T.Sさん体験談・他

ここでは、「T.Sさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

> 無空様
>
> 今日もありがとうございました。
> 前回と、今回の感想を送らせていただきます。

~今回は、2月19日分のご紹介です。~
>
>
>
> 今回(02/19)
>
> # 最初の共鳴
> 完全に普通の意識から始まりましたが、次第に思考がよく見えるようになっていました。

在るの立ち位置ですね。
>
> # アイコンタクト
> 頭の億に気持ちよさを感じ、それを感じているうちに思考が静かになっていき、在るの感覚が出てきました。

何度も感覚することにより、それはより確かなものとなっていきます。
>
> # 瞑想
> やらなければいけない事について、ぼんやり考えているような状態が続いていました。
> 在るの方に行きたいけれど、行き方がわからない、等の考えがありました。

出てきている考えによく気づかれていますね。
>
> # ハート共鳴
> ちょっと目が覚めたような感覚と、引き込まれるように見ている方に意識が移ることがたびたび起こりました。
> 見ている方、見ている方、と意識して集中するようなこともしていました。

共鳴中は、自然に在るの方にシフトすることもありますが、意識的な実践も大切ですね。
>
> # 立場を変えて
> いつも感じていた広がるような感じまでは行きませんでしたが、気持ちよさがありました。
>
> # 立場なし
> ちょっと覚えていないですが、以前と比べて上手くできないことへの失望、焦りがあったように思います。

最近は、お忙しい状況が続いていたりしましたから、その影響もあるかもしれません。
また、そのような状況でなかったとしても、よりクリアになっていくプロセスの中で、深いところの浄化等(マインドの抵抗等も含め)が起こってきた場合は、以前と同じように在るに戻れない、在るを感じられないということが起こります。
そして、その浄化がひと段落すると、以前よりもさらにクリアに在るを感じれるようになります。
そのようなプロセスも理解しながら、実践を継続していきましょう。
>
>
>
> 感想を書いている間に、頭の後ろのほうに気持ちよさが持続していて、セッション前とは意識のあり方が違うのを感じます。
> 最近は仕事のほうでやることがおおく、途切れなく意識を向けていることから、習慣的に離れづらくなっているのかな、と思いました。

はい、それはあると思います。
在るの確立後、現れとの統合(同時並行で起こっている部分もありますが。)という視点から見れば、現在の状況も存在全体にとっては、自然で必要なことが起こっていると見ることができます。
離れやすかったり、離れづらかったり、行ったり来たりを繰り返しながら、
ある意味、行ったり来たりしながらも、全く動いていない、行ってもいない、来てもいない、いつもそれである、すべてそれである、どのような状態であっても、理解の貫き、浸透、本質、源による現れの統合、あるいは、ただそれ自身によるそれ自身の在り方のシフト、自己理解の進展、深まり、広がり、更新が起こります。
>
> 次回も宜しくお願い致します❗

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> まとめてですが、感想を送らせていただきます。
>
>
> 最近、頭のほうが騒がしい事が多く、セッションでもなかなか集中できない状態が続いていました。
> 無視できない、ほうっておくことができず、綱引きのような状態になり、意識的に集中しようとしてなんとか入り口というか、
> 思考ではない視点に少しなる、といった感じです。

マインドが活発なときには、なかなか在るの方に落ち着くことができないということもあります。
そのような中でも、今回のように在るの実践を継続することで、戻る力が着実に増していきます。
(すでにその在り方はできていますが、起こってくるマインドとは戦わず、
まずは、肯定、受容等であり、そして、戻れるときに戻る、そのような在り方での実践が基本です。)
>
> 音楽をやっている時は、意識的に、持続的に"在る"の方に居ようとするからか、そういう場の後はすっきりした感じになります。

音楽をされているときは、思考は活発ではないと思いますので、意識的実践により、より在ることができると思います。
>
> 行きつ戻りつですが、続けていけたらと思います。。

はい、在るの動きそのものの中に、起こっては戻る、という動きがあります。
行きつ戻りつのようでありながら、在るの確かな歩み、行進(更新)は、続いています。

> 本日も宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 大変遅くなりましたが、感想を送らせていただきます❗

~前回の続きです。~

> 今回(01/18)
> 2週間の感覚があって、その間ほとんど仕事のことを考えていたためか、反応が鈍い感じがありました。
> エゴ主体のエネルギーワークをやっていたからかもしれません。

在るに戻る間が空いたり、マインドを長く、多く使っていた場合は、在るを感じにくくなることがあります。

> しかし、度々"そう言えば自分は生きていた"というような気づきがありました。

はい、それが実践の継続の力、また、継続によりもたらされた理解の力の為せる業です。
在るがより確かなものになってくると、現れ的に忙しい中でも、それは常に土台、背景として、存在全体を支え、包んでくれるでしょう。
>
>
> 本日も、よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 大変遅くなりましたが、感想を送らせていただきます❗
>
> 前々回(12/28)
> 仕事が気になっていまいち集中できない感じでした。
> "気にかけるのをやめると、どうでもよくなってサボってしまう"という考えが度々浮かびました。

共鳴中は、どのような考えが起こっても、つかまず、そのままにしておき、
ただ在るに戻りましょう。
>
> 前回(01/04)
> 日常的に、たびたび意識の方に集中することをしていたのですが、
> そのためかセッションの際の"自動的に連れて行かれる"感じと何か競合がありました。
> いつものやり方をやらなければ、という考えが度々浮かびました。

実践を継続していくと、日常でも自然に在るに戻ること、在るであることが多くなってきますが、それでも、そうでないとき、気づいたときには、意識的に在るに戻る実践は大切です。

(真の在るがまま、起こるがままの実現、そして、さらなる無限の深まり、広がりの実現のために、それはとても大切です。意識的実践、自覚、自己認識、自己理解の繰り返し、積み重ね。)

競合する感じも、やがて溶けて、両者の在り方も、ひとつのものとなっていくでしょう。

~次回に続きます。~

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> T.Sです、今日もありがとうございました。
>
> 言葉ではない領域、思考でなない領域が広がっていく感じがありました。

よく感じ取られていましたね。

> 手放せなかったり、こだわっている思考が何回も湧いてきましたが、それを見ている方に意識を集中しようとすることで、
> 次第に離れた状態になっていきました。

はい、そういう在り方を何度も繰り返してくことが大切です。

> 浮かんでくる事々を、どうにかしようとする意志も湧いてくるのですが、しばらく付き合ってから見ている方に意識を移すと、
> 気持ちのよい癒やしの感じがあり、対処するよりいいなぁと思いました。

体験としてそのように感じられてくるといいですね。
>
> 最初にお話した、演奏の前に集中して在るをやった時なのですが、自分がすごくリアルに感じている"人にどう見られるか"という感覚そのものが頭の中の幻というか、自分が思っている自分と自分が思っている他人の勝手な想像、脳内シミュレーションなのだ、という実感があり、一時ですが何か大きい解放感がありました。
>
> 前回メールで頂いた内容の、単に見る、単に在る状態の自然さというのが実感できてきた気がします。

素晴らしい体験、実感をされましたね。
在るの実践を繰り返すことにより、それはさらに確かなものとなっていきます。
>
>
> 次回も宜しくお願い致します!

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空