!

いえいえ、十分です。

> 次回も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです。
> 簡単ですが、55回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> やることが多い状況にありまして、だから求めるものがあるのか(笑)、今回は集中できたように思います。

それがそれ自身(それ自身の理解、トータルな実現等)に向かう在り方、現れ、多様性も含めた全体としての在り方は、面白いですね。

> モチベーションというか、いろんなものが湧いてきても在るの方に居るのだ、という意志の強さでかなり深さ?が変わってくると思いました。

今回の体験、実感、認識により、理解が増したと思います。
>
> だんだん認識が変化、広がっていき、セッションの最初と最後では全く違う精神状態になっていました。

何に意識を向けるか、焦点を当てるか、どう在るか、視点、立ち位置、理解等により、精神状態、体験、認識されるもの等も違ってきます。

> 思考が起こり、体のフィーリングと合わさることでリアルな感じなり、切迫感が強まるというプロセス、それが起こっているフィールドの全体を感じました。
> "それではない""それを認識しているほう"に意識を向け続けていると、さらに広まっていき、あたりの空間まで存在感がにじみ出ているように感じました。

現れがその源である本質としての存在の認識、理解、深まり、広がり、実現、更新等を助けていることが分かると思います。

本質としてのそれが現れ、その現れを含めた自らの在り方(本質的には、ゆらぎなきゆらぎ)の中で、存在は、自らを知り続け、更新し続け、深まり、広がり続けています。

> それらを認識しながら、それでいて頭はからっぽな感じで、”私である”という意識の重心が低く脳幹のあたりにあり、勝手に起こってくる思考と、認識して解釈している思考は違うのかな、と思いました。

よく気づかれ、認識されていますね。

書かれてある思考にも様々なものがあり、また、様々な段階があるという視点もありますが、実践の継続により、より明確、明晰で精妙な識別力と同時に、ひとつである、ひとつであるものだけがある、という視点、理解も増していくでしょう。
>
>
> 今回はこんな感じでした。次回も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 54回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> 外に出ることが少なくなったので、家でぼーっとしてしまう事が多くなっているのですが、
> 他者との関係での強いエゴの反応がなくなり、それと対比しての"在る"の場所(言い方が何か変ですが・・)が認識しずらくなっている感じです。

はい、在るは本来、とても自然に、とても普通に実在していますので、そのような感じになるかもしれません。
>
> セッションを行っているうちに、無自覚の思考から距離が離れていき、気持ち良い感覚と広がりがあり、弱い思考にも気づけるようになり、それと共に以下のようなことが浮かんできました。
>
> - "在るで居る"ことと"在るで居ようと"思うことの違い(認識が難しい)
> - 現状を認める、肯定する、ただ在ることと無自覚にだらだらすることの違い(認識が難しい)
> - 通奏低音的にうっすら自己否定、現状否定、現状をカスタマイズしたいという欲求、体のしんどさがあり、早く忙しく何かをやっている状態になりたいという切迫感がある

よく気づかれていますね。
実践を重ね、自己理解が深まることにより、変化、変容が起こっていくでしょう。
>
>
> セッションの最初に仰っていた、"在るはどこにでもある"が実感としてよくわからないのですが、それが今大事なことになっているように思いました。

はい、その理解が深まっていくことにより、より楽に在れるようになるでしょう。
>
>
> 次回も、宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空