T.Sさん体験談・他

ここでは、「T.Sさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

ご連絡ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 51回目のセッションの感想をお送りさせて頂きます。
>
>
> # 最初の共鳴
> 思考がもやもやしている状態から、次第に広がりと静けさの方にシフトする感じがありました。
> 意識がシフトしていくとともに、起こっていることがより見えてくるようになり、注目したり離れたりがありました。
>
> # アイコンタクト
> 目から頭の後ろの方がすーっとする感じがあり、数秒ほど思考のない状態になることがしばしば起こりました。
> 頭のほうが静かになってくると、体の方に意識が移っていき、ハートのあたりがしくしくする感じがありました。
>
> # 瞑想
> 目をつむっていると次第に想念が起こってくるのでですが、それがもやもやと一杯になったあたりで、
> 想念がある全体、を認識している自分のほうに意識が移り、頭全体が気持ちよくなる感じがありました。

全体が認識されているとき、また、全体を認識している自分自身が認識、自覚されているとき、
あるいは、全体そのものである自分自身が認識されているときには、
そのような感じ(気持ちよさ、心地よさを感じる)になることがありますね。
>
> # ハート共鳴
> ハートのあたりが苦手、という思いがあり、何か毎回やりにくさがあるのですが、
> 起こることを放って置いてみるとハートのあたりがじんわりと暖かくなる感じがありました。
> 同時に、そのまわりのじくじく痛む黒い感じもありました。

トータルでニュートラルな意識がハートに自然に向くことにより、必要な浄化が起こってきたかもしれませんね。
>
> # 立場を変えて
> 始めたときからぶわっと広がる感じがあり、広がっていく中で体の様々な重さ、フィーリング、もやもや起こる想念などの"自分"以外の
> 空間に意識が合い、そのスペースの広さに感動と解放感、自由な楽しさを感じました。

立場、立ち位置、視点、理解等が変わることにより、見え方、感じられ方、感じられるものが変わってくることがあります。
T.Sさんは、大きさや広がり等が感じられることが多いですね。
そして、その感覚、認識力等もより増していますね。
>
> # 立場なし
> 頭の奥の方にフォーカスが行ったり、ハートのあたりがじんわり温かくなったりと、様々な気持ちよさがありました。

焦点の移動も自然なものです。
様々な体験、味わいを重ね、存在をよりトータルに知っていきましょう。
>
>
>
> 頭が静かになってきたあたりで、ハートの周辺でじくじくする感じがよく起こり、存在感が強くそこから離れることがなかなかできませんでした。
> もともとハートを感じる、開くと行ったことがピンと来ず苦手なのもあるのですが、
> 家にいるようになってタバコの本数が増えてしまい、それも原因かも、と思いました。

在るであるところから意識がそれの現れである何か、どこかに注意が行って、なかなか離れない場合は、
そこにそれだけ注意が向けられていることが必要ため、そのようになっていることがあります。
そのことにより、癒しが起こったり、活性化が起こったり、気づきが起こったり、バランスがとられる、等のことがあります。

ここで再確認ですが、ハートの共鳴時に、体を基準としたハート、胸の辺りを決まって意識する必要は全くありません。

(在るは体を含み超えた存在であり、それを真に知り、実現するためには、体を唯一の基準、絶対の基準にしていては、
個人から真我、在るへの主体のシフトがなかなか起こりません。体というのもひとつの基準、視点、現れ、理解、体験という認識を
持たれているとよろしいと思います。)

自然にそこに意識がいくのであれば、そのままそこで在る(ハート)を感じる、在るで在りましょう。

ハートの共鳴の際のハートとは、在る、真我そのものであり、無限の在り方である在るのハートとしての在り方、側面(無限の在り方があるという視点から、
側面という表現になりますが、それぞれの側面は、それ自体がすべてであり、中心でもあり、すべてを含んでいます。)

