■プロフィール

ここでは、「■プロフィール」 に関する記事を紹介しています。

ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

※こちらのブログは、無空庵第一ブログ「悟り・覚醒・真我・意識の目覚め・無・空・本当の自分を知る方法 ゼロ意識共鳴で心の平和・愛と幸せを実現」(2010年1月~2015年11月)を継承したものです。
これまでのブログは相当量の記事が蓄積され、「目的の記事を探すのに時間がかかる」などのご指摘をいただいたこと等もあり、 読者の方の利便性も考慮し、今後の記事はこちらのブログ(無空庵第二ブログ)に掲載致します。
また、過去の記事で必要と思われるもの等はこちらのブログにも掲載、または移設いたしますので併せてご覧ください。
また、過去の記事のほとんどは、これまでのブログにて引き続きご覧いただけます。


真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で、真の自己、本当の自分を知る。「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・無限の愛と幸せ・真の平安を実現!

無空庵では、スカイプを利用し、、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識場の共鳴ワークであり、心の変容法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、申し訳ございませんが、読者の方からのセッション以外に関するご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

★公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも意識参加自由。
毎週木曜日21時30分から30分間。 2011・11・10~

※こちらには、無空庵第一ブログと同じものを掲載させて頂きます。

今回は、私の本当の自分探しのスタートから、無空庵スタートまでの経緯を書かせて頂きたいと思います。

社会に出るのも近くなった大学3年の頃、「正しく生きるとはどういうことか」という思いが浮かんできて、

「目に見える世界だけでなく、目に見えない世界も知らなくては何が本当に正しいのかわからないのではないか」

という思いを持ちました。

その後、就職しましたが、まもなく、

「今の自分は本当の自分を十分に生きていない」

という強い感覚が起こってきて、それが1ヶ月くらい続きました。

記憶としてはっきりとした本当の自分探しが始ったのはそこからだったと思います。

はじめは、本などを読みながら、自己流で瞑想をしたりしていましたが、

あるとき、突然、クンダリーニ(覚醒を促す霊的なエネルギー)が活性。体がものすごく熱くなり、

「このままでは、自分は宇宙大に拡がるか、体の外へ出て行ってしまう」

と直感。しかし、同時に、未知の体験への恐れも出てきて、それはそこでおさまりました。

(今思えば、存在全体としてはまだ十分な準備ができていなかった、または、まだその時期ではなかった、

あるいは、一見途中でおさまったかのようで、実はそのときに必要なことすべては起こっていた、為されていたという視点もあるかもしれません。)

その後、幽体離脱っぽい体験が一度起こり、

「自分は死んでもそのままなんだ(存在してるんだ)」

ということを実感。死への恐怖はなくなりました・・・痛いのは好みませんが(笑)。

また、まだ勤めていた頃ですが、仕事中に、突然、

「すべての物事、世界の重さ(価値観)が無くなった、ゼロになった」、

という体験が起き、数時間続いたことがありました。

職場の上司に話しかけられれば、受け応ええはできましたが、その会話の重要性は(重要だという知識、記憶はありますが)まったく感じませんでした。

これは、その後、ネットで検索した「覚醒・至高体験事例集」というサイトに掲載されている自然農法の福岡正信氏の



≪そのとき思わず自分の口から出た言葉は、「この世には何もないじゃないか」とい うことだったんです。"ない"ということがわかったような気がしたんです。  今まで、ある、あると思って、一生懸命に握りしめていたものが、一瞬の間になくな ってしまって、実は何もないんだ、自分は架空の観念を握りしめていたにすぎなかったのだ、ということがわかったような気がしたんです。≫  


というような体験や、新体道創始者の青木宏之氏の



「ふっと自分の中から相対的な価値観、例えば善なるもの、道徳といわれる好ましいもの、またヒューマニズムとか、愛情とか、ありとあらゆる、そういういわゆる良いもの、善なるものが消えてしまったのです。 」


という虚無の空間・宇宙的大我とか、宇宙的無意識とご本人が呼ばれている体験に近いような体験だったと後から分りました。

ただその時は、「この普段とは違う感覚はいつまで続くんだろう」ぐらいにしか思わず、それに関しての知識、理解がなかったため、上記お二方とは違い、ただの体験で終わってしまいました。

