S.Nさん体験談・他

ここでは、「S.Nさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> 無空 様
>
> こんにちは。
>
> 先日は12回目のセッションをありがとうございました。
>
> 1.沈黙
> 2.アイコンタクト
> 3.瞑想
> 4.ハートの共鳴
>
> いつもよりも「ある」の意識を深く感じることができました。

はい、今回もとてもよい感じでしたね。
感じられたように、在るには深まりがあります。

> 環境がいつもと異なっていたためか、
> この程度の感想しか
> 思い出せず、
> 申し訳ありません。

いえいえ、そのときどきの状況というものはありますので、
在るがまま、起こるがままに。

~事務連絡につき、省略させていただきます~


無空
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> 無空 様
>
> 先日は11回目のセッションをありがとうございました。
>
> 1.沈黙
> 集中が高まっていくとともに、
> 優しさ、穏やかさ、明るさ、やわらかな光が広がっている、
> 「ある」が広がっているのを感じました。
>
> 2.アイコンタクト
> 目の前の景色よりも、
> 「ある」のリアリティが強く、
> 「現実」と「ある」の存在が逆転しているのを感じました。
>
> いつもこんな感覚で在りたいなと思ったことも
> 無空さんへお伝えすると、
> それはマインドの声であり、
> 「ある」は「ある」そのものとして存在しているもの、
> ということで、
> マインドとの違いを確認することができました。

現れた形だけでは分からないというのが本質的なところではありますが、
よい状態のときに、今回のような思いが起こってくるのは、
自然なマインド側の思いであることが多いです。
(それもとても自然なものですが、純度、自然さ、強さ、軽やかさ、シンプルさ等
が失われるとバランスが崩れてしまうことがあります。)


> 3.瞑想
> 「現実」と「ある」の存在が逆転しているのを感じました。
> 優しさ、穏やかさなどの感覚が広がっていました。
> それを見ているもう一人の観察者みたいな自分が、
> 自分のことを好きだなと自然に思える存在であり、
> とても素晴らしい存在だと感じていました。

素晴らしいですね。
>
> 4.ハートの共鳴
> 同じく、「現実」と「ある」の存在が逆転しているのを感じました。
> 「ある」の本質そのものがとても素晴らしい存在であり、
> 自分自身をとても褒めている感覚になりました。
>
> 全ての人たちも同様に、
> 同じ「ある」の存在ですので、
> 人間とは本当に素晴らしい存在だと感じました。

自己理解が進みますね。
>
> 毎回毎回、
> セッションを受ける毎に
> 新たな発見、気づきがあり、
> 心から楽しんでおります。
>
> 「ある」のリアリティが増すことで、
> 今までの通常の生活で染み付いた概念、感覚に
> 大きな変化が訪れるように思います。

はい、それが変化、変容を促していきます。
>
> 次回もどうぞよろしくお願い致します。
>
> S.N

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> 無空 様
>
> 先日は10回目のセッションをありがとうございました。
>
> 1.沈黙
> 最初のうちは集中できないところがありましたが、
> 深くなっていくにつれ、
> 「ある」が広がっていく感覚になりました。
>
> また、無空さんより
> ・柔らかさ
> ・神聖さ
> ・優しさ
> という言葉を頂きました。

はい、素晴らしい質がさらに開かれてきていますね。
>
>
> 2.アイコンタクト
> 視界が遠くなり、「ある」が広がっている感覚でした。
>
> 無空さんより
> ・静けさ
> ・不動
> ・存在感
> ・存在の威厳
> という言葉を頂きました。

在るには、無限の素晴らしさ、無限の在り方があります。
様々な素晴らしい質、側面、在り方が開かれ、活性化してきていますね。
>
>
> 3.瞑想
> 周囲がバタバタしていて途中話しかけられたりしてしたため、
> 集中できない時がありました。
> だからといってイライラするようなこともなく、
> 落ち着いていたこととと、
> 自分の心の奥で、
> 本質的な部分とつながっているかのような感覚がありました。
>
> 無空さんとそれについてお話させていただいたところ、
> 本質そのものが「ある」なので、
> 繋がっているという感覚とは別のものであること、
> また、「本質の自分に繋がっている」ということではなくて、
> そもそも「ある」しかない。
> 本質が離れて存在していてそこから繋がっているものではない、
> というお話を受けました。
>
> 確かに全く違う感覚のものでしたので、
> さらに理解を深めることができました。
> 自分自身は本質そのものだと実感することができました。

はい、本質としての在るには、それ自身から起こり、
距離を持った関係性の中で、それ自身と繋がる、それ自身を感じる等
の能力(自然本性)もあり、そのような体験も起こりますし、可能ですが、
(個人の立ち位置にいる場合はそこからのスタートになりますが、
そこから、「つながる」ではなく、それぞのものとして在れるよう進んでいきます。
自己理解という点では、それそのものとして在れるといういうことは必須です。)
それそのものとして在る時には、「つながる」という感じではありません。
本質としての自己理解、本質の実現、本質としての在るの実現という点では、
それそのものとして実感、在り方を重ねていくことが大切です。