頭、思考、知識を働かせず、ただ「ハートの共鳴」という認識を一度持ち、あとは、在る(真我、愛、全体、ハート、平和、静けさ、広大さ、自由、真善美等)でありましょう。

瞑想時に体験された全体を認識している自分、自己という在り方は、ハート的な在り方にもつながります。
ハートは、全体を全体としてまるごと認識、受容、肯定して在ります。
それは、全体を支え、全体を育み、全体を包んであります。
ハート(在る、真我、愛、気づいている意識)は、大きく、強く、柔らかく、そして、やさしく、温かく在ります。
>
>
> 次回も、宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、遅くなりましたが、50回目のセッションの感想をお送りいたします。
>
>
> 全体的に、仕事から上がってすぐにセッションに望んだためか、腹の奥の方に重いものがあり、
> 離れてはそこが気になって思考が反応し囚われ、またしばらくすると離れる、ということを繰り返していた感じでした。
> 途中から、離れられない事自体が気になってしまい、意識的に離れようとしてしまい葛藤があり疲労感がありました。
>
> セッション前にざっとクリアリングをすると軽減するのですが、こういう囚われとそれに対する葛藤と、戦ってしまった疲労感、というのは頻繁に感じます。

実践と理解と変容がより進んで行くと、戦うことがなくなってきます。(それによる疲労というものがなくなっていき、より楽になっていきます。)

もし、全体の中での自然に起こる戦いがあったとすれば、それに対して戦うことはしなくなります。(起こらなくなります。)
また、変容過程、そのときどきの理解の程度、存在の状態から起こる自然な戦いに関しても、それに対してさらに戦う、葛藤する、
ということがなくなっていきます。
思考に思考を重ねない、戦いに戦いを重ねない、物語を長引かせない、起こる展開がだんだん短くなっていく。
後半は、一つの単語、言葉にすらならなくなっていく。
そして、最後は、何も起こらない。
ただ在り、ただ気づいている。
ただ愛である。

もちろん、全く思考や感情、関係性の中での自然な反応、応答が起こらなくなるわけではありません。
そして、全体の中、それ自身における自発的な起こりは、自然本性から起こり続けていきます。
個人的で不要なパターン等が落ちていきます。

> セッションを継続していくことで次第次第に離れやすく(在る方に意識を向けやすく)はなっているのですが、
> ある程度落ち着くまでは気合を入れて、ふんっと一気に離れるやり方が全体的にうまくいくと感じることが多いです。

在るの実践を重ねていくことにより、徐々により自然なものとなっていきますが、それぞれの方のタイプもありますし、
ご自身の実践しやすい形で行っていかれるとよろしいですね。
(T.Sさんにとって、「ふんっと一気に離れるやり方」が、今はベスト、ベターであり、それが起こっている、という視点もあります。
気を付けておきたいところは、そのやり方がずっとうまくいっていたので、ということで、そのやり方に執着したり、固執したりしない、
ということです。在るの実践を重ねながら、在るがまま起こるがままで在りましょう。
今のやり方が変わらないならそのまま、自然に変わっていってもそのままで在りましょう。
本質は、形、スタイルにとらわれません。
それ自身を含め、何もの、何事にもとらわれません。)


>
> ほったらかして、そのままにし、次第に意識が在るになる、という流れが前回起こりましたが、
> すぐ近くに激しい起こりがあるとなかなか落ち着かず、ぼーっと考えている感じになりがちです。

はい、自然に在るで在れるときはそれでよろしいですが、そうでないときは、必要なだけ意識的に在るの方に注意を向けるようにしましょう。
また、あまり強いものが起きていて、在るの方に意識を向けづらいときは、起こっているものが弱まるまでは、ただ全体に気づきながら(判断なく全体をただ認識しながら、それが起こっていること、それがそこにあることもただ肯定しながら)在りましょう。

ぼーっと考えている感じになっているときは、それにも気づいて在りましょう。
(ずーっと気づき続けられなくてもOKです。ときどき気づけば大丈夫です。)
>
>
> 全体的にはこんな感じでした。
> ほか、印象に残っている個別の内容です。
>
> # アイコンタクト
> 目から脳の奥まで強い存在感を感じ、おそらく小脳か脳幹?のあたりに意識が集中し、大脳のあたりが空っぽになる感じでした。
> ただ、思考がない、ということに思考が驚いてしまい、なんだこれは、と解析しだして、それに気づいて離れる、といったことを繰り返していました。

それでOKです。
いずれ思考の動きもより小さくなっていき、より直接的な認識になっていくでしょう。
>
> # ハート共鳴
> ハートに意識が集中し、愛の心地よい感じと、また葛藤と、と繰り返していました。

愛の心地よさが開かれ、感じられているのは、とてもいいですね。
>
> # 立場なし
> 何か葛藤がある"自分"の、それ以外の周りの空間にゆらゆらとした形のない存在感を感じました。
> 解放感と、安らぎ、気持ちよさがありました。