直接的な理解にも開かれませんでした。

(ただ、一度存在全体として直接体験、実感したことが、存在の深くに染み込み、のちのちのトータルな理解の深まりのひとつの土台のようなものになっていたということは言えるかもしれません。

また、これまで5年以上、約8500セッションを行ってきた経験を踏まえ言えることは、必ずしも普段とは違った劇的な形での体験が起こる必要はない、ということです。

ニサルガダッタ・マハラジも、

「ほとんど気がつかないほどの真我の実現が起こるかもしれない。
だが、とにかくそれには確信が必要なのだ。
変わったにもかかわらず、それに気づかないでいる。
そのような劇的ではない場合のほうが、しばしば、もっとも信頼のおけるものなのだ。」

と言っていますが、無空庵でセッションを受けられている方々も、とてもスムーズで自然な形での変容、成熟、真我の実現、真我の深まりが進んでいます。)


先生もいませんでしたし、理解するマインドもまだ成熟していなかったと言えるかもしれません。

その後、本格的に瞑想を習い、とても自分がシンプルになった感覚がありました。
また、始めて間もなく、周囲の物がとても自分に近しい感じがして、すべてが愛おしいという感覚になったこともありました。

その後、その瞑想の教師にもなり、1年間指導させて頂きましたが、長男であるため実家に戻り、家の仕事(田畑、敷地の管理等)もしながら

平成13年から自営で整体院をスタートさせました(現在はスカイプでのゼロ意識共鳴個人セッションがメインになっています。)。

就職して間もなく始まった本当の自分探し、本当の自分を実現したいという流れからか、

整体院開業前から、いずれは、何らかの形で、本当の自分に気づき、そしてそれを生きることをサポートする仕事ができたらという柔らかい思いを持っていました。

(それは、今のような個人セッションという形に限らず、整体という形を通して、あるいは、本当の自分を実現することで、改まった形やひとつの仕事という枠に限られたものではなく、

日常、日々の生活全般を通して、それは存在から自然に伝わっていくものである、というような可能性までも含まれていたものでした。)


整体院開業後も、悟り、真我に関するセミナーなどにも参加しながら、

「本当の自分の探求」、「正しく生きるとはどういうことか」、「本質的に世界の役に立つ、万物のためになる、ということはどういうことなのか」、ということを自分なりに追求していきました。

そして、ようやく、無空庵をスタートさせる2、3年前くらいになり(無空庵は2010年1月スタートです。)、本当の自分に対する理解が深まってきて、自分はもう探求(本当の自分探し)していないというところまでこれました。

無空庵スタート3年くらい前から整体を受けに来れていた方が、心の悩みも抱えていたこともあり、その方の状況に合わせ、真我な視点などからの物事の見方や考え方などをお伝えしながら

自然に意識共鳴(ゼロ意識共鳴)が起こってきて、さらに向かい合っているだけで心の問題が軽くなったり、解決されたりするようなことも起こるようになってきました。

(それまで通っていたセミナーでも、向かい合っての意識共鳴などもありましたので、それが自然に身についたというところもあるかもしれません。)

一人の方からは、「それだけの力があるのだから、もっとその力を他の方々の為にも使ったらよいのではないか」

ということを、無空庵をスタートさせる2年前から言われていました。

ただ、当時はまだ期が熟していないと感じていました。

そして、2009年の5月にその方に、真我(本当の自分、無、空、愛、全体、純粋意識、在る)の覚醒が起こったこと、

他にも、自分を変えたいと継続して来院されてた方が、どんどんとらわれなどがなくなってきて、内面に抱えてきた大きなトラウマも解消できたり、

ずっと抱えていた淋しいという気持ちも消えて、人間関係での悩みもなくなってきたこと。変えられないと思っていた性格も変わってきたこと。

また、遠方の方とのスカイプ(インターネットを使用した無料ビデオ通話)でのセッションでも、しっかりと意識共鳴(ゼロ意識共鳴)が起こること、

それにより、心・潜在意識の浄化、意識の変容、本当の自分(真我、無・空・愛・純粋な意識、全体、在る)に目覚め、それを深めることを促すことができるということを確認できたこと。

そのほか、スタートを自然に促すような様々な状況の変化も重なり、

時期が来て、2010年1月に無空庵スタートなりました。