そして、本質としての自己理解が確かになった上で、
それを土台として本質から現れているものも統合されていくという流れがあります。
(同時並行で進んでいく部分もありますが。)

源と現れという関係性、在るの自然な在り方も理解された上で、
それだけが在る(すべてはただ起こっていて、そして、本当は何も起こっていない、愛だけが在る等)
という理解がすべてを貫き、すべてを包んでいきます。
>
>
> 4.ハートの共鳴
> 「ある」が広がっているのを感じました。
>
> 今回のセッションでは、
> 瞑想するにはベストとは言えない環境でありましたが、
> 集中をさえぎられる中で行なったからこそ、
> 理解できたことがありました。
>
> セッション中に起こる一見不都合と思われる「現れ」も意味があり、
> そのまま受け入れることで、
> 日常の自分にとって不都合に感じるような「現れ」に対しても、
> 意味があり、
> 柔軟に受け入れていけるような気がしています。

はい、とてもよい学び、実践、実感を通した理解となりましたね。
>
> 大きな気付きをありがとうございました。
>
> 次回のセッションも楽しみにしております。
>
> S.N

楽しみですね。
ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> 無空 様
>
> 先日は9回目のセッションをありがとうございました。
>
> 1.沈黙
> 「ある」の意識が広がっている。
> 目に入るもの全ても「ある」と一体化している感覚。

すべてが在るですね。

> ときどき、思考がいろんなことをしゃべっていました。

それはただそのままに。

気づいたら在る(変わらない本質としての在る、あるいは、今実感している在る、または、今の理解における在る)の方に意識を向け直しましょう。

両者が同時に認識される場合は、そっと在るの方に焦点を当てましょう。

あるいは、特定のどこか、特定の何かに焦点を当てるのではなく、全体をまるごと認識して在りましょう。

(そのときは、動くものと不動であるものが同時に認識されるかもしれません。

あるいは、すべてが停止するかもしれません。━動いているものがあっても停止感覚、本質的停止、本質的静寂、

すべてはただ起こっていると同時に、本当は何も起こっていない。━)

変わらない本質も在るであり、思考等その現れも含めた全体も在るです。
>
> 2.アイコンタクト
> 前頭葉の部分が前方にひっぱられている感覚がずっとしていました。

何か必要な調整等が起こっていたのかもしれませんね。
>
> 3.瞑想
> 「ある」の空間の中にいる感覚でした。
>
> 4.ハートの共鳴
> 「ある」空間が広がって感じられました。

全体的にとてもよい感じでしたね。
>
> 最初の頃に比べたら、
> 意識はずいぶんと広がっているとは思うのですが、
> 「変わった!」というマインドからくる興奮とは全く違い、
> まるで今までもこの意識が広がった状態であったかのように思えるのが、
> 不思議でもありました。

それが真の変容、時の流れ、プロセス等を含み超えた在るのレベルからの変容、マインドも含めた存在全体の変容です。

未知であり、既知であるもの、
古くて新しいもの、
初めて開かれたものでありながら、ずっとそうであったもの、
潜在的可能性そのもの、
全体、あるいは、存在としては(在るということにおいては)既知であり、
その詳細、その具体性においては、無限の可能性、無限の側面を持っているもの、
無限の側面を持ちながら、その側面のひとつひとつが同時にすべてであるもの、
側面=全体、個=全体、部分=全体、多様性=全体、すべてが全体、
はじまりであり、終わりであり、そのプロセスのすべてであるもの、
ひとつであり、関係性であり、また、関係性の両極として現れるもの、
その現れにおいては、すべての関係性を必要とし、
その本質においては、それ自身との関係性以外何も必要とせず、それ自身だけで在れるもの、
識別、認識、感覚においては分割可能(分割体験可能)でも、その本質においては、けっして分かつことのできないもの、
はじめて開かれ、知られたと同時に、
わたし(真の自己、純粋な主観性そのもの、自覚、自己認識そのもの)は、これを知っている、と感じられるもの、
それがすべてのすべてである在るです。

>
> ありがとございました。
> 次回もどうぞよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> 無空 様
>
> 先日は8回目のセッションをありがとうございました。
>
> 1.沈黙
> 2.アイコンタクト
> 3.瞑想
> 4.ハートの共鳴
>
> 視界(3次元が平面的に感じられる)を超えて「ある」が無限に広がっている。
> 深いリラックス状態。
>
> どのセッションも共通してこのように感じられました。

はい、とてもよい感じでしたね。
>
> 瞑想では「ある」を感じ、それを見たり感じている存在がある(自分自身とはまた違う感覚)と感じました。

真の自己を理解していく上で、そのような認識(個人ではない)はとても大切ですね。

>
> 前回はセッション中、
> 眠くなってしまっていましたが、
> 今回は眠くなる代わりに、
> より深くリラックス状態に入っていきました。
>
> 今までも十分リラックスしていたつもりでしたが、
> それ以上に深いリラックス状態に入れるようになったこと、
> 眠くならずにいられるようになったことも、
> 本当に嬉しく思いました。

純粋な在るの状態、在り方に慣れてきたのかもしれませんね。
>
> ありがとうございました。
>
> 次回も楽しみにしております。
>
> S.N

ありがとうございました。

無空