はい、状態、起こっている状況と同時に、変わらない本質(起こっている状況の源)が在ります。
本質的なところをよく感じ取られていますね。

全体的に、起こっていることと本質にとてもよく気づかれ、感じ取られていますね。
>
> 次回も、宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> (おそらく)49回目のセッションの感想をお送りいたします。
>
> # 最初の共鳴
> 前回から、何が起こるか待ってみよう、という意識があり、そのためか良い感じにリラックスして、いろいろ起こってもスルーしているという感じがありました。

いいですね。

> 頭の後ろとハートのあたりに気持ちよい存在感が起こってきて、深まってくると静かな感じがありました。
>
> # アイコンタクト
> 目から後頭部にかけて強い存在感があり、気持ちいい、と思う反面なんだこれは、とマインドが忙しくなる感じがありました。
> それを繰り返していると、水底に砂が落ち着くように静かな感じになり、
> いつもマインド越しに見ている視線がぐるっとひっくり返って意識がただ見ているようになる、という感じが時に起こりました。

よい感じですね。
>
> # 瞑想
> 瞑想のときも身を任せてみると、ぼっーとした落ち着いた感じから次第に全身が気持ちよくなってきて、お風呂に入っているようでした。
> 安心感や楽しいフィーリングがあり、それに伴って何かマインドではないようなわくわくするような意図が起こり、様々な所に意識が向きそれぞれ存在感を感じました。

在るの自然な活性化、展開が起こっていたようですね。
>
> # ハート共鳴
> 視線を向け合っていると、見ている、見られている、の自意識のループに陥りやすく、頭が忙しくなりがちなのですが、
> 自分の中にいてそこから見ている、感じているというしっかりした主体性が感じられました。
> 何か、見たくないものに立ち向かう、ありのままをただ見るといった感じもありました。

ありのままをただ見るという在り方も在るの在り方ですね

> # 立場を変えて
> いつものように、背中側の空間に強い存在感がありました。
> "空間が気持ちいい"という感じが不思議です。

不思議もそのまま受け入れましょう。
>
> # 立場なし
> 最初は、もやもやと形を変える、気持ちよく痺れる感じの不定形の存在感がありました。
> 終わりのほうには、おでこから画面のほうまでピーン、という感じの確固とした強い存在感があり、不思議な感じでした。

全体的に、在るの様々な在り方、そして、起こっていることにとてもよく気づかれ、感じ取られていましたね。
>
>
>
> 前回の質問にお答え頂いてありがとうございました。
> "これこれこういうことが起こるのが正しい道で、そこを進みたい"とどこかで思っていたのが、"未知のものを感じてみよう"という姿勢になれて、
> 安心感をもって実践できるようになってきていると思います。

それはとてもよい感じですね。
未知に開かれた姿勢、態度、在り方自体がとても大切です。
(在るは、そのように在ります。在ると同じように在りましょう。
それが、在るの実現につながります。)
>
> 次回も、宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

T.Sさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> T.Sです、今日もありがとうございました。
> 早速ですがセッションの感想をお送りいたします。
>
>
>
> # 最初の共鳴
> 最初にお話したとおり、上手く行ってるのか、これでよいのか、前にいい感じだったやりかたをやろう、など考えすぎているなぁと思ったので、
> 今回は自分からは何もせずに起こるがままにさせてみていました。

はい、考え過ぎず、起こるがままがいいですね。

> 次第に何かざわざわした気持ちよい感覚が起こり、そのエネルギーが体の中のいろんな所に集まって息が止まるような感じになり、ビクッと体が反応して発散する、
> ということが繰り返し起こり、そのうち段々と静かな感じが出てきました。

自然に必要なこと、自然なプロセスが起こっていきますので、起こっていることに気づきながら、
気づいたら在る(気づきそのもの、静けさそのもの等)に戻りましょう。
無理なく戻れるときに、戻りましょう。
>
> # アイコンタクト
> こちらも、意図を持たずに待っていると、レーザー光線のように目から頭の奥まで何かが突き抜けるような感じがあり、頭がすっきりしました。
> 何かが起こると思考が反応して、これは何なのだ、と分析しだしたり、体験を説明しだしたりするのでなかなかそこから離れることができず、
> ぼんやり考えていたり、いかんいかんと集中したり、"見てる方"に意識を向けてみたり、ちょっと忙しかったです。

分析してしまう習慣等、色々なことが起こりながら、それらすべてにただ気づきながら実践を継続していくことで、徐々に全体が洗練されていきます。
>
> # 瞑想
> 最初は静かな感じでまったりしていましたが、そのうち頭の後ろの方の気持ちよさと共に思考が起こってきて、ぼんやりと考えている状態になっていました。
> 最後に、意識的に"見ている方"に集中してみよう、という感じになり、ある程度集中できたように思います。

そのくらいの感じでOKです。
自然体でありながら、そこから起こってきた「集中してみよう」などは、起こるがままに。
スタートは、最初の共鳴やアイコンタクトなどのように、ただ在る感じ(それを自覚する)や、在るに意識を“そっと”向けるくらいの感じが基本です。

(はじめは、ある程度力が入るのも仕方ありませんが、実践を重ねていくことにより、徐々に自然なものとなっていきます。
思考や感情が強く起こっているときなど、在るに意識を向けにくいときは、頑張って在るに意識を向けようとするよりは、
より力を抜き、ただリラックスしてみたり、起こっていることにただ気づいて在ること、
起こっていることに気づいている自分自身を含め、起こっていることまるごと肯定、全肯定という在り方などがいいでしょう。
そして、在るに意識を向けやすくなったら、在るに意識を向けましょう。
在るに戻りましょう。
あるいは、自然に在るに戻っていることに気づきましょう。
それを自覚しましょう。)
>
> # ハート共鳴
> 最初に意図を持たずに待っている、というかぼーっとしているような時間があり、しばらくは何も起きない感じでした。

“何も起きない”が、在るのひとつの在り方です。

(“何か起こる”は、在る“から”起こります。あるいは、在るの中で起こります。
それも、在るそのものとも言えますが、本質と現れ、不動不変であるものと、動き変化していくものと
識別することもできます。
その視点からは、“何も起きない”は、在る“から”起こるものではなく、在るそのもの、不動不変そのものということができます。)

それを(本質である自己として)認識、自覚、理解すること、理解が起こることが大事です。


> 最後の方にハートに意識が行き、そこでハートにぎゅーっと集まるような気持ちよさの感覚がありました。

気持ちよさや、心地よさがあるときは、在る(自分自身)であること、その立ち位置にあること、
あるいは、その立ち位置に近いことが多いです。
まずは、気持ちよさ等にただ気づきながらリラックスして在りましょう。
そして、そのように在ることに慣れてきたら、
気持ちよさを感じている主体の方に意識を向けてみましょう。

その主体が、気持ちよさと別のものでなければ、気持ちよさそのものとして在りましょう。
主体が、気持ちよさと識別されて認識されたのであれば、主体そのものとして在りましょう。
(識別と同時に、別のものではない、同じものであるという認識もあります。)
>
> # 立場を変えて
> 毎回、どのようにしていたら良いかわからずやっているのですが、とりあえず空の方に意識を向けて保っていると、毎回背中の方に広がりがある空間を感じ、
> 自分の体のなかから意識が離れ空間に存在感があるような感覚があり、とても気持ち良いです。

基本は、はじめにお伝えさせて頂いたように、立場を変えての共鳴という認識をはじめに一度持ったら、あとは忘れて、ただ在る、在るに意識を向ける、在るを意識する、
です。
今の感じでいいですね。
>
> # 立場なし
> 今回は聴覚のほうに意識が行き、音を聴いている間の頭がからっぽな感じがありました。
> 目の前の空間にも意識が行き、空間に濃厚な存在感があるのを感じました。

とてもよい感じですね。
濃厚な存在感も、在るのひとつの在り方です。
>
>
>
> あと、ひとつご相談したいことがあるのですが、
> 口頭では上手く言えないのですが何個か自分の中でこれをやるとうまくいく、というやり方があり、
> 時にいろいろやろうとして忙しい感じになってしまいがちなのですが、何かアドバイスを頂けたら有難いです。

はい、基本は、セッションでお応えさせて頂くという形にしておりますが、起こるがままに。

> - 感覚と思考を"見ている方"に意識を向ける

基本的な意識の向け方です。
気づいている(見ている)主体、在るに意識を向けるわけですが、多くの場合は、はじめは、気づいている主体に自我がミックスされています。
何度も意識を向けることを繰り返してくことにより、主体が徐々に純化されていきます。(あるいは、自我が離れ、純粋な主体が自覚、認識されるようになってきます。)

> 頭の後ろの方にぞわぞわする気持ちよさが起こり、続けていると頭が思考から意識が離れやすくモヤが晴れたような感じになってきます。

よい感じですね。
起こることは、期待せず、ただ在りましょう。
意識の向け方、また、同じ意識の向け方でも、そのときどきにより、感じ方も変わってくることがあります。
何が起こるか、どのように起こるかには、自然に気づきながらもとらわれず(在るの在り方であり、在るそのものです。)、
シンプルな実践(そのまま実現でもあります。)を繰り返していきましょう。

> - 自分の存在しているという感覚か、"感覚を感じている方"に意識を向ける

これも基本的な意識の向け方であり、よいですね。

> ハートのあたりに同じような気持ちよさが起こり、体の中に落ち着いて居られるような感じになってきます。

よい感じですね。
落ち着き、安心、平和、心地よさ等は、在るであるとき、その立ち位置にあるとき、または、在るに意識が向いているときの一つの目安になります。
そして、それにもとらわれずに在りましょう。
前述させて頂いたように、意識の向け方、そして、同じ意識の向け方でも、そのときどきにより、感じ方も変わってくることがあります。
在るは、無限です。
真の無限を限定、定義することは不可能です。
様々な体験、実感、在り方、そして、日常生活での気づき、実現等を重ね、在るをトータルに理解していきましょう。

ただ、すべてを体験して初めて在る(真我、真の自己)が分かるというものではなく、
ポイントは、それそのものとして在り、それを自己として(深く)認識、自覚できること、
自己として直接的に知ること、
それが自己理解であり、
それが大事です。

そして、様々な在り方を知っていくことにより、より自分自身を知っていく、
無限であり、無限の可能性そのものであるそれ、真の自己を無限に知っていく、
無限に実現していく、
比類なきそれ、ただひとつであるものであるそれを、ただひとつであるものとしてよりトータルに知っていく、
よりトータルに“実現していく”
(在るの自らに由るところの主体的在り方━純粋な主観性、純粋な主体性が現れにもより積極的に、より自発的に参加、浸透。前面に出ている感じ。
・・・それは、本質の最も深奥に在るものでありながら、同時に、現れの最前線に在るものでもあります。━)、
“実現されていく”(在るの自らに由りながらも、何もしていない、ただ起こっていくというある意味、観賞的在り方、受動的在り方)、
実現が起こっていく、という在り方、起こり方になります。

(ただひとつであるもの、相対なき、比類なきものは、主体的であり、同時に受動的であります。
━どちらかの在り方が絶対的に感じられるときもあれば、両方が感じられるときもあります。━)

> - "聴覚に意識を向け、ひたすら聴く"

“ひたすら”、とか、“ただ”、“とにかく”、などは、マインド(個人、自我)が入りにくく、純度が高いです。

> 頭がからっぽになる感じと、今ここに在るという感覚が起ってきます。

よい感じですね。

> - 感じている全部では"ない方"に意識を向ける
> なにもなさと、そこに在る静寂を感じます。(これは難しくてすぐ離れてしまいます。)

これもよい感じだと思います。
すぐ離れるのは全くかまいません。
くだけた表現で言えば、ちょっと戻る、ちょこちょこ戻るで、OKです。

> - 自分という感覚を手放そうとする(放り出すに近い感じです。)
> もう"自分"を思考でどうこうしなくていいのだ、という解放感と安心感があります。時に懐かしさを感じます。

これも在るの感じ、在るであるときの感じ、在るの在り方です。
この意識の向け方もよいと思います。

意識の向け方も、基本的なものはありますが、人それぞれ、また、そのときどきで、より意識が向けやすいものもあります。
また、色々実践していく中で、より中心的なものが出てきたりしますし、さらに実践を重ね、自己理解が進んで来ると、
よりシンプルに、より自然なものになってきます。

すべてよい感じだと思いますので、今の感じで実践を続けてみてください。
感じている感じ、または、主体を、“自己”として認識することにもトライしてみてください。

>
>
> いつもセッションの後はさっぱりして気持ち良いです。ありがとうございます。

はい、いつもよい感じで意識が向けられていて、共鳴もとてもよい感じで起こっています。
日常での気づき、変容も続いていますので、今の姿勢、在り方で、進んで行きましょう。

ありがとうございました。

無空